ぽんちゃんの買ってし魔王な日々

ことあるごとに「買ってし魔王」が降臨する、ぽんちゃん(観音旭光の両刀使い)の物欲の日々を、周囲にばれない程度に語ります。

AMDの6コアCPU

2010-05-16 13:05:28 | パソコン

GW中にAMDからPhenom IIの6コアモデルX6が登場しました。

現在のデスクトップPCのCPUはPhenom X4 9950BEと一世代前の上、AMD初の6コアモデルが上位モデルでも35k円程度で手に入り、AM2+マザーボードでもBIOSが対応するなら駆動可能と言うことで、Intel Outsideのヒトとしてはヒトバシラー的な興味が沸々と。

しかし、今のマザーボードはFoxconn のAM2+マザーボードA7DA-S(AM3のVer. 3.0ではない)で、他のマザーボードではUnknownでも動いたケースがあるものの、A7DA-Sを持つヒトバシラーが試したら、BIOSが対応していないのでPhenom II X6は動かないと。現行モデルA9DA-Sの2世代前なのでBIOSが出てくるのか心配だし、マザーボードまで対応品と交換となると、折角メモリが安い時期に手に入れたA-DATAのDDR2-800 2GB×4枚が無駄になってしまって、DDR3メモリを8GB分手に入れることになり、結構な出費になってしまうのが難点。(少なくとも、今は20k円では手に入らないわなぁ。)

そう思っていたところ、A7DA-Sのユーザーの中でFoxconnに直メールをした強者がいたらしく、何とFoxconnからβ版BIOSを入手して、無事使えているヒトバシラーが出たとか。その人が、そのβ版BIOSを2ちゃんねる自作PC板のFoxconnスレで配布したので、実はそのβ版BIOSは私の手元にあります。とは言え、β版が有ると言うことはA7DA-Sを見捨てておらず、対応BIOSを作成中と言うことかと思うので、正規版が出るまでちょっと待ってみようかと。多分出たら、魔王降臨でCPU換装でしょうな。まあ、今ですらCPU占有率50%オーバーは殆ど無く、Cool'n'Quietのおかげで大体1.3GHz駆動なので、それほど6コアの実感があるとはとても思えないけど。

AMD PhenomII X6 1090T BE TDP 125W HDT90ZFBGRBOX

AMD

このアイテムの詳細を見る
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NEX触ってみた | トップ | EF35mm F2の言い忘れ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2012-10-20 10:57:10
結局正式BIOSでないまま終息品になってしまいましたね
自分もβBIOSDLしましたが入れないままに…
私は燃えてしまいました (ぽんちゃん(観音旭光の両刀使い))
2012-10-22 12:59:47
結局、うちはβ版BIOSとPhenomII X6 1090Tで6コア化してしまいました。
http://blog.goo.ne.jp/ponchan1791/e/e6616fe321ea0f528483f4eb8f5d4344

しかし、今年になり最終的に下のようになってしまい、マザーボードの方を交換してしまいました。
https://twitter.com/ponchan1791/status/248060114551058433

まあ、こう言うこともあるということで(苦笑)。

コメントを投稿

パソコン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事