おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

我チームはどこを目指すべきか・・・

2017-04-21 21:04:36 | 千葉ロッテ
早くも落ちるところまで落ちて,かえって冷静になってきたのも怖いところですが,落ち着いたついでに,現在の惨状はどこから来ているのか,我々はどこへ向かうべきなのかについて,つらつらと考えてみました(非生産的)

とりわけ,最近の野手陣の体たらくもあり,ドラフト失敗の声がささやかれるところですが,果たしてどうなんだろう!?と思って,過去のドラフト一覧を眺めてみました(出典は,お久しぶりのオリオンズ⇒千葉ロッテマリーンズさんより。いつ見ても素晴らしいサイトです)

これを見ると,ドラフト戦略を誤ったとよく言われるボビー以後,西村さん,そして伊東さんの時代を見ても,例えば

2004年 ピカチュウ,マツ・タケ,ホッシャン
2005年 ネモティ,雄介(書いてて懐かしい・・・),古谷くん,祐太
2006年 オギー,ナカゴー,カッキー,松本くん,カラカー
2007年 ハットリくん,根本くん(これも懐かしい・・・),伊藤ちゃん
2008年 上野くん,香月くん,西野くん,岡田くん
2009年 タカシ,大谷くん,翔太,キヨタン
2010年 伊志嶺くん,南ちゃん,エムラー
2011年 藤岡くん,中後くん,大地,マッス
2012年 松永くん,タムタム,翔平
2013年 ゴエモン,吉田くん,三木くん,アジャ,二木くん

と,大・社は一軍定着率がほぼ半分以上と,なかなかの勝率。あえていうと,2007年,2008年,2010年辺りは,相当失敗感もあるけど(苦笑),育成で西野くん,岡田くんを掘り出しているので,まあトントンと言えなくもなし。ついでに,怨嗟の的となっている4人ドラフト2009年,2011年,2012年の勝率は相当なもので,少数精鋭もあながち全くデタラメだったともいい難いところがあるんですよね。

ただ,それ以前のツヨシ,ゴリ,地味様,サト,サブ,ヒロユキ(しかし,いちいち,ほとんど歴史時代の人になってしもたんやなあ・・・)らに比べると,明らかなのは,


最近はルーキーイヤー(あるいは実質デビューイヤー)にピークアウトする選手が実に多い

ということですね。

数年で肩をぶっ壊したオギー,雄介,やっぱりデビューイヤーにぶっ壊れたタカシ,そしてルーキーイヤーがピークで,その年に肩を壊したとしか思えない伊志嶺くん,ルーキーイヤーに,いい球を投げるも,はやくもプロの怖さを知ってしまった藤岡くん,これまたルーキーイヤーに先発にリリーフにフル回転させられた松永くんと,ドラフト上位ほど,そういう傾向が強いのは偶然ではないでしょう。つまり,層が薄い,それゆえ,育てる余裕のないまま,新人あるいは若手に過度の負担をかけて潰してしまう,あるいは育てきれないというのは間違いないんでしょう。奨吾・大河も,このままだとこの系譜にきっちり乗ってしまいそうなのは,なんとも物悲しいところ。

そこを行くと,やっぱり無事是名馬というか,きちんと経験を積みながら伸びていく,大地,マッス,そしてタムタム辺りは,ホンマに大したもんやなあと改めて感じさせてくれます。

本当は,新人・若手に過度の負担を課すのではなく,生え抜きベテランに加え,トレードあるいは外国人で,チームの厚みを作っていかなければならないところですが,これに関しては,改めて見ると,2011年ころを境に,本当にひどい状況に。

まずトレードを見てみると,昔はそれなりに,(未だに納得の行かない落合トレードを初めとして),大きいトレードを含めて活発にやっていたにもかかわらず,(載ってないけど)小坂の金銭放出あたりからドイヒーなトレードが目立ち始め,2008年,石川球団代表殿が球団を牛耳ってからのピカチュウ,地味様,そしてサブ放出が,完全にチーム弱体化とともに,多くのファンの逆鱗に触れ,それ以降はトレード自体が禁忌のようになってしまったのは,チームとしては痛恨事でしょう。これと軌を一にするように,新外国人に関しても,2000年以降,

ボーリック,シコースキー,ミンチー,ホセ,イ・スンヨプ,ベニー,フランコ(この辺は書いているだけで涙出そう・・・),セラフィニ

(2006年のワトソン,パスクチ,バーン,ミラーのネタ外国人は置いといて。あっ,あんまり言うと,薫友さん次兄さんに怒られるけど)

ズレータ,オーティズ,キム・テギュン,ロサやん

辺りまでは,相当がんばっていたように思うんですが,ここからは,ほとんど中古のオンパレード。

カスティーヨ,ホワイトセル,(そこそこ当たったけど)グライ,ゴンザレス,ブラゼルくん

と,新外国人発掘の気概すら失われていき,その中で,辛うじて,クルーズくんとデスパくんを当てたのが,幸か不幸か,3位コレクターになった一つの原動力だったのかなあ。とにかく新戦力に関しての気概が失われた段階で,数少ない外国人でハズレをひいてしまえば,現状は当然の結果だったのかもしれません。

2年前も書きましたが,もともとうちのチームは,そこそこのリリーフと総6番打線で,もともと4位くらいにはなれそうな戦力を維持してきていたのが,なまじっか最下位でも,ましてや1位でもなく,「3位」というビミョーな位置を取ってきたことが,ジリジリと全体の戦力の低下につながってきていたのではないかと思わざるを得ません。

まあ,もともとコストカットに走っていたところが,現状,野球どころか,韓国では起訴され,THAAD配備で中国からもいじめられて満身創痍のロッテには,もはや多くを望むのは無理があろうと思いますし,球団を持つという歴史的使命も終わろうとしているのかなあと思いますけどね,個人的には・・・。



ならば現状でどうするかということになるわけですが,伊東さん,やっぱりどこまで行っても,モチベーターとしては,かなり向いてないと思うんだよね。記者相手には明るく話してるそうですが,内には夜間練習で睨みきかせて,外にはいい顔って,結構下としては辛いと思うなあ,実際。

よく言われるところですが,ボビーチルドレンも,(一応)西村チルドレンらしい人もいながら,伊東チルドレンと呼ばれる台頭した選手が,5年という就任期間にもかかわらず,タムタムを除いては,ほとんど見当たらないというのは,一つの象徴のように思います。まあ,奨吾とか翔平が期待に応えられなかったという面はあるにせよ,この辺はやっぱり寂しいよね。


ここまで落ちてしまえば,本来失うものはないはず。そこでやっぱりやってほしいのは,伊東さん自身が見込んだ選手を使い続けるということ。もちろん奨吾もキヨタンも,十分以上に期待され使われていたと言えばそれまでですが,そうして一旦自信を失ってしまった選手をもう一度奮い立たせ,蘇らせるのも,間違いなく上司の仕事であるはず。

どうもうまく言えんのですが,どいつもこいつも,萎縮して顔色伺いながら野球やってる姿はおもんないんですよね。ちょっと前に,キヨタンが,手を出すか迷ったまま力ない空振りで三振した時,これはあかんな・・・と思いましたが,パラデスくんも,タカシも,みんな同じような三振していくのを見ると,「振りたくないのに振らないと怒られる,評価されない」と考えながらやっているようにしか見えないんですよね。(まあ,パラデス君の場合は,「オープン戦と違って苦労した」とか言っていたようで,ちょっと様子は違うかもしれませんが,それこそ誰かオープン戦はオープン戦bにすぎないて,言ってやらんかったんかよ(爆))

どうも日本には,特攻精神というか,空振り三振>>>>見逃し三振みたいなところがありますが,ボールと思ったら,狙い球と違ったら,打てないと思ったら,堂々と見逃すのも一つの見識。クソボールをあるいは難しい球ばかりを百回打ったところで,打撃がうまくなるわけではありません。


奇しくも,伊東さんも,俺のためではなく,自分たちのためにやるのだとのたまったところ。(まあ,それを言うなら,報道陣締め出して,こっそり言ってほしいけどね。多分見せるために言ってるんだろうなあ,これ。あえて好意的に解釈するなら,公衆の面前で言って発奮を促すという昭和的発想なんだろうけど,平成っ子は,人前で言われるの,めちゃめちゃ嫌いなんだよね・・・。)

