goo

SONY α6000 レビュー -高感度性能-


α6000のイメージセンサー、”Exmor”APS HD CMOSセンサーの進化のポイントの
一つに、高感度性能が挙げられます。ソニーが誇るこの自社製メージセンサーは、
ギャップレスオンチップレンズ構造を採用。センサーへの集光効率を飛躍的に高め、
高画質化を実現しています。

それでは暗い場所で、どれほどの高感度性能があるのか、ローキーなシーンで試して
みました。写真は奈良 白毫寺にて。境内の東側に作られた「石佛の路」に立ち並ぶ、
小さな石仏たちを被写体に選びました。日陰で薄暗い環境の中、手持ちで撮影。

さていかがでしょう、この苔の質感。直接光の届かない日陰の中、この色彩の見事な
描き分け。“Exmor”APS HD CMOSセンサーが持っている、素養の高さを実感せざる
を得ません。注目は、一番手前の石仏。その手触り感と表面温度が直に伝わってくるか
のような、グッとくるリアルさ。思わず唸るその性能の高さに、やっぱりα6000を
選んで良かった!としみじみ思うのです。
---------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« BEAMS JAPAN ... GINZA SIX 草... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。