ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■キングスマン:ゴールデン・サークル(2017)

2018年01月15日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
冒頭の007もどきの追走劇のノリがいまひとつ悪く不安な始動。中盤の『女王陛下の007』へのオマージュとおぼしきイタリアの雪山と終盤の結婚式にほくそ笑む。

が、肝心の英米の文化ギャップ・コメディとしての出来は豪華なヤンキー揃えながら設定だおれで毒不足。

で、米国陣営ですが、あの精肉方法は以前(確か70年代、作品名は思い出せない)の映画でも観たことがあるのですが、D.トランプとかいうならず者も大好物だというハンバーガーまで作るアメリカングラフティおばさんジュリアン・ムーアの料理好きには呆れを通り越して感動すらしました。

が、せっかくの南部訛りの無頼漢チャニング・テイタムとジェフ・ブリッジズははみ出し振りが中途半端。キングスマン御一行の米国代表パートナーで「刑事マクロード」みたいな投げ縄男ペドロ・パスカル(カウボーイなのにラテン系なのがミソか?)に魅力なく、全然はじけないのが致命傷。

で、爵位持ちながら“あんなしるし”や“下品な俗語”まで駆使して、その穴を不器用かつエネルギッシュに埋める英米のブラックな架け橋たる太ってもロックスター「エルトン・ジョン卿」の老体捨て身の献身には、ほとほと頭が下り大笑い致しまた。Thank you, sir.

が、『キック・アス』のころは批判していたマシュー・ヴォーンの過激な悪趣味の連射にニヤケた顔して、この程度の出来の映画に★を4つ付け、次回作(きっとハル・ベリーですよ!)に期待を弾ませてる自分に気づき、年始早々に恥じ入る2018年の初春でありました。

(1月7日/TOHOシネマズ)

★★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ 勝手にふるえてろ (2017)

2018年01月10日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
終始止まない過剰な台詞を停滞させない画面構築、繊細に計算された自然音と効果音の使い分けや衣装など、脳内イメージの具現化が巧妙なのだが、その仕掛けが“くどさ”に転じる一面も。そんな監督の“面倒くさい”要求を体育会的頑張りで体現する松岡茉優の開花ぶりが見事。

(1月9日/シネマカリテ)

★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ 砂漠のシモン (1965)

2018年01月07日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
確かに溢れる享楽の渦にさらされながら禁欲を貫くよりも、しょせん何もない砂漠の真ん中で誘惑に耐えることの方がたやすいかもしれない。ブニュエルは映画とういう時空魔術を使って意地悪な正論を託した魔女(シルビア・ピナル)を隔離された柱頭の修行者に差し向ける。

(1月5日/イメージフォーラム)

★★★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ 皆殺しの天使 (1962)

2018年01月07日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
礼節にうらづく節度とは、本音を隠した皮相の馴れ合いであるということ。そんな危うい行動様式が「こんがらがる」さまが視覚的に繰り広げられる。ブルジョワジーは“正直さ”を隠ぺいすることで中産という階級を保つという、その対象にも観客にも不親切な暗示。

(1月5日/イメージフォーラム)

★★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ ビリディアナ (1961)

2018年01月06日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
ビリディアナ(シルビア・ピナル)の無垢な美貌が輝けば輝くほど俗欲はかきたてられ、献身の純度が増せば増すほど怠惰な依存は深まる。ブニュエルの分かりやすい語り口に心地よくのせられる私は俗人の極み。彼女の“気づき”の気配が、さらに俗人の快感を誘う。

(1月5日/イメージフォーラム)

★★★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ アンダルシアの犬 (1928)

2018年01月06日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
思いついた断片を羅列する。意味はないが思いは深い。だから作っている当人は高揚している。新規性に観客のハードルは下がる。理解不能は笑いに転嫁。高校の学園祭で級友たちと撮ったモノクロ8ミリがこんな感じだった。映画史の教科書に数行なら記載の価値あり。

(1月5日/イメージフォーラム)

★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■2017年、私の好きな映画10本【日本映画編】

2018年01月03日 | ■今年の好きな映画 10本
●花筐 HANAGATAMI・・(大林宣彦)
●バンコクナイツ・・(富田克也)
●三度目の殺人・・・(是枝裕和)
●いぬむこいり・・・(片嶋一貴)
●牝猫たち・・・・・(白石和彌)
●火花・・・・・・・(板尾創路)
●愚行録・・・・・・(石川慶)
●アリーキャット・・(榊英雄)
●最低。・・・・・・(瀬々敬久)
●雪女・・・・・・・(杉野希妃)

野生派の『バンコクナイツ』と知性派の『三度目の殺人』、
どちらをベストにしようかと逡巡していたら
感覚派の『花筐 HANAGATAMI』と鉢合わせ、三すくみ状態となった。
優柔不断は、私の愛すべき性格のひとつなのだ、と自覚している。

相かわらずアナーキーな片島一貴の『いぬむこいり』や、
いまさらなジャンル映画に“今”という時代性を仕掛けた
『牝猫たち』と『アーリーキャット』―(イヌとネコが2匹!)―が記憶に残る。

新進の仕事ではでは『愚行録』の脱邦画感覚と、
これも日本映画には珍しい“異文化”の浸食問題にチャレンジした『雪女』に次世代を感じた。

『火花』は大健闘の佳作。
他に『海辺の生と死』など新作を3本公開した越川道夫が今後、楽しみ。

というのが2017年の概観ですが、
新作にこだわらなければ『ハッピーアワー』(2015年)が圧倒的ベストだったことを付記しておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■2017年、私の好きな映画10本【外国映画編】

