習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

川上弘美『ぼくの死体をよろしくたのむ』

2017-05-03 19:30:34 | その他

このタイトルがとてもヘン。そして、ここに収録された18の短編は、みんなそれぞれとてもヘン。ほんのちょっとのヘンが重なっていき、気付くと、ヘンばっかりで、何が何だか。

 

例えば表題作。葬儀の話ではないし。死んだ父親が知り合いの女性に、妻と娘のことを頼むという手紙を送ったから、彼女は彼の娘と月に2回会う。それを続ける。ただそれだけ。ぼくの死体はどうでもいいし。妻は無視。

 

他の17編も、みんなそんな感じ。えっ? ってくらいのできごとが描かれ、何が何だか、というレベル。でも、とてもヘンなのに、そのさりげなさがなんかとてもいい。変人、川上弘美らしい。

 

『土曜日には映画を見に』の57歳の独身オタクと35年間男とつきあったことなしの女性の見合い結婚の話なんて、究極。全く何も起きない。それがなんだか、とてもヘンで、いい。いずれのエピソードもちょっぴり寂しかったりもするけれど、いずれもそんなモノかな、と思う。そのなんだかなぁ、というところに心惹かれることになる。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒川創『岩場の上から』 | トップ | カラ/フル 『青いミルフィ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。