山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

パチンコ屋の前で

2017-06-13 22:54:27 | 日記2017
毎朝通勤するときに、パチンコ屋の前を通る。
すると、いつも5~6人の人が開店を待っている。私が通るのは9時前だけど、9時に開店するとも思えず、10時くらいだと思うので、あれからまた1時間くらい待ち続けるんだろうか?

この頃、その待っている人たちの顔ぶれがいつも同じだということに気付いた。
5~6人いると、1~2人くらいが女性で、そのうちの1人は60代くらいのオバサンで、この人は必ずいる。そして、その人たち同士は顔見知りになっており親しげに話している。

そんなに早く開店前から並ぶっていうのは、玉の出る台をいち早く確保するためなのかな?

毎日毎日、パチンコやって遊んでいるって、いったいどういう人たちなんだ。よくお金が続くもんだ。

待てよ、そう言う人は、パチンコがすごく上手で、むしろそれで儲けているのか。
パチンコのプロって言う人たちなんだろうか?

そう言う人って、世の中の役に立っているのかな?
その人たちが、パチンコで儲けているのだったら、パチンコ屋は儲からないよね。
その人たちが、パチンコで儲けたお金で買い物をすると別のお店の売り上げになるので、社会経済の役には立っているのかな?なんだかわかんないな~

パチンコやって、頭の体操にでもなるのか?玉が出る機械を判別するのは、一種の能力。
釘がどっち向いてるから物理的に玉がどう動いて、穴に入るとか入らないとか、わかるのかな?なんだかな~ 今はそういう機械じゃないのかな?見たことないし・・・。

毎日、朝からパチンコに時間を費やし続けるような人にはなりたくないなあ
なんて思いながら、通り過ぎる。

年金や生活保護をもらっている人たちが、それが入金された日に、さっそくお金を下ろしてパチンコ屋に飛んで行くなどと聞いたことがある。

そういう日は、パチンコ屋の前に並ぶ人が多いのかな?今度見てみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3人分の鰈を | トップ | ラジオはパソコンか車で聴く »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL