習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

神原組プロデュース『わらわら草子』

2016-11-26 22:52:35 | 演劇
今年の神原組はなんと4話からなるオムニバス。神原組は神原さんのワンマン集団のはずなのに、どういう風の吹き回しなのか。4本とも神原さんが演出するのではなく、彼女は1本だけ。 それにしても、毎年3回。3月には浮狼舎として若手育成。夏にはハレンチキャラメルとして島上さんを座長にしてのエンタメ芝居。そして11月にはこの神原組としての自分本位の芝居を、毎年同じようにマイペースで公演していくそのバイタリ . . . 本文を読む
コメント

万城目学『バベル九朔』

2016-11-26 22:49:52 | その他
帯には「万城目ワールド10周年」とある。久々の長編。とてもドキドキして読んだ。「著者初の自伝的?」作品ともあるが、確かにそういう一面もある。こういうタッチで自分の内面を作品化するというのも、作家生活10年目の余裕かもしれない。大長編だった『とっぴんぱらりの風太郎』のラインによる新作。まぁ、万城目はいつもこのパターンなのだが。 こういう魔訶不思議ワールドで右往左往が、この人は大好きなのだ。今回 . . . 本文を読む
コメント

宮木あや子『校閲ガール』

2016-11-26 22:48:02 | その他
自分の好きなことのために全力で向き合う主人公の姿が好ましい。こんなふうに生らきれたならきっと素敵だと思う。好きになった男の子に対しても、彼が好きになった理由を聞かれ「顔」と言い切れるのも凄い。ふつうそんなことは言わない。(たとえそれが本当の理由であろうとも、だ)そう言い切れる彼女の自信が素晴らしいのだ。 世の中うまくいかないことばかり。ままならないのが人生なのだが、そこで彼女はへこたれない。 . . . 本文を読む
コメント

七月隆文『ケーキ王子の名推理』

2016-11-26 22:46:00 | その他
昨年たまたま読んだ『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が実に面白くて、これを映画にしたらきっと面白い、と思った。誰もがそう思うみたいで、その後、やはり映画化が決まり、なんと監督は三木孝浩。この12月に公開される。 京阪沿線がちゃんと舞台になるようで、よかった。主人公の家が交野で、大学は京都。そんなローカル色もちゃんと踏まえてくれるようでうれしい。舞台を勝手に安易に東京に変えて映画化、という . . . 本文を読む
コメント

ブルーシャトル プロデュース 『龍の羅針盤 幕末死闘編』

2016-11-26 22:44:05 | 演劇
2部作、4時間の大作として上演される。幕末から明治にかけて、動乱の時代を生きた男たちの群像劇。中心にいるのは坂本龍馬だ。彼の残した5つの羅針盤を巡る物語である。龍馬の死の謎を描くミステリーでもある。そして、なによりもまずは男たちの冒険物語である。「海賊王に俺はなる!」というのは『ワンピース』の主人公だが、船を手に入れた龍馬はまるでルフィのようだ。この作品が目指すのは歴史の真実ではなく、歴史のロマン . . . 本文を読む
コメント

『湯を沸かすほどの熱い愛』

2016-11-26 22:41:11 | 映画
お風呂屋の女がガンになって死ぬ。死んだあとは自宅である銭湯で焼いて欲しいと言う。故人の意志を尊重し、風呂釜で燃やす。そのお風呂にみんなで入るシーンがラストシーン。そんなぁぁ、というような唖然とする展開。まぁ、ここはたぶんファンタジーだけど、この凄まじい展開にはびっくりさせられる。でも、それだけではなく、この映画には最初から最後まで驚かされてばかり。まぁ、それは、彼女には驚かされてばかり、ということ . . . 本文を読む
コメント

『続・深夜食堂』

2016-11-21 21:04:39 | 映画
松岡譲司監督がまた、深夜食堂を撮る。まぁ、それはそれで構わないのだけど、彼にはもっと他の映画を撮ってもらいたい。才能ある作家をこんな風に飼い殺しにするのは忍びない。ルーティンワークで、安心して見ることができる映画なのだ。でも、それでは物足りない。前作はとてもよかった。今回も基本的には、同じようによかった、とは言えるだろう。だが、それだけだ。予定調和のストーリー展開はお約束だから仕方がない。だが、今 . . . 本文を読む
コメント

『デスノート Light up the NEW world』

2016-11-21 21:03:05 | 映画
10年ぶりの続編なのだが、ハードルは高かった。前作のふたりを出さないという選択は悪くないけど、それがまるで生かされないのはどうだろうか。これでは続編を作る意味がない。あれでお話は終わっていて、これはただの後日譚でしかない。監督は佐藤信介。『GANTZ』や『図書館戦争』を作った信用のおける才人だ。なのに、この体たらく。 前後編2部作、4時間のLとキラの戦いを踏襲するのでは意味はない。それぞれの . . . 本文を読む
コメント

あみゅうーずとらいあんぐる『たおやかな風の中で』

2016-11-21 21:01:38 | 演劇
「女と男のしゃば・ダバ・だぁ」という、いつものサブタイトル(というか、こちらがメインタイトルかぁ)を添えて、いつものように3話からなる短編連作というスタイルで描かれる女と男のスケッチ。 この「変わらなさ」ということが、あみゆーずの魅力だ。メンバーも変わらない。思い野未帆さんと中村ゆりさんはもうレギュラーとなって何年が経つだろうか。今回はそんなふたりが姉と妹を演じるエピソードからスタートする。 . . . 本文を読む
コメント

『サウルの息子』 ほか15本

2016-11-21 20:59:42 | 映画
アウシュビッツで働くユダヤ人。彼らは自分と同じユダヤ人をガス室に送る仕事をさせられている。死んだ仲間の処理。そうすることで、死を免除されるわけではない。彼らもやがて殺される。それまでこうすることで、しばらくの命をつなぐだけ。死体の中に息子をみつける。彼はどうしても息子の遺体をちゃんと埋葬したいと思う。映画はそのための戦いが描かれる。そこまでの、ほんの短い時間をドキュメンタリーのように描く。カメラは . . . 本文を読む
コメント

『この世界の片隅で』

2016-11-21 20:57:54 | 映画
この小さなアニメーション映画が描く世界の中で、ずっと身を潜めていたいと思った。誰にも知られず、この世界の片隅で生きる彼女たちを見守りたい。僕はやがて世界がどうなるのかを知っているけど、そんなことはまるで大事なことではない。ただ、こうしてここで生きている。そのことを何よりも大切にしたい。この映画を見ている2時間10分間の幸福をかみしめる。生きているということはきっとそういうことなのだと思う。 . . . 本文を読む
コメント

『ジャック・リーチャー』

2016-11-18 00:27:00 | 映画
トム・クルーズ最新作。単純アクション映画なのだけど、こういうタイプの映画が最近はなかなかない。それだけに前作『アウトロー』を見た時には拍手喝采した。そんな映画が見たかったのだ、と。 で、今回シリーズ化されてその続編の登場である。トムには『ミッション・インポッシブル』という人気アクションシリーズがすでにある。だが、敢えてこれをさらなるシリーズとして立ち上げたのは、それなりの意味があるのだ。 . . . 本文を読む
コメント

小川糸『ツバキ文具店』

2016-11-18 00:24:59 | その他
1昨年の冬、初めて鎌倉に行った。娘の結婚式で東京に行ったとき、足を延ばした。とてもいいところで、天気も良くて、気持ちのいい1日だった。ついこの間のことのようだ。ついこの間と言えば、数日前、小川糸さんが鎌倉でひと夏を過ごした日々を綴った日記(『今日の空色』)を読んだ。それだけで、なんだか鎌倉での日を思い出す。そして、この小説である。 たまたまだけど、それに引き続いてこの小説を読むことになった。 . . . 本文を読む
コメント

『溺れるナイフ』

2016-11-18 00:23:29 | 映画
15歳の少女と少年が出会い、傷つけあいながら過ごす日々が描かれる。これは痛ましい映画だ。とても微妙なものを掬い上げようとする。もどかしいけど、伝わりきらない部分も多々ある。何を描こうとしたのか、それすら明確に見えてこない部分もある。だから、見た後、僕の後ろに座っていた女子高生の二人組が「難しすぎてわからなかったわぁ」と話していたのにも納得する。だが、これを表現の拙さ、ということで納得させることはで . . . 本文を読む
コメント

『ミュージアム』

2016-11-14 22:39:03 | 映画
大友啓史監督の『るろうに剣心』3部作は凄いと思った。あれだけの困難に挑みながらちゃんと目的に到達している。だから彼の映画は信じられる、と思った。だが、前作の『秘密』に続いて今回も、迷走している。ハードルが高いのは今までと同じだ。過剰すぎるハードルを用意して自分で自分の首を絞めるマゾヒストだ。だが、そうすることで、思いもしない次元にまで達する。その瞬間の感動は麻薬のような快感だ。(たぶん) 今 . . . 本文を読む
コメント