goo

Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -ボケ味-


一般的に、センサーサイズが大きいほどボケの量が豊かになります。そしてまた、
レンズのF値が明るいほどボケの量が豊かになります。では、フルサイズの1/4
ほどの面積しかない大きさのフォーサーズセンサーに、明るいレンズを組み
合わせた時のボケ具合とは?

DMC-LX100が搭載している本体一体型のレンズ、F1.7 LEICA DC
VARIO-SUMMILUX。F1.7スタートという驚異の明るさを誇るズームレンズ
ですが、このレンズと、DMC-LX100の4/3型MOSセンサーとの
コンビネーションが生み出すボケ味を試すため、早速撮影開始!

距離に比例したボケ具合を段階的に見極めようと選んだ被写体は、法隆寺の
東側の通り沿いの長い土塀。手前から奥までずらりと並ぶ三つ巴紋の軒丸瓦の
一番手前にピントを合わせ、絞りはF3.2で撮影。3番目から奥にかけて、
極自然に柔らかく背景に溶けていくのが分かります。

APS-Cよりも一回り小さなフォーサーズ規格のセンサーなので、どれくらい
綺麗なボケを見せてくれるのだろう?と思っていましたが、ご覧の通り、
予想を超える立体感。合焦箇所の質感もなかなかです。コンパクトデジカメ
とは思えない、一段上の上質なタッチを表現してくれました!
-------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 北向き地蔵桜   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。