goo

SONY α6000 レビュー


巷で数ある、レンズ交換が可能な一眼レフ/一眼ミラーレスの中で、最も多く
使われているのがAPS-Cイメージセンサー搭載モデル。スマホやコンデジを大きく
凌駕する高画質を実現しながら価格を抑えたモデルが多数ひしめき合う、群雄割拠の
カテゴリー。新しいモデルが数多く登場する中で、発売から3年経った今でも順調に
売れ続けているのが、この SONY α6000。

ロングセラーを続けている大きな理由。それは、■高画質、■高速AF、■小型・軽量
の3つを兼ね備えているから。加えて最も大きな理由がなんといっても手に入れ
やすい価格。現在、価格.comで見ると、レンズキットモデルでなんと6万円切り!
この超高コスパこそ人気の理由!

1インチコンデジで人気のDSC-RX100シリーズ同様、α6000の上にも
α6300、α6500といったシリーズ展開。しかし、ボデイのみの価格で比較すると、
5万円台、7万円台、α6500び至っては12万円台(!!)というように、プライスに
雲泥の差があるのです。

確かに光学式5軸ボディ内手ぶれ補正機構(α6500)は欲しいし、フルマグネシウム
合金ボディ(α6300、α6500)も羨ましいのですが、写真画質に関しては
”ほぼ”同等。ならば、こなれたα6000を手に入れて使い倒したい!と思い、先日
手に入れました。数多くのユーザーが望んでいる機能が惜しみなく投入された人気の
α6000。早速レビュー開始です!
---------------------------------------
>>> 製品レビュー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 上海 夜の豫...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。