スウェーデン生活+その後

2010-2013年スウェーデン在住、今は日本在住。雑記・スウェーデンのニュースなど
*情報はあくまで当時のものです。

検討

2017-07-13 23:16:27 | 日記
数字と格闘する時間が増えて来た様に思う。組織にとって数字は勿論大事であるが、「自分のところの数字の上下」だけを見ていても結論は出ない。周囲の組織がどうなっているか、これが重要な情報である。多くの場合自分のところが苦しければ周囲も苦しいのが常であり、その中でどうやって次の手を編み出すか、これが思案のしどころとなる。
自分が苦しいときは
こういう時に考え出される「手」について。大体において奇策は上手くは行かぬ。どちらかと言えば泥臭く、誰でも思いつきそうな事を執念をもってコツコツやれるかどうかが重要と思う。どこぞの有名コンサルタントが机の上で考えた「一見、見栄えのする素晴らしい解決案」というのはおおむねハズレである。仕事に近道はない。現場で出された100のアイディアのうち、試行錯誤の末に残った1つが解決策となると思っていた方が良いと思う。
カエルとバター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイキングに由来する英単語10個 | トップ | 猛暑2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。