山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

ヨガ後遺症?

2017-05-13 20:02:30 | 日記2017
昼間ヨガに行き、3時頃帰宅したらなんかすごくかったるくなってきた。普段動かさないスジなどを動かしたからだろうと思った。腕がものすごく重い。眠くもなってきたので昼寝をして、起きたら夜の7時で、外は真っ暗になっていた。

起きると、肩が痛い。いや、おそろしく首肩が凝っている。

民間の筋トレ教室に通っていた数年間は、肩コリはなかったのだが、あれから半年たったら、昔と同じように肩コリになり、それからクビも痛くて頭痛までするようになってしまった。
以前、ケイケイワン症候群というものだったのだが、机に向かってじっとしている仕事がいけないそうだ。

その肩コリが、ヨガをやって寝て起きたらひどくなっているとはどういうことか?
ヨガの中には、肩コリに良いという動きもあったと思ったが、どちらかというと、無理して力を入れて人と同じ身体の形をまねていたのが大部分だったと思う。

片膝を立て、片手を前に上げて、片足を後ろに上げて、片手と片足で身体を支えているポーズなんて、もうグラグラしないように必死に力を込めたりしていた。この姿勢は以前会社の人も苦しかったと言っていていた。周りの人が涼しい顔をしてやっているのに、もう必死だったと言っていたが、確かにそうで、早く終わってくれ~~~と思ったりした。

腕立て伏せの姿勢も、体重がもろに腕にかかってしまうので腕や肩がきついったらなかった。腕立て伏せは、その辛さから肩コリが悪化したような気がするが、一般には、腕立て伏せは肩コリを治すものだそうだ。いきなりやったからなのかもしれない。

それにしても、パソコンで検索してみると、ヨガには呼吸が重要等と書いてある。それと照らし合わせると、あんまり呼吸なんか考えて動いていなかったと思う。吸いながらとか吐きながらという指示のある動きも中にはあったけど、大部分は呼吸については全く考えないでやっていた。形を同じにすることにこだわって力を入れすぎていたような気がする。

そういえば、以前五十肩になったときに、整形外科のマッサージの先生が、私の場合、身体に力が入るタイプなので、肩や首が凝るのだと言っていたのを思い出す。女性は逆に、ふにゃふにゃの人が多いそうだ。
ヨガをやるときにも、普段以上に力を入れていたような気がする。

格安多人数(先生1人に生徒50人くらい)でやるものだと、結局自己流に人真似をしているだけなので、基本がなっていなかったのかもしれない。
身体をほぐすというよりも固めてしまったのは、何かやり方がおかしかったのかもしれない。

ヨガは体力も使った感じがしないので、筋トレのジムで関節を動かしたり、ランニングマシーンで有酸素運動をして汗をかいたりするほうが、運動をしたという感じはある。

一回やった後の感想としては、とにかく肩と首こりがひどくなった。重い身体を無理して支えたので、変な力が入ったみたいだ。まずは、体重を減らさないとダメかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのヨガ | トップ | 背中のきれいな人に »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-13 21:55:51
飛鳥さんヨガ始めたんだすね。。
私も3年前くらいに始めたころは同じような感じでした。。
余計に』腰が悪くなり1年くらい止めてました。
昨年の11月から再開したのですが、
体調おかしいときは休んでます。
先生のやってることが出来ないときは無理しないでやりません。。
今の私はこれが続いている秘訣かな。
自分で合わないなて思う時は無理しないことですね
楽しんで行けたらいいですね(*^_^*)
Unknown (いちこ)
2017-05-13 21:57:17
ごめんなさい
いちこでした(^-^)
Unknown (飛鳥)
2017-05-13 22:40:49
いちこさん、ヨガ長年やってるんですね。

筋トレもヨガも良いことばかりではないようで、やり過ぎると身体を壊したりもするようですね。
今回のは単発なので、始めたというか、たまたま参加してみたという感じです。
そのほかにも太極拳やアンチエイジング体操等があるようなので、色々参加してみようかなと思ってます。とにかく運動不足なんで何でもいいからやりたいです。
やはり無理をしないのが長続きの秘訣ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL