山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

記憶は残らず、脂肪が残る

2017-04-05 23:28:06 | 日記2017
毎日、いったい何をしているのだろうか?
やるべきことは全然進まず・・・

そうだ、4月になったから放送大学をやらなくては、と思い、
インターネット配信で講義を聴き始めた。
なんか急に眠くなってきた。
音を出したまま、すぐそばにある布団にもぐりこむ。
横になったまま内容を聞いている。
そのうち、寝てしまった。
起きると講義は終わっている。
いったい、何を話していたんだっけ? 何も覚えていない。
そもそも、布団に入ったのがいけないのだろうけど、
何も記憶がないというのも、あまりにも残念な話。
この頃、何でもそうなのだ。まるでザルである。

仕事で読んでいる書類も、誤字脱字を探しているのだけど、
内容は全く覚えていない。
もし覚えていたら、すごい知識なんだろうけど、
覚えていないのだ。

もしかしたら、読んだことを全く覚えなくなったのは、
この仕事のせいかもしれない。

脳みそは何も蓄えられないのに、
なぜか、身体はどんどん太る。

不思議なのは、寝る前よりも朝起きたときときのほうが体重が多いのだ。
そんなことはあり得ないという。
ネットで検索すると、起きたときに体重が増えたという人は何人も存在している。
でも、みんな否定されている。
科学的にあり得ない、
体重計が壊れていると言われている。
寝る直前と起きた直後に体重を測るのも変だと言われている。

変も何も、本当に増えているのだから仕方がない。
夜中に空気中から成分を採って合成して重くなるものを作っているとしか考えられない。

何もしなくても、脂肪だけは蓄えられるみたいだ。

寝ているだけで肉がつく。

不思議だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このごろの楽しみは・・・ | トップ | 良い会社なんだけど、儲からない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL