ひなたぼっこ 第二章

二匹の愛猫(でぶ猫のナナ、黒猫のココ)と50歳から始めたモトクロスがメインです。
2015.02.14ハッピー登場。

interesting

2017-05-16 23:00:55 | 整備
KLX150用のキャリアを買いました。

開梱を待ちきれないらしい(´・ω・`)

ところがハッちゃんの期待に沿えなくて申し訳ない。
この箱は横開けなんですね。

しかしハッちゃんにはそんな事は関係ないらしい。

グイグイ押して行って冷蔵庫に当たったところでやっと中に入れた。

ただし上半身だけね(^^;)



そしてしばしこの状態でくつろいでいました。

何が楽しいんだか?(´・ω・)

バイクのキャリアの購入なんて30年ぶりです。

着々とKLX150でのツーリングの準備を進めているという事です。

金曜日の夜に到着したのですが土曜日は雨なので取り付けしませんでした。

そのかわり近所のバイク買取屋さんで場所を借りて甥っ子のバイクのタイヤ交換。

カワサキ250TRというクラッシックタイプのオンロードバイクです。

スポークホイールのチューブ式タイヤなので、
モトクロスバイクと変わらないと思っていたら、
いろいろ勝手が違うしトラブル続出でかなり手こずりました。

まず前輪の取り外しですが留め方がオフ車とは全然違いました。
アクスルシャフトが12mmの六角レンチでいきなり挫折。。。
となりそうですがお店の整備士さんに貸していただきました。

甥っ子が自分でやって覚えたいと言うので、
タイヤを外し方を教えました。

タイヤをふたまわり大きいモノにするので、
新しいチューブも用意してあるので、
チューブは気にせずとりあえず外してもらった。

そして新しいタイヤを組んで空気を入れたら、
入れてるそばから「シュー」(;一_一)

初心者あるあるでチューブ噛みです。

じゃあ古いチューブを使おうという事になり、
今度は私が古いチューブに交換して空気を入れると、
またしても「シュー」(^_^;)

外す時に噛んじゃったみたいです。

なので新しいチューブにパッチを貼って組んで、
空気を入れるとやっぱり「シュー」(=_=)

噛んでるのは1カ所だけではなく、
他にも2カ所噛んでいました。

結局3か所パッチを貼ってやっと完成。
と思ったらビードが上らない(-"-)

一旦空気を抜いてビードクリームを塗り直し、
空気を3キロ以上入れてやっと完成。


次にリア。

今度はチューブを噛まないように気をつけて取り外してもらう。

チューブを噛むのが怖いと言うので、
組みつけは私がやって空気を入れるとビードがでない!

またもや一旦空気を抜いて、
今度はシリコンスプレーをビードに吹いて空気を入れると、
ビードは上がったけどチューブの口金が横に傾きます。

これってビードとリムの間にチューブを挟むと起きる現象なので、
一旦空気を抜いてチェック。

異状ないように見えるし挟んでいないのを確認して空気を入れると、
やっぱり傾きます。

それを更に2度ほど繰り返し、
埒が明かないのでもう一度タイヤの片側を外すことになるけど、
チューブを取りだしてチェックすると、
口金がセンターに付いていないことが発覚!

これじゃ口金が横に傾く訳です。
こんなの初めてですよ(=_=)

他にもちょいちょいトラブルがあり、
1~2時間で終わると思っていた作業でしたが、
結局5時間以上かかってしまいました。

KX85を自分一人でやれば1時間で終わる作業なんですけど、
車種が変わっただけでこんなに違うなんて。。。

バイク屋さんって大変ですね(´・ω・`)

長くなったので日曜日の話は次回。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッちゃんの大きさ実感(@_@) | トップ | interesting2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL