山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

頭内破裂音と肌の老化

2017-07-01 10:02:25 | 日記2017
リアルタイム解析によると、私のブログで「頭の中でパンという音」という記事がよく読まれている。これは、もう5年も前に書いたものだけど、その後はそれほど起こっていなかった。このときに調べたものによると「頭内爆発音症候群」ということがあるそうだが、私の場合、そんなに巨大な音ではないので「頭内破裂音症候群」としておく。

それが、昨夜、眠ろうとしていたときに、珍しくも連続、パン・・パン・・・パン・・パン・・・パン・パンとしばらく破裂音が頭内で鳴り続けていたのであった。それは、頭中心から少々後ろ側という気がした。頭は別に痛くもなんともない。あ、また鳴った、また鳴ったと繰り返した。そして、その後、普通に眠りに入った。

いつもと違っていたのは、その前にちょっと寝付きが悪かった。というのも、昼寝を数時間もしてしまったからだ。
そして、昼間自分の顔があまりにも老化していることに気付き、なんとかしないと思ってパソコンを開いたとき、リンパマッサージのことが書いてあるサイトを見つけたため、それを思い出して、布団に横になったまま顔のリンパマッサージをしていたのである。

その影響があったのかどうかわからないが、頭内破裂音は、リンパのマッサージ(といっても、適当に顔面をこすったり抑えたりして刺激していただけ)をした後に起こったのであった。

まあ、たぶん、リンパマッサージとは関係ないと思うのですが・・・。

とにかく、もう顔はシワ・たるみ・シミのオンパレードで、たぶん70歳くらいの肌年齢です。女性ホルモンも枯渇し、完全老人肌になってしまいました。
特に最近は化粧品がしみ込まないので、なんの手入れもしていないのと同じようです。
顔に大量の汗をかくので、すぐに拭き取ってしまいます。
おでこには変なブツブツがいっぱいできていますが、角質が毛穴にたまって起こるらしいです。

高齢の方でも、肌がきれいな人は多いのに、50代でこの状態。
なんか、愕然としてしまいますね。

頭内破裂音は、ストレスで起きるなどと書いてあるものもありますが、ストレスが原因ではない可能性も高いです。
しかし、自分にとってストレスといえば、この老化した肌を目の当たりにすることかもしれません。普段は、暗い洗面所で電気を点けて、裸眼で化粧をしているのですが、明るいところで老眼鏡をかけて鏡をみると大ショックです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あじさい | トップ | 洗濯槽洗浄その後 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL