ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■クローズ EXPLODE(2014)

2014年04月29日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
どこか昭和の香りが漂うのは、あの石井聰亙(当時)の初期作のようなライブハウスのせいだけではない。鏑木(東出)や加賀美(早乙女)の背景にある湿気のせいだろう。残念なのは設楽以外の面々にキャラの「個性」を引き受けるだけの個性が足りず映画が爆発しないところ。(4月19日/TOHOシネマズ)

★★★
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■アデル、ブルーは熱い色(2013) | トップ | ■そこのみにて光り輝く(2013) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。