ひなたぼっこ 第二章

二匹の愛猫(でぶ猫のナナ、黒猫のココ)と50歳から始めたモトクロスがメインです。
2015.02.14ハッピー登場。

大型の猫

2016-11-05 20:19:01 | 

キリがないのでフレームはもうお仕舞いにしようと思うのですが、
メインフレームとシートレールの方向が違うのが気になります。

これは普通なんでしょうか?
それとも曲がってる?

KX85のフレームは左右非対称なので、
初めて見た時は「?」となりましたので、
これも曲がっていないのかな?と思いたいんですが。。。


60センチプランターとの大きさ比較

大きい猫や太った猫のファンってけっこういますよね。
ハッちゃんの人気を見ていてもわかります(^^)

犬は100キロ近くなるセントバーナードや、
立ち上がると人間より大きなグレートデーンのように、
品種改良で大型化されるのに、
なぜ猫にはそれが無いのだろう?と思いますよね。

家猫最大と言われるメインクーンは品種改良ではなく
自然発生だそうですし。

前から不思議に思ってたんですが、
新潟大の助教授の説明を読んで納得しました。

猫の戦闘力の高さを考慮した場合、
今の大きさが普通に飼える限界なんだそうです。

確かに猫は狩猟型の完全肉食獣ですから、
自然界だったらかなりヤバイやつらなんですよね(^^;)


そんな気配は微塵も見せませんが。

テーブルに乗ると注意されるのがわかっているのか、
上半身だけ乗り出して我慢してます。

横から見るとこうっ(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後ろ姿三選 | トップ | クラッチレバーの謎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL