新・ことばの画布

心象風景を写真と詩に 夏音(かのん)ワールドへようこそ

サザンを聴きながら

2017-07-23 | 写真と詩と



   平凡な毎日の中で

   雲は確実に夏の雲へと膨らんでいた

   わたしは、あなたとわたしを繋いでいた空を

   見上げながらサザンを聴いていた


    ”四六時中も好きと言って

      夢の中へ連れて行って…”


   消えない記憶は悲しいわけじゃないけれど

   少し切なく今は静かに在るだけ

   ビルに区切られた空は

   青く青く、高く高く


   聴こえるサザンはどこまでも優しい


(c)Kanon

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 山が燃える | トップ | 源流 »
最近の画像もっと見る