goo

2016 F1 日本GP −マックス・フェルスタッペン−


2016 F1 日本GP、鈴鹿サーキットのレースを制したニコ・ロズベルグに続いて、2位に
つけたのが次世代F1ドライバーの筆頭、マックス・フェルスタッペン。今年のスペインGP
において、ついに史上最年少優勝の記録を塗り替えた、驚異の18歳ドライバー。

最年少優勝記録を打ち立てたドライバーといえば、フェルナンド・アロンソやルイス・
ハミルトン、キミ・ライコネンなど、現役ドライバーでもあり、もちろん錚々たる
メンバー。そして、これまで最も若い最年少優勝ドライバーは、若き天才、セバスチャン・
ベッテル。彼の記録は22歳と73日。マックスが成し遂げた18歳と228日という記録が
いかに型破りであったか、驚きを隠せません。

そんなマックスの逸話といえば、やはり運転免許。17歳でF1デビューを果たした当時、
運転免許の規定年齢に達していなかったため、免許は持っていませんでした。昨年夏、
18歳になると同時に免許を取得し、ようやく公道で運転することが可能に。世界最高峰
のマシンを操る彼に運転技術を教えた教官、一体どんな気持ちだったのでしょうか…。
-----------------------------------------
>>> まち、あち、こち。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2016 F1 日本G... 2016 F1 日本G... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。