goo

SONY α6000 レビュー -操作性-


革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル ナビ)”を搭載した
かつての名機、NEX-7を彷彿させる天面操作部。ファインダーから目を離すことなく、
2つのダイヤルを親指で直感的に各設定をコントロールすることができる革新的な
インターフェースが、α6000で復活。カメラ任せではなく、写欲に従った自分の
意思を、機器に確実に伝えるアナログ感が堪りません。

あの”Tri-Dial Navi”がついに!と思って使い始めましたが、実際は2つのダイヤルに
割り当てられている設定がNEX-7とは異なるため、最初はなかなか馴染めません
でした。撮影モードに合わせてダイヤル設定が変わるコントロールリングの癖が
なかなか掴みづらく、撮影のテンポが一歩遅れるのです。ようやく操作の癖を
覚えた今では問題ありませんが、Tri-Dial Naviによる操作性のインパクトが
それほど強かったということでしょう。

操作の肝はホイールとダイヤルの組み合わせ。露出の設定はダイヤルで。露出補正
やISO感度設定はまずホイールでモードを切り替えてダイヤルで調整、といった形。
撮影の優先度に従い、手数が最短になるようにレイアウトとインターフェースが
決められています。この操作性はα6300、α6500へと引き継がれ、α6000
シリーズを貫く、新たな歴史を築いています。
--------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Blackboardの... ひまわり畑と母娘 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。