ぽれぽれ日記

大泉学園にあるアロマテラピー・サロン
「POLEPOLE」のセラピストによる、
ゆるーい日記(たまーに更新)

「12月~1月 真冬の身体」

2010-12-21 | 身がまま整体
今年は比較的温かい12月ですが、寒暖の差が激しいですよね~

(今日も、セルフで出来る「身がまま整体」を紹介します。)

本来この時季、寒さを逃がさないように、骨盤は縮もうとします。
しかし、昨年に引き続き今年も、

○左側から縮もうとする→冬の反応と
○右側から弛もうとする→春の反応が同時に起きています。

このため、身体はより冷えやすく、頭はよりのぼせやすくなっています。

1.冬の反応への対処→縮もうとしている骨盤底部(特に左側)を弛めましょう

 1.左足の膝を曲げた状態で、
  左内くるぶしを、右手で大きくつかんで軽く外側方向にねじる。

 2.ゆっくり力を抜きながら少し戻して、そのままふわっと包んだまま
  10呼吸ほどキープ。

 骨盤の下の方と、お腹がじんわり温かくなると良い。

 左の内くるぶしは、骨盤底部と同時に冷えて、固くなりやすい。
  冷えの解消や、生理痛や便秘にも有効。

2.春の反応→右側から弛もうとする、のぼせを解消しましょう
 
 1.立て膝の状態で、両手を組んで、手のひらで
  足三里(膝小僧のした右手中指をあてると、手のひらの真ん中あたりが足三里にあたる)を
  ふわっと包みこんでキープ。
  
 2.10呼吸×2~3セットぐらい。
  (手首、肘の力は抜いて行く)

 お腹、腰、背中の上の方が温かくなって、腕と脚のまわりは涼しくなると良い。

 右の足三里は、春の気の発散(頭の興奮をとる)の要となるツボ。
  腰椎4番を弛め、胃腸の働きを活発にしてくれます。

ここ数年の異常気象で、身体も右往左往しているんですね~。
上手に身体を整えて、気持ちよく新年を迎えましょう

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッパ屋「YMO~やっとモテた... | トップ | ゆず酵母 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
栄子の日記 (栄子の日記)
最近感じた事を綴って行く日記です!