ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■殺人者(1946)

2017年08月10日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
冒頭、たっぷり時間をかけた殺し屋の登場で有無を言わさず物語に引き込んで、調査員(エドモンド・オブライエン)の過不足のない手際の良い狂言回しで謎解きの興味をそらさぬ好演出。33歳のバート・ランカスターの純情武骨。24歳にしてふてぶてしいエヴァ・ガードナーの妖美。

(8月6日/シネマヴェーラ渋谷)

★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ 都会の牙 (1950) | トップ | ■ 20センチュリー・ウーマン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。