習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『殿、利息でござる!』

2016-06-26 09:07:13 | 映画
  中村義洋監督がこんな時代劇に挑戦した。最近ホラーもしたし、いろんなチャレンジを果敢にこなす。しかも、これはコメディではない。阿部サダヲ主演で、このタイトルと内容だから、てっきりコメディだと、みんなも期待したはずだ。だが、これはハートフルな映画だけど、断じてコメディではなく、シリアスなのだ。笑えるシーンを期待したむきには、少々酷な話かもしれないけど、でも、映画の出来がいいし、ほっこりさせられる . . . 本文を読む
コメント

『帰ってきたヒトラー』

2016-06-26 09:06:00 | 映画
  ドイツ映画が東宝系で全国一斉公開されるなんて、めったにないことだ。それほどこの映画は刺激的で面白いということなのだが、その英断を高く評価したい。これが大ヒットしたなら、きっと日の目を見ない映画が、もっと大々的に公開されることになるはずだ。地味な映画はひっそりとミニシアターで公開され、大劇場では日本のTVドラマの劇場版再生産や、アメリカのヒーロー物やアクション物ばかりが幅を利かす貧しい現状の映 . . . 本文を読む
コメント

きづがわ『追憶のアリラン』

2016-06-26 09:04:37 | 演劇
いつも渾身の力作を作るきづがわの新作は日本統治下の朝鮮を舞台にした平壌府の地方法院検事局。昭和16年。そこに赴任した主人公のドラマ。敗戦までに日々、その後人民裁判にかけられ、裁かれることになる。彼らは無事、日本に帰れるのか。部下である朝鮮人事務官に依頼した妻子に行方。朝鮮戦争により分断される懐かしいかの地を思う。現在(昭和28年)から始まるドラマは単純な改装ではなく、過去、未来が交錯して織りなすド . . . 本文を読む
コメント

『MRAS~ただ、君を愛してる~』

2016-06-26 09:01:47 | 映画
   またぞろ深夜のTVシリーズの劇場版映画。こういう安易な企画がいくらでも登場して、そこそこヒットするというのが今の日本映画の実情なのだろうが、そろそろ飽きられてきたのではない。公開2日目の日曜日なのに梅田の映画館はガラガラだった。TOHOシネマズ梅田の一番大きなスクリーンを用意したのに当てが外れたようだ。   僕はこの映画がTVシリーズの続編だなんて知らないまま、見た。『百瀬、こっちをむ . . . 本文を読む
コメント

大阪新撰組『迷路』

2016-06-26 08:47:57 | 演劇
  新撰組としては久々の本公演。アトリエを出てウイングでの公演である。大胆で挑発的な舞台を作り上げる。アラバールの『迷路』を見るのは2度目だ。KUNIOがアイホールで上演した作品も画期的だったが、本作のウイングの狭い空間を縦横に駆使して作り上げた迷路は刺激的。冒頭のシーツの阻まれて舞台が見えないという演出が素晴らしい。しかも、客席を3つに分断して、それぞれを隔離する。舞台前、中段、後段と3か所シ . . . 本文を読む
コメント

猫の会『ありふれた話』

2016-06-26 08:46:16 | 演劇
  これは気持ちがいい。なんともチャーミングな芝居だ。1時間という上演時間もいい。この内容にぴったりのサイズだ。もう少し見ていたい、と思わせるところで予定通り終わる。なんだか心憎いくらいだ。これ以上長くなれば冗長になる。そうなるとせっかく作り上げたものがすべておじゃんだ。だから、ここで終わる。   憎たらしいくらいにスマートだ。でも、芝居自体は、それほどスマートじゃぁない。どちらかというと朴 . . . 本文を読む
コメント

『10クローバーフィールド・レーン』

2016-06-26 08:42:43 | 映画
低予算のホラータッチのSF映画。まるでわけのわからない正体不明のドキュメンタリータッチの作品だった『クローバーフィールド』の変則的な続編。誰ももう『クローバーフィールド』なんていうキワモノ映画を記憶してないだろうけど、J・J・エイブラムスは忘れなかった。怪獣映画なのに怪獣が姿を現さないというとんでもない映画。破壊された後ばかりが描かれる作品で、凄いものを期待して見にきた人たちをがっかりさせた映画な . . . 本文を読む
コメント

『貞子VS伽耶子』

2016-06-26 08:39:01 | 映画
  こんなバカな企画を通した角川映画に驚く。イベント映画の域を出ないのは、このシリーズの特徴だが、それにしてもこれは酷い。3D映画でお化け映画をしたいという想いから生まれた『貞子3D』。その続編である『貞子3D 2』。貞子と3Dが同列に扱われるあの2作品は映画ではなくもうアトラクションだった。本作もその流れを汲む。 ここにはJホラーの草分けであり最高傑作でもある中田秀夫監督『リング』へのオマー . . . 本文を読む
コメント

『64 前後編』

2016-06-26 08:38:27 | 映画
  『前編』を見終えた時、興奮した。こんなにも凄い映画を見たのは久々のことだ、と思った。冒頭から一気に作品世界に引き込まれた。凄まじい緊張感が全編を貫く。2時間が一瞬のことだ。しかも、これはミステリーではない。犯人探しなんて、蚊帳の外に置かれる。遺族と捜査に関わった警察の面々による人間ドラマなのである。さらには報道を巡る警察広報と記者クラブの軋轢を描く。従来の事件ものとは一線を画する。しかも、舞 . . . 本文を読む
コメント

演劇集団☆邂逅『花の皇子 ~花霞奇譚~』

2016-06-23 20:43:45 | 演劇
  渾身の力作だ。邂逅として出来る限りのことをこの1作に込めた。上演時間が90分である。コンパクトに収めたわけではない。不要なものはとことん削ぎ落とした。大事なものだけ残した。なかなかできないことだ。力を込めたら込めるだけ長くなるのが人情だ。あれもこれもと詰め込みたい。たくさん取材し、いろいろ書きこんだなら、どうしても削れなくなる。でも、そこをばっさり、カットする。というか、最初から書かない。必 . . . 本文を読む
コメント

『世界から猫が消えたなら』

2016-06-19 00:45:14 | 映画
原作を読んだ時には、これはなんだかあざといな、としか思わなかった。決して悪いとは思わないけど、底が浅いし、わざとらしい。映画プロデューサーである川村元気の書いた小説だから、どうしてもマーケットリサーチがなされた(ような)作品になるのだろうか。 小説というものはもっと個人的なもので、「いびつ」なもの、と思う。   だが、これを映画化することで、しかも作家性を重視した作り方をしたなら、もしかした . . . 本文を読む
コメント

『変態仮面 アブノーマル・クライシス』

2016-06-19 00:37:31 | 映画
  『キャプテンアメリカ シビルウォー』を貶して、さらには、『デッドプール』まで扱き下ろして、その先で、この映画を褒めるなんて、映画ファンにあるまじき行為ではないか、と罵られそうだが、僕はその3本では明らかにこれが正しいヒーロー映画の在り方を体現していると思った。前作である『変態仮面』はあまり買わない。それだけに、今回もまるで期待しないで、見た。というか、見るつもりもなかった。(ごめんなさい!) . . . 本文を読む
コメント

『デッドプール』

2016-06-19 00:33:39 | 映画
『デッドプール』 『シビルウォー』を見た翌日にこれを見に行った。ちゃんと確認したかったのだ。もうヒーローものの映画に飽きたのか、それとも、『シビルウォー』の出来が悪かっただけなのか、を。   なのに、この映画にもあまり乗れなかった。やはりこれは僕の個人的な問題だったのかもしれない。もう、この手の映画には飽きた、ということか。まぁ、この2本に関しては期待が大きかったから、それでがっかりも大きい . . . 本文を読む
コメント

『マネーモンスター』

2016-06-19 00:31:51 | 映画
  ふつうならこの組み合わせの映画が超大作として宣伝されないはずがない。ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツの共演である。ハリウッドを代表するビッグスター夢の共演と言うだけで話題性抜群。宣伝はそこを押し出すだけで、多数の観客をつかんだ、のはもう20年以上昔の話だ。今、そんなことでは話題にならない。映画界にとって、嫌な時代になったものだ。   これはハリウッドが威信をかけて贈る社会派アクシ . . . 本文を読む
コメント

『サウスポー』

2016-06-19 00:27:44 | 映画
『トレーニングディ』のアントワーン・フークア監督の作品だから、見に行く。家族愛を描くボクシングもの、というパッケージングはあまりにありきたりでそこには食指はそそられないけど、彼ならどんな素材からでも凄い映画に仕立てられるはずだから、見た。   そして、期待は裏切られない。最初の防衛戦が凄い迫力だ。無敗のチャンピオンがもう負ける、寸前までいく。映画を見ながら、彼は必ず負けるのではないか、と確信す . . . 本文を読む
コメント