山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

スターウォーズ

2017-01-04 22:59:05 | 音楽
今日は、ローグ・ワン スターウォーズを見に行ってきました。
日本語吹き替え版にしました。

普通に楽しめました。

映画が終わったあと、
最後の字幕がすごく長くて、
英語の文字は見てもなかなか読みとれるものでもないなあ~と思いつつ、

ふと、音楽、オーケストラ すごいな~と思い、

耳を傾けていました。

まるで、目の前にオーケストラが見えるようで、
すごい迫力。

エンディングの字幕の長さが気にならなくなり、

オーケストラを聴きに行った気分でした。

映画以外に そんなことに感動したのは初めてです。

そういう楽しみ方もあるものですね。

"The Imperial March" by the Vienna Philharmonic Orchestra (HQ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« “ままどおる”の消費期限 | トップ | 初出勤 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (NA-094)
2017-01-13 03:38:22
本日(もう昨日ですけど)、見てきました。
新作だけに映像の表現力や演出が素晴らしく。
圧倒されました。

本人自ら、黒澤明の映画に感銘を受けたと言っているジョージ・ルーカスは、スターウォーズの各シーンの演出やカットで色々なオマージュを含ませていました。
もちろん、近年のスターウォーズ作品は、ルーカスの手を離れているのですけど。
ローグワンには、”七人の侍”を思わせるような演出もあり。
継承されているものがあるんだな…と感じさせられました。
Unknown (飛鳥)
2017-01-13 15:58:45
そういえば、盲目の僧侶チアルート等、東洋風で印象深かったです。
ロボットが命をかけて闘ったり、感動でした。
なかなか見応えのある映画でした。

スターウォーズは、全作品を見ているわけではなく、すじがよくわからないので、他の作品や以前見た作品も見たくなりました。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL