山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

ボディーパンプ

2017-08-05 21:20:16 | 運動
今日は、ボディーパンプというものをやってみた。

ボディーパンプ(BODYPUMP)とは、wikiによれば、
「レスミルズプログラムの一種で、バーベルを使用し、低負荷高回数のウエイトトレーニングを行う有酸素運動を主体としたスタジオレッスンプログラムである。」と書いてある。

会場全体にバーベルを持った人々が立ち並んでいて驚いた。バーベルってそんなにたくさんあるものなのだ。棒の両側に重りを装着できるようになっていて、そういうの初めて見た。

一番軽い重りを着けてやってみたけど、とても重い。腕の筋肉が足りない。バーベルを持って立っているだけで、その重さが足にもかかってくるので、なかなか大変だ。

70代の人もいてびっくりする。みんなすごい筋肉があるんだなあと思う。重りもすごく重いのをいくつも使っている人が多い。

音楽に合わせて腕を上げたり、いろいろな動きをするのだけど、バーベルを持たずに自分の腕を上げるだけでも筋肉が疲れ果てて辛い。
太っているので、バーベルを持っているのと同じくらいの贅肉の重さなのかもしれない。

膝に重さがかかるのがちょっと不安になった。膝関節が悪くなりそうだ。
でも、筋肉トレーニングになるので、骨格筋率を上げるのに役立つかもしれない。筋肉が増えれば、身体が重く感じないようになるかもしれない。

これが好きか嫌いか、微妙なところなのだが、ズンバやメガダンスに比べたらやっていけそうだ。

人に教えられた通りに、重い重りと軽い重りを持ってきたけど、重いのなんか全然持ちあげられないので、今後やるとしたら一番軽いのしか使わないようにしようと思う。


こんな感じです。↓

ボディパンプ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱中症対策 | トップ | 左肩腕背中が痛い »

コメントを投稿

運動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL