goo

世界遺産 元興寺の古代瓦


千年前、というと一体どんな頃でしょう。「十色(1016:といろ)に輝く摂政道長」。
1016年は、藤原道長が摂政となった平安の時代です。では1400年前は?聖徳太子が
小野妹子を遣隋使に遣わしたり、法隆寺を建立した頃。西暦616年は飛鳥時代です。
そんな遥か古(いにしえ)の時代に作られた瓦が、なんと、奈良 元興寺では今も
現役でお堂の屋根の上に使われているのです!1400年という遥かな時を時間に
換算すると、12,264,000時間。天文学的な数字が並びます。

世界遺産 元興寺境内にある、国宝の極楽堂と禅室。その屋根の上の一部に敷かれ
ている瓦が飛鳥時代に作られた瓦。1400年もの間風雨に晒され、太陽の紫外線を
浴び続け、それでもなお本堂の屋根を守り続けてきた古代瓦。例えば、1400年
という遥かな時を時間に換算してみると、なんと12,264,000時間。天文学的な数字
が並びます。この信じがたい奇跡の瓦を、現在間近で目にすることができました。

9月17日まで、「ちょこっと関西歴史たび」と銘打った観光キャンペーンの一環
として、特設の足場を登って屋根と同じ高さから、この古代瓦を眼の前で見ること
ができたのです。写真手前が禅室、奥が極楽堂。両屋根の上に敷かれた、様々な
色に変色してくすんだ瓦がそれです。飛鳥、奈良、平安、鎌倉と、様々な年代の
瓦が隣り合って屋根を守っている様を目の当たりにした時、その無言の重みと迫力、
深く静かに、心に染み入りました。
---------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Canon EOS M5 OLYMPUS PEN E... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。