再び・そこぬけ珍道中

新装開店ガトーのブログ。
雑多な日常あります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おおきな木

2017-04-23 14:54:54 | お題
お題「印象に残ってる絵本は?」に参加中!
どうもご無沙汰しております。
ガトーです。
正月からずっと書いてないので、
どう始めたものやらと思っていたのですが、
まあ、普通に始めようと思います。
よろしくお願いします。

さて、今日は
「印象に残ってる絵本は?」
というお題に乗っかろうと思います。

昔々、私が幼かったころの記憶で鮮明なのが、
本を父親に読み聞かせてもらったこと。
いつも同じ本をせがんでは、
寝床で読んでもらった記憶があります。

その本というのが、こちら。

(↑年季が入っているでしょう?笑)

シェル・シルヴァスタイン『おおきな木』です。
訳者は、本田錦一郎。

ここであれっ?とお思いになった方が
いらっしゃるかもしれません。
というのも、この「おおきな木」という作品は、
2010年に小説家の村上春樹が訳して
ちょっとだけ話題になった作品だからです。

実はそのだいぶん前の1976年に
この本田錦一郎版は出版されています。
私が持っているものは1987年のもの。

ちなみにこの本、実は87年当時定価800円だったのですが、
絵本でその値段って結構するほうだと思うんですよ。
それにもかかわらず、かなり息の長いベストセラーだったようで、
76年初版で87年時点では33刷と表示されていました。
すごいですよね。

外のことばかり話していて、肝心の内容は?
と思われたかもしれません。
詳しい内容については、
特に今は触れないでおきたいなと思っています。
いじわるではありません(笑)
読む楽しみを少しでも減らしたくないからです。

ただ、小さな子供には"?"な内容だったものが、
大人になるとしみじみ考えさせられる。
そんなとても深い深い内容だった、
ということだけをお伝えしておきます。

気になった方は、どうぞ探して読んでみてくださいね。




冒頭のあの一文が、今も忘れられません。

むかしりんごのきがあって…
かわいいちびっことなかよし
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芸事始めと今年の目標 | トップ | 地図をください »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お題」カテゴリの最新記事