山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

ライブ映像見納め

2017-07-15 00:26:19 | 音楽
放送大学を中断して、そうだ、気晴らしにriceの曲でも聴こうかと思って、you tubeを出していた。
そうしたら、ニコ生ライブの視聴期限が今夜の11時59分までだったことに気づき、最後に後半をもう一度見ておこうと思いついた。これで見納めだ。

後半を見て、それからもう一度好きなところを繰り返す。

今回のライブで、特に好きな曲は、

スケープゴート
影送り
プラズマ
カゴメ
フェイクスター
ネバー
アスタリスク
星に願いを

このあたりである。

スケープゴートは、本当に優しい心の曲だ。CDでは何度も聴いてるけど、有紀さんが歌っている姿は見たことが無かったので感激だ。

このスケープゴートは、間奏が面白い。
CDでマーチだよねと思っていたけど、あっ、エレクトリカルパレードみたいだなと思った。
その間奏と歌がとてもしっくりマッチして引き立っているのだ。

この曲が終わると、「影送り」に移るが、文ちゃんのピアノがとてもきれいなのである。素敵だ。
影送りはyou tubeで聴いて、これも心がキュンとなってしまうとても素敵な曲である。これも実際に歌っている姿が見られて嬉しい。ドラムが刻むリズムもいい感じ。

そのあとは、これまた初めて実際に歌っているのを見ることができた、プラズマとカゴメだ。
CDで聴いて、とても好きな曲である。
有紀さん曰く、サウンドは激しいけど、どう盛り上がっていいかわからない曲だそうだ。
確かに、有紀さんの振りが、なんかかわいくて曲に合わないところがある。
あんまりぴょんぴょんしないほうがいいんじゃないかと思う。
歌は本当にかっこよくて大好きだ。
どう盛り上がっていいかわからなくても、今後もどんどん演奏してもらいたい。

フェイクスターみたいに歌えばいいんじゃないかな?

ネバーは、バイオリンのところは文ちゃんがキーボードで奏でていたようだ。
間奏のドラムがすばらしい。
ヒロさんの歌のハモりはどの歌もすばらしい。ライブを見るとヒロさんの歌での存在感も感じる。
「星に願いを」もそうである。夢次さんのギターも良い。
ベースはジュンさんという人だった。メンバーみんないい。

男性3人はジンベイや浴衣。
有紀さんはポニーテールが似合うが、サムライのようにも見える。
和服は女性に限らず男性もかっこイイもんだ。
やっぱり日本人だからか。
襟の合わせが粋で色っぽくなる。有紀さんのジンベイは汗でぬれている。
ヒマワリ・フラクタル・コバルトのときに、有紀さんがギターを弾いていたが、それがまたかっこよかった。

約2時間で一旦終了となり、退場したが、すぐにアンコールがかかる。
実際、楽屋で休む間もないはず。
ものの5分もしないうちに、黄色いT花模様のTシャツに着替えて出てきた。
あのTシャツ欲しい。
下がジンベエのズボンで、上がTシャツという軽装で演奏。

有紀さんのトークはいいな。
顔の表情が、何年も前のいろんな場面の表情を垣間見せる。ラファエルだった10代の頃の顔つきや口調を思い起こすこともあれば、最近の面影を思い出すこともある。
やっぱり同じ人なんだなあと思う。

この人は、確かにオーラがあるし才能があるだろう。
華月さんとは違うにきまってるけど、この人にはこの人のものがある。
そして、基本的に、きれいだと思う。
ボーカルとして、姿がきれいだ。顔がきれいだ。声もきれいだ。
音楽を作る才能もあるのだ。

次のシングル。そしてアルバムができるのを楽しみにしたい。

みんなにとって1番のボーカルで居てください。
もちろんヒロさんのドラムと合わせて、この2人がいいのだ。

明るい日と書いて、明日。
みんなにも明日が必ず来る。

私も頑張ろうと思った。

ニコ生のタイムシフト視聴は、0時ちょうどに切断しちゃった。

でも、3回くらい見たからいいかな。
ライブに行けなくてもこれがみられてよかった。

でも、今度はきっと現地に行きたい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気を取り直し | トップ | 頂上に登ったことはありません »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL