goo

SONY MDR-1A レビュー


5万円台から10万円を超える、目も眩むような価格のハイエンド・ヘッドホン。その
トップクラス一歩手前、2万円台という手に届く価格帯で登場し、ミドルハイクラス
の中でも群を抜くコスパの良さで高い評価を受けた、広帯域再生ハイレゾ対応
ヘッドホン、MDR-1R(現在はディスコン)。その後継機として新たに登場したのが、
MDR-1シリーズの中核となるヘッドホン、MDR-1A。

発売開始は2014年11月なので、すでに登場から2年以上が経過したヘッドホンですが、
未だその人気は衰えていません。ノイズキャンセリング、ワイヤレス、DAC搭載など、
自社や他社から様々なタイプのヘッドホンが登場する中、現在も好調なセールスを
続けているその秘密とは?

評価を受けているポイントは、もちろんその音質。2万円台とは思えない本格的な
音を表現し、エレクトロニクス・ミュージックを中心に、様々なジャンルの音楽で
オールマイティに音を鳴らし、マイナスポイントが見当たらない出来の良さ。
加えて、”THE・ヘッドホン。”とも言える、王道を行くしっかりとした製品作りと
デザインが、今も続くロングヒットを生んでいる要素でもあります。

先日、ソフマップで偶然、非常に程度の良い中古のMDR-1Aを見つけ、試聴させて
もらいました。すると、噂通りのストレートでノーマル(いい意味で)な音。きっと
長く付き合えるのでは?と思い、ふとプライスを見ると、なんと1万4900円という
破格の値段!迷わず速攻で購入しました!

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)はNW-WM1Aを使用。
MDR-1Aのレビュー、始めます。
--------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« FUJIFILM GFX 50S PENTAX KP »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。