おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

これで来年に向かえます,ありがとう。

2017-08-13 20:36:17 | 千葉ロッテ
伊東監督が辞任を発表しましたね。

8月5日の夜に辞任の意向を伝え,その2日後には文春の井口の記事が出ているわけで,大人の世界って,わかりやすいよな(苦笑) 地位にある間は決して文句を言わず,関係がなくなることが決まった途端,文句を言うという日本社会のあり方というのは,普段は関係を円滑にするという点で意味があるとは思うんですが,それにしても露骨だなあ。

慰留もされなかったということで,しかも,後任は白紙としつつ,シーズン終了までと,随分と早い時期で区切っているところを見ると,普通に考えると,こりゃ井口監督かなあ。

そもそも,この騒動になったのは,本来,伊東さんの退任が決まっても,知らん顔をしとかなあかん本部長殿が,挙動不審だったのか知りませんが,明らかにこれは監督についての動きがあったな・・・とスポーツ紙の記者から突っ込まれ,テキトーな応対をしたことが元でしょう。例えば,報知の記事と,スポニチの記事を比べてみても,林さんは同じことしか言っておらず,それをスポーツ紙の記者が,自分の解釈したいように解釈した結果にすぎないということでしょう。普通に考えれば,報知とニッカンは,伊東さんに食い込んでいたのか,本当に好きだったのかはわかりませんが,なんとか続けてほしかったんでしょう,きっと。ついでに,報知は,今でも誤報だったとは認めていないわけで,マスコミというか,大人って嫌らしいなあ(苦笑)

しかし,こういう情報管理のできなさを見ても,林さんに本部長をやる資格はないよなあ,実際。私も,詳しく知らなかったんですが,本部長はGM的とはいっても,戦力を整備するだけの人と思っていたんですが,田口さんのこの本によれば,球団本部長とは,球団実務を統括して,すべての情報が入り,1軍,2軍の入れ替えについても監督の相談あるいは報告を受ける,極めて重要な立場であるようですね。

そこに座っているのが,お菓子会社の本社で,お金のことあるいは総務のことばかりを考えていた人というのは,本人にとっても周りにとっても不幸というほかなし。社長は,ある意味,「経営」なのでまだいいとしても,この御方には,伊東さんともどもきっちりと責任を取って欲しいところですね。もっとも,身売りすれば,そういった問題もすべて解決するわけですが(爆)


何はともあれ,自分で決断してくれたのは,とても良かったです。まずは5年間,どうもお疲れ様でした。





ロッテ3-6西武

うーん,とは言いつつも,本人は最後までやる気満々なんですが,正直言って,これは実に良くないと思うなあ。クビにする以上,最後は本人の勝手にさせてやるということなんでしょうが,来年につなぐためのこの期間に,完全に気持ちの切れた指揮官が続けるのは百害あって一利なしというところ。

もちろん,選手たちもひどいんですが,正直言って,せっかく形になりつつあった打線を,案の定,昨日打てなかったというだけで,大幅に入れ替え,しかも,つながりが出ていたタカシとカッキーの間にサントスくん,ペーニャと奨吾・大地の間に福浦様と,はっきり言ってデタラメもいいところ。なんとか奨吾・大地の気合で,一度は逆転したものの,最後まで,こういうテキトーな布陣に付き合わされると思うと,ゲンナリという気持ちにしかなりません。そのまま入れ替えるだけならまだ納得もするんだけど,どうして,こう意味のない代え方をするのかなあ,実際のところ。

最後のマッスが批判されるのもやむを得ないと思いつつ,明らかにもう,まともではないことが明らかな内君を抹消もせず,それでいて日替わりクローザーとか,なめてるよなあ,野球を。そんな場当たりで,上位チームをしのげるほど,現代野球は甘くないんですよ,実際。


「引退する井口のために」も「退任する監督のために」もそんなスローガンが意味をなさないのは明らかですので,なんとかここはもう休養という決断を下してほしいなあと改めて思った今日の敗戦でした。

さてさて,まあ何はともあれ,あと40数試合の我慢か。3連続イベントの最後を飾るはずの試合に,悲惨な内容を見せて,ファンに申し訳ないという気持ちが少しでもあるのであれば,なんとか選手たちには,来週からの試合,意地を見せてほしいところですね。

それではおやすみなさい

↓なんか色々あった日だなあ・・・とぼんやりしている同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エースはつらいよ・・・ | トップ | もう気分はすっかりシーズン... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フロントも責任とってよ (大垣のロッテファン)
2017-08-13 22:14:38
いったい伊東監督の五年間はなんだったんだ?チームの顔となる選手が出てきたわけでもなく、ただただ一人また一人と強い時期のロッテ戦士が去っていっただけですかね。

選手の育成という面ではやはりマイナスだし、3位になったといっても1,2位と大きく離れた3位で下克上のときのように僅差で3位とは違っていましたね。

それでも伊東監督の下、一度は優勝すると思っていましたが。

でもこれからの40試合、来期を見据えたロッテにとっては重要な時期ですよ。伊東監督にそのままやらせていいのか、その辺フロントがしっかり来期の目標を持っていないことを露呈してますよね。

私はロッテを弱体化してしまった一番の元凶はフロントだと思います。外れたら今季おしまい、なんて九段ないですよ。次から次へと助っ人を入れて他球団は試行錯誤してますよ。

持ち上げといて追い討ちをかけるような今日の試合。田村のスクイズ失敗、荻野の三振でいやな感じがしたなぁ。
来季のシナリオ (たま)
2017-08-13 22:27:15
ご無沙汰しておりました。
一時は絶望感のあまり、試合のリプレイを見る気すら起きない状況だったのでコメントを自粛しておりましたが、このところは勝敗に関係なく奨吾の打撃に一喜一憂する楽しみがあり、また伊東監督辞任のニュースが飛び込みましたので久しぶりにコメントさせていただきます。
来季監督が代わってチームに期待できることのひとつに、打撃指導の改善が挙げられます。
伊東打法との決別です。
誰が監督につくかはまだ分かりませんが、もし井口新監督だとしたら、金森打法の復権が部分的にあるのかなとにらんでいます。
いずれにせよ、ウチの場合監督就任1年目は「監督交代ブースト」がはたらいて成績が上昇する傾向にあるので、楽しみではありますね。
おつかれさまでした (jun)
2017-08-13 22:59:51
ついこないだ続投の話してたはずなのに、今度は180°反対の流れになりましたね…苦笑
これだけの成績だから、誰かしらが責任取らなきゃ収まりつかないですよ。その意味で辞任は妥当な結果かと…。

総括はまた追々でしょうが、個人的には伊東さんは及第点です(今年あるからギリギリスレスレだけど)。
「ポスト里崎」これが当時の第一の課題だったわけで、少なくとも田村が形になりつつあるだけで、まぁ最低限かなと。
だって、放っておいたら、金澤・雅彦のポロポロこんび2世しかでなかったですよ。パスボールの心配なく野球の形になっただけで、最低限オッケーです(ハードル限りなく低いけどw)。

この5年を見ていて思ったのは、一番の元凶は親会社とフロントでしょう。もちろん、現場がもっと上手くやる方法はあったでしょうが、楽天・バンクを見ると、過去の延長線上とは明らかに違う次元の争いしてる中、親会社が数十年前の水準でも物足りない程度じゃ、誰がやっても2位がせいぜいでしょう。
次期監督人事もそうですが、その前に親会社変えなきゃ数年後に同じ結論になっちゃうだろうなぁと思います。

さきほど、マリンフェスタ帰りの親子とエレベーターで一緒になって。
親「今度xxx日の試合行く?」
弟「やだよ、どうせ負けでしょ」
兄「いやでも、先発則本だろうから、それだけでも見る価値あるよ」
地元のファンにこう言わせちゃうのは、本当に罪深いよ、ロッテのみなさん!!!!
Unknown (はにゃない)
2017-08-13 23:07:31
ま、責任がどうのとかいう筋論以前に、伊東氏としては「嫌になった」「いい加減にめんどくさい」という感じなんだろうなぁと、勝手に想像。
井口って、ロッテの監督なんてやる気あるんすかね。
今季ワースト№1の敗戦 (ちょろ)
2017-08-14 00:12:42
伊東監督がついに辞任宣言しましたね~。背景にややブレを感じさせますが、とりあえず、今季は最後まで責任をもって采配してくれればいいと思う。
ま~、こんな状況で後任を任せるのは酷だったでしょうし、自身の通算負け越しになっても最後までやるべき。

ただ、その辞任宣言したのは試合前だというのに、試合結果は今季を象徴するオンパレードでしたな。

正直、残りの試合を待たずして個人的なワースト№1の試合と認定しますよw
今年は色んな不甲斐ない試合も多いけど、今日ほど、ファンを落胆させる試合はない。
応援の方でも最近はかなり不評が相次いでるし、ロッテを取り巻く色んな方面で悪循環を起こしているそんな現状に思いますな。