2018年01月03日 | ■今年の好きな映画 10本
●わたしたち・・・・・・・・(ユン・ガウン)
●ローサは密告された・・・・(ブリランテ・メンドーサ)
●リュミエール!・・・・・・(ティエリー・フレモー)
●お嬢さん・・・・・・・・・(パク・チャヌク)
●未来よ こんにちは・・・・・(ミア・ハンセン・ラヴ)
●メッセージ・・・・・・・・(デニ・ヴィルヌーヴ)
●エンドレス・ポエトリー・・(アレハンドロ・ホドロフスキー)
●パターソン・・・・・・・・(ジム・ジャームッシュ)
●立ち去った女・・・・・・・(ラヴ・ディアス)
●KUBO/クボ 二本の弦の秘密・(トラヴィス・ナイト)

2016年は10本も選べないと悪態をついたのに、
2017年は、あれもこれもと未練たらたらのコメントです。

『ローサは密告された』と『立ち去った女』のフィリピンや、
番外ですが『タレンタイム~優しい歌』(マレーシア)、『裁き』(インド)と
東南・南アジアの映画のカタチに捕らわれない方法論がとても新鮮だった。

『未来よ こんにちは』や『パターソン』
これも番外ですが『20センチュリー・ウーマン』や『わたしは、ダニエル・ブレイク』の
主人公や作家たちが滲ませる“年輪”が我が身に迫った境遇と重なり心に沁みた。

たかが映画に、こんな非理性的な共感の仕方をするなんて、
青臭い若造時代以来とんと忘れていた感覚で、気恥ずかしいやら新鮮やら。

で、後ばかりみていられないので
久々の韓国映画の新鋭に期待を込めて『わたしたち』をトップに置きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ 花筐 HANAGATAMI (2017)

2017年12月30日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
ほぼ全編を通して急き立てるように“音”が鳴り続け、変幻自在に再構築された“画”が少年少女の想いを増幅する。狂気と紙一重の無邪気さで、黄泉の気配のなか止めどなく噴出する青い生。生命力をもてあました亡霊たちの青春映画。そんな違和と矛盾が充満している。

80歳を前にして大林宣彦監督のなんと自由で奔放なこと。デビュー作『HOUSE ハウス』を40年前に観たときと同じ衝撃を受けた。

執拗にデコレートされた音と画による非リアル感もさることながら、42歳の長塚圭史、36歳の窪塚俊介、28歳の満島真之介が17歳の高校生として、14歳の少女3人(全員20歳代の女優さんだ)と繰り広げる“危うい”青春譚という、日常感の徹底した無視ぶりが素晴らしい。

このリアル感の排除による違和が、76年前、大戦突入前夜の少年少女が放つ熱量を断熱ガラスの向こう側に閉じ込め、亡霊たちが繰り広げる狂騒を客観的にながめているような効果を生み出している。彼らと私の間にある距離、すなわち違和こそが、死と生の距離なのではないだろうか。和服姿の常盤貴子が左右反転するシーンが頻繁にある。そのたびに、反転して左前になった着物の襟から「死」を連想して、私の胸はざわついた。

終盤、戦争について「言葉」にして語られる部分があるが蛇足に感じた。スクリーンに充満する違和と矛盾の薄気味悪さから背景に流れる死(戦争)の空気は充分に伝わってきた。とは言え、それでも「言葉」にせずにはいられなかった大林監督の「今」に対する危機感は充分に理解できます。

(12月26日/有楽町スバル座)

★★★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ ビシランテ (2107)

2017年12月22日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
大都市近郊に潜在する“限りなく自由に近い土着性”の誘惑と、それを無下に抹殺しきれない優しさ。入江悠という作家はオリジナルで撮ると俄然面白くなる。引きで捉えられた灰色に煙る風景が地方都市の憂鬱を象徴して狂おしくも愛おしい。これは大塚亮の撮影の手柄か。

逆に『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(撮影:三村和弘)や『太陽』(撮影:近藤龍人)のような緊張感にあふれた超絶長回しを封印した(させた?)ことで、青春映画的主観を排除してハードな土着ミソロジーテイストに仕上がったのも大塚亮の仕業だろうか。惜しいのは仕組んだ設定が有機的に機能せず、かつてどこかで観た、聞いた「お話し」の域を出ないのが残念なところ。現在(2000年以降)の地方都市が内包した憂鬱が照射されているようには見えなかった。

例えば、いったん家を飛び出しながら新天地を追われるように逃げ帰った長男(大森南朋)の、満州からの引き上げ者(蒙開拓団か?)である祖父の土地(土着回帰)へのこだわり。保守系議員の集票システムである地域自治という名の自警団(町内会)に象徴される、創造性を封印され手段と目的を見失った次男(鈴木浩介)の閉塞状態。世間が見て見ぬふりで過ごす、今や地方経済に欠かせない外国人労働者や、三男(桐谷健太)が束ねる風俗嬢たちの弱者コミュニティーが内包する生活者としての優しさ。

そんな、3兄弟に仮託された土地と人間、すなわち現代のコミュニティーとパーソナリティの関係性の問題が、登場人物たちの内へ内へとこもってしまい、ついに立ち上がらなっかたところが物足りない。

とは言え満を持しての入江悠のオリジナル作は―(喰うためには必要なのは重々承知ながら)―少なくとも『ジョーカー・ゲーム』や『22年目の告白 私が殺人犯です』なんていう請負仕事の100倍は面白かったです。だからこそファンとしては、ないものねだりの高望みをしたくなりました。

(12月16日/テアトル新宿)

★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加