ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■ 牝猫たち (2016)

2017年01月30日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
かつて映画に登場する風俗嬢には類型的な事情があった。男に裏切られた怨恨女。惚れた男に貢ぐ奉仕女。親兄妹を背負う勤労女。借金まみれの居直り女。世間を斜に見るやさぐれ女。そんな事情が物語の推進力だった。この牝猫たちにとって最早「事情」は現実感を持たないようだ。

雅子(井端珠里)、結依(真上さつき)、里枝(美知枝)。池袋に巣くった3人の女たちは、寂しさや辛さを表現するすべを忘れたように、どこか生きることに対して醒めている。

社会のセーフティネットをすり抜けてしまった女たちが、自分が抱えた「事情」から目を背けるようになったのはいつごろからだろう。男女雇用機会均等法の定着、バブル経済の崩壊と失われた20年、新自由主義と派遣法改正という甘い罠。

そんな社会の潮流の底で男たちは深く沈殿し、女たちは波間の渦を浮遊する。引きこもり、独居老人、虐待児、自嘲芸人と、ネットカフェ難民、不妊症妻、ネグレクトマザー。快楽よりも温もりを求める男たちと、愛情よりもつながりに欲情する女たち。

空疎な性の戯れが相互依存となって、いつしか束の間の自存確認の術となる。だが、しょせんは互いに「受け身」でしかないとうすれちがい。現代風俗の断片を巧みに切り取った傑作。

(1月21日/新宿武蔵野館)

★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ The NET 網に囚われた男 (2... | トップ | ■ 皆さま、ごきげんよう (2015) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。