goo

SONY MDR-1A レビュー −バランス接続−


大口径のドライバーユニットやアルミニウムコートLCP振動板など、音を再現するため
の骨格がしっかりしているMDR-1A。素の音だけでも十分に上質感を味わえるのですが、
製品に付属しているヘッドホンケーブル(アンバランス接続)を、別売のバランス接続
対応のものにリケーブルすると、その音場が広がり、音の粒立ちが段違い!グラウンド
分離構造で設計されているため、バランス接続で音はよりグレードアップするのです。

そのMDR-1Aはケーブル構成がユニーク。ヘッドホン本体から出ている端子口は、L側
からのみの片出しスタイル。バランス接続させても、L、Rのハウジングから二本の
ケーブルをブラブラと垂らさなくてもいい片出しスタイルを実現!これはスマートで
画期的です!

MDR-1Aで使える、バランス接続対応の純正別売ケーブルは、MUC-S20BL1と
MUC-S12SB1。私が購入したのは、普段愛用しているDAP(デジタル・オーディオ・
プレーヤー) NW-WM1Aと相性ピッタリで、ポータブルアンプを介さずにバランス
接続が楽しめる、MUC-S12SB1。KIMBER KABLE社との共同開発で8芯Braid構造
の、迫力たっぷりのバランスケーブル。

さて、リケーブルで劇的に変わったMDR-1Aの音について、次回詳しくレビューします!
----------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Canon EOS 9000D B&O Beoplay H4 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。