まあ,意図はともかく,少なくとも,プロでやっていく上では,この言葉にはかなりの真実が含まれていると思います。チームのためでも,監督のためでも,誰でもなく,自分のために野球をやるのは大事なところ。そう割り切って,少しでも前向きな気持で,明日からの試合に是非とも臨んでほしいところですね。

というわけで,オチはイマイチありませんが,書いてスッキリしましたので,これで終わります(笑)

それではおやすみなさい

↓御託はいいから,明日勝てや!という方はクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見殺し,ここに極まれり | トップ | これで健闘と思っている自分... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パスクチバカにしたら、勲友さんに怒られますよ(笑) (jun)
2017-04-22 00:10:33
まさに今日、別の方とTwitterで話してたんですが、2009,2011,2012と4人ドラフトが続いたのが痛かったですよね、本来ならその時期の選手は今が一番脂乗ってる時期ですから…
確かに定着率は高いですけど、あまりにもバランス悪いですよ。2011なんて4人全員が同級生ですしね。やっぱ目先を繕うのを繰り返す、自転車操業だなぁって思います。

「初年度は活躍する」についても、活躍できるだけでも確かにすごいですが、研究された2年目以降はダメダメってとこが、情報戦に負けてる感が顕著でなんだかな〜って思います。
高卒の子だったら、それを上回る成長してくれる子も中には出てくるんでしょうけどね。
いずれにしても、目先は赤字でも将来を信じてじっくり育てるってことができないあたり、シェアトップ企業とは違うんだよなぁって感じします。長期投資できる度量がない。
そこが凄くもどかしくて、だから試合見てて腹立たしいんですよね…

ちなみに…。
今年は大外れしましたが、外国人選手については、それなりに頑張ってると思いますよ。最近だってクルーズとデスパを引き寄せたわけですし。
ただ、そこについては日本の制度が悪くて。
日本野球どころか日本での生活だって適合するか分からない外人を取ってくるのはリスク高いのに、ひとたび適合すると分かったらジャビとか鷹とかが札束チラつかしてかっさらってってしまうわけで。リスクテイクした企業が、それに見合うリターンを享受できない、報われない制度になってる訳です。
来日して日が浅い外国人選手を他チームから引っ張ってくるなら、FAみたいに人的保障かドラフト指名権くらい欲しいとこですよね。まぁジャビに尻尾振ってるコミッショナーじゃ期待は全くしませんが…(この辺は、ヤクルトや広島も同意見かと)。

いずれにせよ、伊東体制になってからドラフトがマトモになってきたので、上手くすれば5-10年後にはチームが花開く時がくるかもしれません。
大地が今の福浦みたいな立ち位置になってね^_^
まぁそれまでにファンが残ってるかが心配ですが…
感慨深いです (たま)
2017-04-22 00:21:49
お世話になっております。
ロッテ球団のドラフトの歴史って、ブレまくりの経営方針を映し出す鏡になっているんですよねえ(涙)
伊東監督にお願いしたいのは、「前日にひらめいた」という迷言(?)を残して1位指名した中村をなんとか1軍の戦力にしていただきたい。
個人的見解ですと、ショートは絶対無理ですって。
>junさん (ポンタ)
2017-04-22 00:26:37
コメントありがとうございます!

まあ,いいか悪いかで言えば,4人ドラフトはやっぱり駄目ではありますよね(苦笑) なーんにも考えずに,ファームでまともに試合すらできないような状況にしたのは,言い訳できないレベルだなあと思います。ただ,改めて見ると,いいの取ってたなあと個人的には思うんですよね。おっしゃるとおり,いったん研究されたらそこを突き抜けられない,ダルとかマーのように,良いコーチが付いて,そこから一段も二段もレベルアップする選手が,ほとんどいないというのがチームとして寂しいところだなあとは思いますが。

外国人選手についても,おっしゃるとおりだと思います。もともとFAも,向こうの「自由契約」をそのまま持ってきた所に加え,外国人は原則FA,そして,何ら相手に対する補償がないというのは問題だと思います。

ただ,そういう時代になった以上,もうそれについていけない企業は球団を持っててはいけないと思うんですよね。弱いのに,パ・リーグで一番球団保有歴が長いというのは,球界にとっても損失だなあと個人的には思ってます。オリとか,失敗し続けても,少なくともチャレンジはしてるわけですしね。まあ,この辺は,買収したときの民族的なやり取りもあって難しい問題があるとは思いますが,本体がガタガタしている以上,いい潮時かなあと思ってます,個人的には。

まあ,私は,正直,そこまで伊東さんに執着ないんですよね(苦笑) 王道を持ち込もうとしたという姿勢自体は買わないでもありませんが,あまりロッテというチームにフィットする取り方・育て方をしているとは,あまり思えないところもありまして。ただ種を蒔いてくれたことが生きると良いなとは素直に思っているので,せめて自分の取った選手を一人でも2人でも育て上げてほしいなあと思う今日このごろです。
>たまさん (ポンタ)
2017-04-22 00:29:51
コメントありがとうございます!

どうも落ちのない長話に付き合って頂きありがとうございました(笑) ただ,一貫した姿勢のあるチームとはいい難いですよね。正直言って,今の御時世に,貧乏を全面に出す姿勢はいただけないなあと思ってます。老舗だからこんなもんでええやろうという姿勢が見え隠れするのは,どうなんだろうかなあと・・・。

そうなんですよね,チームとしてどんだけダメでも,奨吾を育て上げればそれなりに価値があったなあと思うんですが,内野手とはいえ,大学日本代表でもセンターとかやってた奨吾を,いきなりのショート抜擢はかなり無理があったなあと思ってます。大きいのが打てるのが奨吾の魅力だとは私も思ってますが,多分監督が持っているイメージと,本人のイメージのズレが埋められなないままどんどんデフレスパイラルになってるのかなあと。

翔平ともども,大きな選手に育ってほしいので,ファームで調子を上げてチャンスが有れば,今度こそ突き抜けるような活躍を期待したいところです。
著しく同感です (むむむ)
2017-04-22 10:14:50
ドラフト戦略がチームの総合力をあらわしていると思っています。
その点で言えば、ドライチがその姿で、先日述べた大嶺、唐川、藤岡、松永、伊志嶺、荻野、中村、木村、服部らの伸び悩みがチーム力の無さの象徴のような気がしてます。
その裏に隠れている本質的問題は
ダルビッシュ→柳田指名、
田中マー→大嶺指名、
菅野→1年目藤岡、2年目藤浪外れ松永
と今や日本を代表する投手を指名していないことです。
どうも愛甲問題(古っ)がチームにトラウマとして存在していて有力選手の指名から逃げている…そんな色眼鏡的発想が浮かんでしまいます。
とりわけダルとマーは外れてもいいから指名しないとダメだったでしょ。
昨今は藤浪や藤岡、千隼など競合覚悟でいっているので、少しは改善の気配が見えるので良しとします。
2005年と2010年のなんちゃって日本一や熱い応援団のイメージアップも選手獲得に貢献したのかもしれません。

ポンタさん押しの中村は指名当時諸積スカウトが「井口級の逸材、向こう10年二遊間の心配はいらない」とのたまわっていました。←なんで平沢指名?
諸積スカウトの見る目を信じましょう。

本当に御託はいりませんね(笑)
LOVE IS BLIND・・・はご勘弁(笑)
>むむむさん (ポンタ)
2017-04-22 17:50:40
コメントありがとうございます!

そうなんですよね,とりわけお金のないチームはドラフト&育成が大事なわけですが,そもそもトップ選手を引けていない,更にそれに輪をかけて,プロで高める育成能力がないといった感じで,これではチーム力の底上げは難しいかなあと思うところです。明らかに能力だけでがむしゃらにやってる初年度がいいというのは,チームとしては恥ずかしいことだと思います。

まあ,ダル・マーについては,甲子園に何の思い入れのないボビーが監督だったこともありますからねえ(苦笑) 明らかにホークス嫌がらせのために祐太に行ったのは,キャンプ地変更という荒療治も含めて,チームに及ぼした影響は結構バカにならなかったかなあという気がします。そもそも,祐太って,そういうのがプレッシャーになりそうなナイーブそうな性格ですしね・・・。

ただ,どちらかと言うと,愛好問題というよりは,私自身生中継で見た小池くん問題が大きかったかも。最も過去のドラフトを見ると,石毛,川口,長冨といった錚々たるメンツにきょひされているので,それを考えれば,昨今は随分と良くなったなあと思うところです。それだけに育成能力の低さは致命傷ともいえますが。

せめて奨吾には見返してもらいたいなあ,外野でもいいので(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL