野良暮らし ねこ暮らし

田舎暮らしを夢見て、こつこつとお金を貯めています。

タマゴタケ

2016-09-19 21:02:44 | 食す
先週の会津駒で収穫したタマゴタケ
小さめの玉子(白く丸い状態)もあったが、それは収穫せず。

なのでほんの少しばかりの収穫のみ




大きなのは傘の部分がおらのこぶし大

これが群生していたところに捨ててあった。  きっと毒キノコだと思たんだろうね




毒々しい色に、素人さんには毒キノコにしか見えないだろうな。


手前に横たわっている奴は
    
     ほれ、こんなに立派

    


どう料理しようかな・・・ と迷ったが、適当にみそ汁の具にしておしまい。

シャキシャキと歯ごたえが良い!

が・・・  だ。

汁の実にしてしまうと、ワイルドな味になってしまう。

こりゃ~ 炒め物にしたほうが美味いかもしれないな。


ずっと昔に、やはりうどんの具にしたことがあったが、やはりワイルドな味になっていたことを思い出した。

意外と知られていないが、我が地域でも普通に見かけるタマゴタケ
来年こそは、美味しく料理してみよう~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏剪定の前に | トップ | おや~ ちみたちはどこの子... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (熊鷹)
2016-09-19 23:33:53
ほんとうに食べられるんだ
見た目が毒毒しくて、手が出せませんよ
万が一、ベニテングタケと間違ったらえらいことになりますからね

僕はチタケを食べたいが、これも判別できないんです

最近は直売店で購入して食べるくらいですね
Unknown (でん)
2016-09-20 01:26:19
ホントに食べる人いるんだ(@_@)
「ワイルドな味」というのが微妙な表現ですね(笑)
大小山にも結構ありますよ。
先日、常連さんの詳しい人に聞いたら
「あまり美味しくない」から採る人いないと。
「ワイルドな味」というと癖があるんのでしょうか?
どう料理してもやっぱり美味しくないんじゃないですかね~
熊鷹さんへ (ふ~てん)
2016-09-20 18:50:39
たしかにベニテングタケに似ていますが、違いを掴んでいれば、まず間違えないでしょう。

例えば、傘に白いイボイボがありヒダと茎が白いのがベニテングタケ。

一方、白いイボイボがなく、ヒダと茎が黄色い卵の黄身色をしているのがタマゴタケ。
これさえ掴んでおけば、間違えませんよ。
これに似た紛らわしい毒キノコも存在しないので、タマゴタケの見分け方は簡単です。
一方、チチタケも傷をつけると乳液が出るので簡単です。
難しいのはウラベニホテイシメジ、これですね!
おっと、詳しくは今度お会いした時にでも。
でんさんへ (ふ~てん)
2016-09-20 20:10:10
美味いキノコはどんな風に料理しても美味い物、ということですね。
たしかに癖はあります。何というか、山の中の黒土のような味???
汁ものは、その癖が強く出てしまうので合いませんね。
風味の逃げないフライなどがよさそうです。
来年はそっちのほうで挑戦してみます。
いっしょにどうですか~?(笑)
Unknown (でん)
2016-09-20 23:34:07
歩いていて「こっちにも、ここにもある」と目には止まるんですけど・・・
キノコは昨日はなかったところにあれって感じに
一日でニョキッと出てしまうんですよね。
常連さんの中には、春はわらび秋は栗と
それを楽しみに歩いている人もいます(笑)
でんさんへ (ふ~てん)
2016-09-22 06:43:27
そうですね、キノコは歩くタイミングで出会うキノコも大きく違いますよね。
ニョキッと、あっという間に大きくなって採りごろを逃してしまいます。
毒のものもそうでないものも、色々と観察しながら歩くのが楽しみです。
その中で食べられるものがあれば採ってくる、そんな感じですかね。
冒険するのは危険ですから、はっきりとわかっているものだけ。
春から秋と、山の幸を探しながらの山歩きは楽しいですね。
ナメコの採れる晩秋のブナの森がいいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。