おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

試合は度外視!? ペーニャンのアドバイスで覚醒パラデスくんがまさかの1軍残留??

2017-06-14 21:09:06 | 千葉ロッテ
ロッテ2-5DeNA

えー,もう今日は試合はどうでもいいっす。相も変わらぬ「ロッテ殺すにゃ左腕出しときゃいい」とばかりに,相手左腕に対し,昨日同様にサントスくんを外した結果は,打線のつながりを全く欠き,悔しい敗戦。結局のところ,ヒット9本中,カッキー2本,大地1本,そして途中出場のパラデスくん2本と,ヒットの半分以上は左から生まれているわけで(あ,パラは両打ちだった),左右にこだわる意味はおよそないよなあ。誰が考えても,サントスくんが,代打で生きるタイプと思えんしね。

一方,チェンくんは,初回から盛大に打ち込まれ,2回にはWBC後絶不調の,左のツツゴーくんに打たれ,ジ・エンド。結局,3回で降板では,ゲームプランも何もあったもんでないというところです。それでいて,祐太に代打送ったことで(これはしゃあないけど),本来勝ちパターンだったはずの有吉くんが2イニングと,なんか無駄遣い感もありありで,なんともやるせないところ。これではなかなか波に乗れんよなあと改めて脱力の敗戦劇と相成りました。

いやー,しかし,さすがにペーニャン1軍登録時の降格はパラデス君一択かと思ってましたが,まさかの帳尻発動ですなあ。2ベースに,いいあたりのセンターライナー,最後は,相も変わらぬ勝敗に影響しない9回の一発とはいえ,落ちる球をクローザー・ヤマヤスから打っての一発は,なかなかインパクトの強いものがありました。

しかも,その影には,実は思い切り献身的なキャラだったペーニャンのアドバイスがあったとはねえ・・・。いかつい顔に似合わず,そこまでチーム・仲間のことを考えられるキャラだったとは,正直嬉しい誤算だよ,全く。

ダフィーがイマイチ調子を落としていることを考えると,いっちょスパニッシュ・スピーカー・トリオというのもありなのかねえ。パラデスくんにとっては,通訳もなしで,辛い浦和からの通勤生活に戻るか否かの瀬戸際なわけですが,訳の分からない化学変化が起きるのかどうか,生温かく見守りたいと思います。

さてさて,調子に乗ったかと思いきや,一気にしぼむの繰り返しで,なんとも盛り上がりにくいところですが,なにはともあれ,明日は大事。相手はようやく右投手のようなので,元の打順に戻してもらって,カラカーくんをしっかり援護し,なんとか勝ち越しをものにしたいところですね。

それではおやすみなさい

↓もう試合の楽しみ方が分からんよ・・・と混乱しつつある同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よしっ! ベイス・ボールに... | トップ | まさかパラデスくんだけが楽... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これぞドラ1 (ちょろ)
2017-06-14 21:45:56
チェンはまたしても古巣に恩返しできずか。
というか、この内容では成長の証もない(去年とほぼ同じ回で降板だし)。
気が付けば、今年初登板だった楽天戦で好投した以降は全然、勝利が無かったでしたっけ。

かたや相手の浜口はルーキーですけどすでに5勝か~。
今日は中継ぎ陣に助けられた感もあるけど、それでもルーキーらしいというか、5勝も挙げている背景を見ても十分の活躍だと思います。
先週に大炎上した佐々木と比べてもな~。

勿論、この先お互いの立場が逆転するかもしれませんが、即戦力ドラ1というのは初年度から活躍をすると今後の印象が違いますからね。

交流戦もなかなか勝ち切れず、パッとしませんね。
明日は唐川で勝利! (mak6582)
2017-06-14 21:48:18
言った側から2打席凡退の翔太に代わり、パラデス起用。しかし、打ちましたね。首元が涼しくなって変わりましたかね?でも、勝負と関係ない9回のソロですから、いかがなものでしょう。

個々を見るとだいぶ当たりも出てきていますが、一発がないだけに繋がらないと苦しいです。先発投手が投げやすいように早目に点を取って欲しいのですが。

明日はDeNA戦勝ち越しを掛けて、打線が早くから唐川を盛り立てて下さい。
1回を何とかしろ (しげ)
2017-06-14 22:54:24
この前の千隼といい、今日のチェンといい、どうも1回にボカスカ打たれてハイ終わりというのが我がチームには多いねえ。その後は立ち直ったという弁護もあるが何にもならん。何とかしてほしいですね。

柳の下に二匹目のドジョウはいなかった、1番タカシのことです。きのう打ったからだが今日は音なし、仕方ないところだが、いま一番のメダマはサントスなんだけどなあ。もういい加減左右病はやめてほしい。
Unknown (jun)
2017-06-14 23:00:32
幸い(?)にして映像全く見れてないので、ダメージも何もありません。

昨日、最近のパラデスはペーニャとの競争効果?とコメントしましたが、その上(斜めでなく)を行くアドバイス効果も相まった結果だとは…。
ペーニャに「ありがとう」は思うものの、その前に「じゃ打撃コーチは何やっとったん????」て方が大きいです。
ただ、ひょっとしたら今年後半辺りから来年以降はパラデスが大当たりする可能性も僅かとはいえあるので、少しだけ楽しみができました(打ち出した途端に鷹に取られんなよ)。

現体制の批判も喧しいところではありますが、ゴエモンのこんな話も紹介されてました。
https://full-count.jp/2017/06/13/post72483/
確かに、今の若い子にはスポ根丸出しのスタイルは合わないかもしれないけど、やっぱ一流どころは根性据わってるという点については古今東西変わらないと思います。
首脳陣も意識を変えるべきとこも多いとは思いますが、プレーするのは選手個人。彼らの意識も変わっていくべきかな〜と。もっと危機感と飢餓感が欲しいかな。
昨日の「ライバル少ない」を含めて、ロッテは全般的にヌルいんでしょうね。

PS こんな記事も。
結局のところ、プロは結果出せば礼賛される、そういうことなんでしょう。ある意味シンプルです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000523-sanspo-base
チェンチェンだめ (ハムサン)
2017-06-15 07:12:19
まあ昨日のチェンで抑えられるほど横浜打線は甘くなかったですね。初回の田中、ロペスのタイムリーは打たれた球自体は低めに決まっていました。要するにストレートに威力がなかったので、うまく拾われたのでしょう。チェンは先発に回ると力をセーブするんですかね。短いイニングを投げているときに力強さがなくなるというか。反対に相手の浜口は前半飛ばして、後半バテてましたが、ああいうピッチングの方が中継ぎで凌げる分まだましだと思うのですが。初回に試合を壊されて、ひっくり返せるほどウチの打線は強くないよ(笑)。
打線も1番荻野、2番翔太という意味の分からない打順を組んで9残塁ですか。もう、サントス、角中、清田、外国人、大地は固定でいいのに。サントスは走塁面、守備面でまだまだ改善点はあるけど、それを補って余りある活躍をしていたのに。まあ、ロッテ首脳陣は自ら流れを手放すってことがお好きなようで(笑)。
立ち上がりノックアウト (ひとりゴメ)
2017-06-15 09:49:13
チェンのメンタル的なところが影響したのか古巣相手に萎縮して腕が触れてないからストートが伸びないので変化球は対応しやすいヘナチョコボールとなり長打される。これは土肥君にも言えることです。
打撃のほうはチャンスでの三振が多かったのが痛かったですね。パラデスのホームランはペーニャのアドバイスだとすれば今後に期待できる物がありますね。

>皆さんへ (ポンタ)
2017-06-15 22:20:26
コメントありがとうございます!

いやー,なんというか,再び個々の選手のなんかに楽しみを見出すしかなくなってきましたなあ。香月くんも,まともに使われずあっさり抹消と,このまま最後まで行くんでしょう,今シーズンは。

しかし,ペーニャンとパラデス君の化学変化により何かが起こるかも!?とわずかな希望が見えてきたのもまた事実。ドームで花火大会を上げるべく,選手たちには頑張って欲しいところですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL