山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

物の置き方

2017-05-19 14:47:20 | 日記2017
仕事で、日用品の整理整頓はパートタイマーのおばさんの仕事の1つになっている。それは、そもそも誰の担当というわけではないが、自然の流れでそうなっている。

ある場所に、ある容器があり、その中に物体A・B・Cを横に並べて入れている。物体A・Bは細かいものである。特にBは薄いものが束になっているので、さらにそれ専用の四角い容器に入れているのである。そうすると仕切りなるので、Aもせき止められている。

この3分割法が、私の整理の仕方なのだが、ちょっと放置しておくと、物体Bが四角い容器から取りだされて物体Cの横に嵌めこまれているのである。
そして、四角い容器は向きを変えて幅のある仕切りのように使われている。4分割法になっている。

こうなると、隙間は無く、見た目はきれいかもしれないのだが、物体Cを取りだすときに、物体Bが一緒に飛び出てきてしまうのである。だからCの出し入れがしにくい。
いちいちBが飛び出ないように抑えておいて、Cを出し、入れるときもまたBを手で寄せて押えておいてCを戻さないといけないのだ。

それで、元通りの方法に変更するが、また翌日になると物体BがCの隣に嵌めこまれて、Bの入っていた容器が仕切りになっているのであった。おそらくそれをやっている人は、日常的にCを取りだすことが無い人なのだろうと思う。

そんなことを繰り返し、これはそのように変更している人にも、何かそれなりの理由があって、絶対にそういう収納の仕方にしたいんだろうなあと思うのだけど、それをしている人が誰かもわからないので、理由を聞いたりこちらの都合を伝えたりする機会もなく、その収納方法の戦いは続くのであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれもこれもできない | トップ | 「ナタリー・シュトゥッツマ... »

コメントを投稿

日記2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL