意志のなかにいる

トラバ・リンク・コメントあるようでしたらお気兼ねなく、記事に関連があるのが望ましいですね。

父さんの会社、倒産しちゃった♡ (アニメ感想)

2016-10-18 21:01:50 | アニメーション雑感2016 Q4






3月のライオン 第2話  あかり/橋の向こう △++







「水」が好もしいので「酒」で非道い目にあうのが対照的よな
まあそもそも未成年に酒かっくらわせるのがそもそもイカン
ただそこで「出会い」があったのも事実で、そういう「ギリギリ」
のとこでいい方にころがるのが「人生」の味わいとでもいおうか
ちゅーかこんな店があったら通い詰めになってしまいそうだがw
「むこう」行くと「勝負師」でなくてよくなるんで
なんかいろいろと賑やかな姉妹の家に行くことになる
まあ実にうらやましい状態のようにも見えるけど
お互いに「両親がいない」とかキズがあって、そのあたりの重しが
ハナシを微妙に「ハーレム」的なものから距離をとっているものと
おもうところもある、調度「フルムーン」の狂気ではなく
「三日月」ぐらいのよい味わいだ。











ViVid Strike! 第3話  挑戦 △+








天下布武







そうっすねえ「強さ」で何か「理不尽」を変えようとすると
「王者」ぐらいにならないと、無理かもしれんね
そうして実際になってしまったら「捨てろ」ゆーても無理やろなあ
とまあそのあたりの「動機づけ」をきっちりやるのがらしい。
そしてその動機とはある意味「無関係」の前作の主要キャラが
どう関わってくるかってことやね、強いし、無下にはできないし
今回のワイルド主人公が途中で前回のヴィヴィさんを倒して
って感じになりそうだね、そのためのトレーニング・デイだ。
ナカジマさんとしては「才能主義」ってーのは
「ある目的」の為に「才能」と「人生」を玩弄されたモノとして
ゆずれない所があるわなあ。










ブレイブウィッチーズ 第2話  羽ばたけチドリ △++








2話目で「代替わり」しなきゃならんので「無茶は承知」といったところ。
「時間稼ぎ」を務めるのがいちばんよい落としどころだな
この無茶が通るのは姉妹の個性と絆の深さがあるからで
チートのような「魔女」の能力と無謀な初飛行が正当化するわけだ。
まあそういう「攻め」の姿勢ですよね、それがすごいかと
それは当作品が501で「はじめて」はじめた時を想い出すし
あるいは「戦中」というのはそういう神経だったかもと
誇大妄想することもできるかもしれない。










魔法少女育成計画 第3話  バージョンアップのお知らせ! △+!








あなた方にはコロシアイをしてもらいます








「譲渡」という名の「略奪」やね、ひどいけど
これってそれによって数を揃えたりするとどうなるんだろうねえ
まあそもそもルールの前提が酷いからロクなことにならなさそうだ
向こうさんこっちが聞きたいことには答える義理は無さそうだし。
「普通」の神経の持ち主としては「自分が追い落とした人間は死ぬ」
ってなったらブルーも入るわな、そして「略奪者」がいることは
皮肉にもその嫌悪感をある程度やわらげることだろう。
ラ・ピュセルがスノーホワイトを「ナイト」になって護るってのは
個人的な想いと、あとはそういう「役目」を課することによって
この過酷な事態に対応しようとしているようにも見えるね
何かを「守る」ってことは思いのままに略奪することよりも容易で
それゆえにすがりつきたくなる動機にもなる。











灼熱の卓球娘 第3話  好きっ!! △++







こんだけ汗まみれになりながら好き好き言われりゃ
ツンとした心もデレるってーもんよなw
「プレースタイル」を「個性」ととらえて
そして試合の場がすなわち「好感度」を高める舞台になるという
「百合」が少年誌に奇跡的にフィットする場になってるねえ。
もち論、素人目にも「卓球」としての面白みが分かり易く提示されてもいるね
「回転」をあたえて相手の反撃を限定して自分の得意な奴で決めるとか
定番のやり方で、そしてそのあたりを都合良く説明してくれるのもいるし
とにかく「新鮮な方法論」の活きの良さが当作品には溢れてるかとおもう
あと、しろぱんもももぱんもオトコノコとしては評価が高いぞよw


『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新機能は発火機能です (アニ... | トップ | 人にババアと言っていいのは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。