ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■ 初恋・地獄篇 (1968)

2017年07月13日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
イメージの連鎖といえば聞こえは良いが、ただの絵空ごとの羅列。たかだか10代の少年や少女だって、こんなに複雑でデリケートな心情を生きているんですと、さりげなくアンチ社会、アンチ論理、アンチ政治で語ったつもりだろうが、どうにも地に足がついていない。

2度目の鑑賞なのですが、やっぱり印象は改善されませんでした。今回は、岩波映画時代の初期の短編ドキュメンタリーから本作まで、6本まとめて羽仁進作品を観ることができたのですが、それで、本作がいまひとつ魅力がない理由が分かった気がしました。

羽仁さんは、論理的にせよ感覚的にせよ、主題をどう映像化していくかに感心があるのではなく、今そこにある被写体や対象が置かれた状況を切り取った映像から、主題(のようなもの)を創作(組み立てる)していく作家なのだと感じました。

何を語るのかではなく、何が撮れる(撮れた)かに興味を抱くのが羽仁さんなのだと思います。そう考えると、観客側が答えとして定型的な「主題」を期待しながら観てしまう、この「初恋・地獄篇」という(時代の雰囲気のようなものをまとって見える)作品は、最も羽仁さんが不得手なタイプの映画なのだと思いました。

(7月8日/シネマヴェーラ渋谷)

★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ ブワナ・トシの歌 (1965) | トップ | ■ 不良少年 (1961) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。