球団ワーストタイの借金35になって、いよいよワースト更新も風前の灯火だし、色んな意味で悪い印象の日です。

それでも阿部の2000本安打達成のおかげで一面で掲載される事はなさそうだし、そんなに注目も浴びないかもw
とりあえず、来年がどうなるかわかりませんが、少しでも改善してほしいですな。
正直、劇的なくらい革命を起こさないと改善は難しいけど。
Unknown (ハムサン)
2017-08-14 03:19:07
伊東監督、5年間お疲れ様でした。
5年間でAクラス3回ですから、戦力的に乏しいチームとしては、上出来の戦績といえるでしょう。
恐らく、常勝西武や日本代表のヘッドコーチのような強い大人のチームであれば、非常に有能な指揮官だったのかもしれません。
ただ、ロッテのようにこれから世代交代を図る若いチームの指揮官としては少々残念な結果と言わざるを得ませんでした。チームの勝利と選手の育成の両方を考えた場合、前者を優先しすぎたきらいがあるからです。
ただ、加藤翔平のように伊東監督にチャンスを与えられ意気に感じてブレイクしつつある選手もいるので、そこは評価したいところです。

次の指揮官には、賛否はありましたが、西岡、今江らが出てきたボビーのときのような、これぞと思う選手の育成をお願いしたいです。

今日も二木は良かったですね。益田は変にコントロールがいいから球がそろっちゃうと打たれますね。まあ、田村の攻守に精彩を欠いたプレーも原因のひとつですが。それにしても、内と西野は今どうなっているんですかね。
残り試合 (寿限無)
2017-08-14 17:07:07
休養は無しですか・・・・
今後、来期を見据えた采配をしてくれるわけではないですよねぇ(苦笑)
まあ、選手個々は自分の成績を重要視して、けがの無いようにと言いたいです。
一部投手の酷使だけはしてほしくないですけどねぇ。
うちは、将来を見据えたドラフトや選手補強をしないので、一軍で使って伸ばしたいという選手が少ないのですけど・・・・
来季は井口なんて記事も見ますけど、引き受けますかね?今の状態で。
将来的に井口はアリだと思いますけど、来季は違う気がします。二軍監督なりコーチならいいと思いますけどねぇ。
まあ、フロントの考え方が長期的ビジョンやチームを強くしようという気持ちがあまり見えてこない感じがする。なんだかんだ言っても、集客するなら強くならないと・・・
本気でやれば楽天のようになれると思うんですけど。楽天だって上下動は激しいけど、着実に強くなっている感じがする。ロッテはその年限りって感じ。たまたま調子がよかっただけって感じですかね。
残りの試合をどう戦ってくれるか・・・・
>大垣のロッテファンさん (ポンタ)
2017-08-14 21:24:38
コメントありがとうございます!

本当になんだったんでしょうね。結局,櫛の歯が欠けるように,一時期の短い強い時代を知る選手が去っていき,新しい選手は,ルーキー時がピークというようで,どんどんと衰退していったというのが正直なところですね。今から思えば,就任1年目から中5日の特攻ローテとかやっていて,本来がすりつぶすタイプの監督だったんだなあとしみじみと思います。

本当に1度でも優勝してればねえ。ただ,ファンも含めて,3位になれば良しという風潮が蔓延しているのは本当に問題だと思います。優勝できる戦力を作れなければ,素直にフロントを批判する,そういうある意味,向いてない(笑)姿勢がファンにも求められていくのかもしれませんね。
>たまさん (ポンタ)
2017-08-14 21:27:51
コメントありがとうございます!

なるほど,最近お見かけしないと思ったら,そういうことでしたか・・・。たしかに,コメントするのもアホらしいような試合が続いていましたからね。

その中で,奨吾・翔平が一皮むけつつあるのは嬉しいことですね。間違いなく打撃に関する姿勢は,変わると思います。個人的には,詰まり打ちという金森打法が統一球後の野球にフィットするのかは疑問もあるんですが,基本は,「強く打つ」ということを徹底してくれる方ですからね。とにかくしばらくはアレコレ楽しい想像に浸れそうなので,あんまり深刻にならずに見ていきたいところですね!
>junさん (ポンタ)
2017-08-14 21:30:09
コメントありがとうございます!

まあ,本当に,まずはお疲れ様ですね。個人的には,及第点でもないんですが,本来,もっと厳しい現実に直面すべきところを,3回にわたってAクラスというプレゼントをくれたことには感謝したいと思います。

タムは,私は,個人的には,伊東さんよりも,サトの推しがあったからだと思ってますが(笑)

しかし,ファンに行くのを迷わせる,あるいは相手チームにしか楽しみがないというのは相当問題ですよね。よく言われることですが,まずは,毎日試合に出る可能性の高い,野手のスターを作る,あるいは買ってくるべくフロントには努力してほしいところですね。もちろん,新しいフロントでかまわないわけですが,自分としては(笑)

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL