goo

京都 東寺 五重塔と桜


季節は春。毎年4月を過ぎる頃、京都の町は全域桜色に染まります。洛北から洛南、
洛外に亘って桜の見頃の時期は少々異なりますが、先週末、満開を迎えたお寺の一つ
が京都を代表する、東寺。これまで東寺では、満開の桜を見たことはなかったので、
これを機会にと出かけて行きました。

東寺といえば不二桜(ふじざくら)。境内北側の拝観入口を通り、まず初めに目の前
に見える大きな桜がそれ。こんなに立派な桜が境内にあったっけ?と記憶を探って
いましたがこの桜、弘法大師の帰朝1200年にあたる平成18年に移された新しいもの。
なるほど知らない訳です。

雄大な不二桜の姿を眺めた後、そのまま真っ直ぐに五重塔へと向かいます。すると
徐々に境内の桜の花の密度が増してきます。やがて桜の森を抜けて五重塔へ。塔の
周囲を取り囲むソメイヨシノを見れば、開花の真っ盛り。小さな小手毬のような花を
付けた沢山の桜が、まるで五重塔をお祝いしているかのよう。写真の桜も、溢れん
ばかりの咲き姿で私を出迎えてくれました!
--------------------------------------
>>> 古都、京都の雪月花。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Sony α9(ILCE... Panasonic LUM... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。