おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

もう腹も立たんわ・・・

2017-04-19 23:04:50 | 千葉ロッテ
ロッテ0-2ソフトバンク

今日は,盛大な四死球にもかかわらず,何とか6回1失点と奮投したジェイソンをあっさり見殺しにし,遅まきながら今季初零封での敗戦。結局,中途半端に打線をテコ入れしてもどうもならんということが,いよいよ明らかになってきました。

しかし,やっぱり福浦様4番というのは,全くもってどうしても馴染めんなあ。ストレートが普通に打てないバッター,しかも,どれほどがんばっても先のそれほど長くないお方を,あえて4番起用,それでいてアジャは,頑なに4番から外すところを見ると,伊東さん,本当の意味での強打者を育てる気はないんだろうな,やっぱり。

どうも我がチームは,長らく総6番打線とか言われていましたが,伊東さんが来てから,それが総7番になり,今では総8番打線が完成したかなという感じに。なんか見事なまでに,現役時代の伊東さんの劣化コピー揃いの打線になってしまったという気がするんだよね。

いつもいつも打撃コーチを差し置いて,監督が直接指導したり,「監督のお陰で・・・」という言葉が出てきたりして,コーチは何しとるんや!と言われてきたところなんですが,当たり前ですが,決して強打者ではなかった伊東さんに,本来,強打者を育てる力があるとも思えず,部下にやるべきことをさせず(本当はそれなりにやっていたんではないかと思うけど),自分が何でもでしゃばってしまっては,結局,選手たちは,「監督に見せるため」の練習しかしないようになってしまうと思うんだよね。

狙い球を絞ることなく,「ファーストストライクを打たないと死んじゃう病」にかかっている選手,そして,頑なにそれのみを繰り返す監督を見ると,これは現状は根が深いなあというか,体制が変わらない限りは,同じ状況が続くしかないのかなあと思うところです。そもそも,デスパくんの存在で,そこが隠されていたのが,より明らかになったというだけのことなのかなあと思ってみたり。


まあ,パラデスくんは相変わらずで,下からも,相変わらずのタカシしか上がってこないところを見ると,この点に関する解決策は見出し難いところ。こうなったら,せめて選手たちには,監督・コーチからどうこう言われるからということではなく,プロ野球選手としてやっていくために何が必要かということを今一度考えて,切り替えて次の試合に向かっていってほしいところですね。まあ,結局,今日も試合後にぞろぞろ室内練習場とか行ってると聞くと,まず寝ろよ!と言いたくなるところではありますが(苦笑) 嫌いなんだよなあ,上司に見せるための仕事(ボソッ)

それではおやすみなさい

↓そんなことはええから,明日の千隼の好投に期待!という人はクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝つべきときに勝てんか・・・ | トップ | 見殺し,ここに極まれり »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jun)
2017-04-19 23:38:55
今日は用事があったこともあり、全く映像見ずでしたが、ま〜なんとも予想通りというか。

ポン太さんの本文見てて思ったんですが、書かれてる通りだとしたら…。上役の顔色見ながら仕事するふりして、結果よりも経過が評価されるというのって、典型的なダメ企業ですよね…
ロッテは昔から、成績よりも一軍登録日数が評価されるような変な風土ありそうな気がしてたんですけど、やっぱそうなんですかねぇ…

負けてもいい、失敗してもいいから、せめてカッコよさだけは貫いてほしい。
雑草でも、どんだけ踏みつけられてもいい、ロッテなりのプライドや美意識だけは貫いてほしい、そう思うんですが。
それがロッテの魅力だと思ってたんですが。
普通の良い子ちゃんばっかりになってきたんですかねぇ…
Unknown (ジュニア)
2017-04-19 23:52:09
ホンマに見てて腹も立たない位の力負け。アウトになる度に笑うしかなかったですわ…
打球が外野の頭どころか内野手の頭を越えるのも数えるほど、勝てる訳ありませんわな(笑)
たまに出塁しても何の策があるわけでもなく、荻野も走らなくなって何の魅力もなくなりましたね。
鮮烈なデビューを飾ったルーキー時は初球からドンドン走ってたのにね~
荻野に限らずチーム全体に積極性がなくなったように思えます。その積極性をファーストストライクからドンドン打つというのと勘違いしてるんじゃないかな…
まぁ明日からも引続き見ますが、面白い試合をして欲しいものです。
Unknown (みつばち)
2017-04-20 00:12:44
やることなすこと上手く行きませんね。本当昔のロッテは
意外性があっておもしろい試合やってたように思います。こんな打線でルーキーに先発させるのも可哀想になります。
観てませんが (むむむ)
2017-04-20 08:06:07
ここ何年かの春(限定)の好成績?は春井口(死語)、奇跡的なリリーフ陣の活躍、涌井・石川の安定感、それなりのデスパイネ、清田バブル等々が噛み合ってのことだったような気がします。
どうもメッキがはがれて丸裸になったら、この姿・・・根本的に力がないんでしょうねぇ(遠い目)。
バンデン相手は厳しいでしょうが、SB相手に6連敗は他のチームから怒られます。
意地を見せてほしい。
>junさん (ポンタ)
2017-04-20 21:35:57
コメントありがとうございます!

いやー,結局,今日も最後にタカシが打つまでは,ヒット僅かに2本,しかも打ったのは,夜間練習に参加してない井口とダフィーだけとか,典型的な「残業しているものが偉い!」状態ですよね・・・。しかも,選手の自発的な練習ならともかく,監督・コーチが全員見守る(というか目を光らせている)状況での練習など,何の意味もなかろうと思います。やらされるのとやるのとでは違うんだよ,ほんとは。

ロッテの魅力,そのとおりですよね。チームとしてはまとまってなくても,ギラギラした野武士のような集団,それが奇跡的にまとまった2005年が今でも私の理想なんですが,そんなことは臨むべくもないんでしょうか。選手たちには,何とか意地を見せてほしいところですね。
>ジュニアさん (ポンタ)
2017-04-20 21:38:13
コメントありがとうございます!

そうなんですよね,たとえ点が取れなくても,積極的に動く,また,打てなくても四球をもぎとるとか,何かチーム全体として動いている様子があればいいんですが,ファーストストライクさえ打っとけば満足(選手以上に監督が)というのが,見てておもんない元凶かと思います。ファーストストライクを打つというのも,比較的甘い球が来るから狙い球を絞ればヒットが出やすいという,あくまで手段の話にすぎないわけで,そこを自己目的化してしまっては,打てるものも打てないと思います。

でも,お互いみちゃうんですよね・・・。お疲れ様です(苦笑)
>みつばちさん (ポンタ)
2017-04-20 21:39:13
コメントありがとうございます!

やっぱり弱いのは許せても(いいのか),おもんないのは致命傷という気がしますね。バカ試合ともすっかりご無沙汰で,どこに楽しみを見い出せばいいのかも分からん状況です。

誰か雰囲気変えてほしいなあ,ホント。
>むむむさん (ポンタ)
2017-04-20 21:41:53
コメントありがとうございます!

そうですね,様々なものが春に訪れたということかも・・・。いまや,春の妖精も,チームには,いるものの,ただのおじさんになってしまいましたし(苦笑)

おっしゃるとおり,不調のホークス相手に,大献上は,パ・リーグをつまらなくする元凶と言われても仕方がないところ。まあ,なるようにしかならんとは思いますが,せめて次カードこそは意地を見せてほしいところです(ため息)
亀レス申し訳ないです (たま)
2017-04-21 22:52:52
お世話になっております。
連敗が止まったらこの記事に関するコメントも盛り込もうと思っていたのですが、どこまでも続きそうな連敗の気配に、このタイミングになってしまったことをお許しください。
「いつもいつも打撃コーチを差し置いて―」を読んで、やっぱりそうだったか、今のロッテは伊東打法なんだと今さらながら気づかされました。
これは重大な事実です。
巷では打撃コーチに責を求める意見も出でいますが、それは違いますよねえ。
現体制が続く限り、こと打撃に関しては同じ状況が続くこと必至です。
伊東さんの一番の子分はべんちゃんこと和田一浩らしいけれど、和田といえば伊東さんが忌み嫌う金森打法の体現者というのは何たる皮肉。
今は伊東さんも打撃指導の最高責任者として熱くなっちゃって、試合後居残り練習を課したりしてますが、ここはうまく聞き流すことも必要と野手陣に言いたいところです。
こと平沢の指導に関しては、金森氏ほどフォームをいじらない伊東式の方が合ってような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL