ものがたりグループ☆ポランの会 公式ブログ

稽古の様子や出演者について気ままに更新!

十力の金剛石にでてくる石たち 後編

2017年06月28日 | 公演
みなさん、こんにちは。
調べれば調べるほど謎が深まる『十力の金剛石』
何度も読み返して、気が付いたことがりました。

「ルビーよりは金剛石の方がいいよ。僕黄色な金剛石のいいのを持ってるよ。そして今度はもっといいのを取って来るんだよ。ね、金剛石はどこにあるだろうね」
と王子が言います。

ちょっと寄り道 金剛石(ダイヤモンド)のランクキングについて!
ダイヤモンドの価値は、わずかな濁りも許さない無色透明に近いほど希少価値は高くなるといいます。Colorの等級は、無色透明の[D]を最高とし、黄色みを帯びるに従って[Z]まで、全23段階に分けられます。

王子が持っている黄色なダイヤモンドは黄色みを帯びて少し価値が下がるのかな?だからもっといいダイヤモンドを探しにいこうって言ってるのかな?
今まで見逃していたところです。
何故かって・・・・ダイヤモンドは全てが高級なイメージだから!
1000円の価格帯での良し悪しは判断できるけど、100000000円の価格帯での良し悪しの基準が一般人にはわからないのです(笑)

さて、蜂雀に導かれて王子と大臣の子は煌びやかな世界へ入っていきます。


ザッ、ザ、ザ、ザザァザ、ザザァザ、ザザァ、
ふらばふれふれ、ひでりあめ、
トパァス、サファイア、ダイアモンド




出典 宝石百科事典


はちすずめたちが雨のたとえとして歌っています。

「トパァス」黄玉のことで、ガラスの光沢があり色は無色、黄色、褐色、青、ピンクなど多種多様。
流滴形のため、雨粒やあられを表現する言葉として使われています。
「サファイア」鋼玉のことで、一般的には青色透明なもの。星を表現する言葉としてよく使われています。
そういえば銀河鉄道の夜、アルビレオ連星の二つの星はサファイヤとトパーズでした。
「ダイヤモンド」日本語では金剛石とも。宝石としてのダイヤモンドと釈迦の象徴としての金剛石。
十力の金剛石ではダイヤモンドと金剛石の両方が出てきます。
タイトルの「金剛石」は釈迦の象徴として露や宝珠などの意味で使われています。(6/26の記事に掲載)

露や霰のきらめきをイメージした童話はお馴染み「銀河鉄道の夜」

美しいそらの野原の地平線のはてまでその大きなたうもろこしの木がほとんどいちめんに植えられてさやさや風にゆらぎその立派なちゞれた葉のさきからはまるでひるの間にいっぱい日光を吸った金剛石のやうに露がいっぱいについて赤や緑やきらきら燃えて光ってゐるのでした。

今読み返すとあの時とは違った情景が見えます。キラキラっと光るひと粒ひと粒が見える気がする。

いつか語りたいと思いながら全く手がつけられていない「インドラの網」

いつの間にかすっかり夜になってそらはまるですきとほってゐました。素敵に灼きをかけられてよく研かれた鋼鉄製の天の野原に銀 河の水は音なく流れ、
鋼玉の小砂利も光り岸の砂も一つぶづつ数へられたのです。又その桔梗いろの冷たい天盤には金剛石の劈開片や青宝玉の尖った粒やあるひはまるでけむりの草のたねほどの黄水晶のかけらまでごく精巧のピンセットできちんとひろはれきれいにちりばめられそ れはめいめい勝手に呼吸し勝手にぷりぷりふるえました。

なんのこっちゃだった内容が「十力の金剛石」のおかげで少し理解できそうだよ。


りんどうの花は刻まれた天河石と、打ち劈かれた天河石で組み上がり、その葉はなめらかな硅孔雀石でできていました。


天河石は青緑色の石でアマゾナイトともいわれています。
りんどうといえば花巻、花巻ブルーを思い出しますが、天河石はりんどうの色より薄くてイメージと違っていました。
天河石=アマゾストン=アマゾナイトと調べるとマゾナイトは別名「希望の石」 と呼ばれ、明るい希望に満ちたエネルギーを持っているそうです。
理想郷・イーハトーブの花、りんどうの花がアマゾストンでできている、それは明るい希望に満ちたエネルギーを持った石・・・。賢治さん!素敵です!




黄色な草穂はかがやく猫睛石


出典 http://1st.geocities.jp/gemhall2/index.html

いちめんのうめばちそうの花びらはかすかな虹を含む乳色の蛋白石



とうやくの葉は碧玉、そのつぼみは紫水晶の美しいさきを持っていました


出典 Wikipedia

そしてそれらの中でいちばん立派なのは小さな野ばらの木でした。野ばらの枝は茶色の琥珀や紫がかった霰石でみがきあげられ、その実はまっかなルビーでした。


出典 Wikipedia 宝石百科事典

もしその丘をつくる黒土をたずねるならば、それは緑青か瑠璃であったにちがいありません。


出典 Wikipedia 宝石百科事典

ここできました!大仏。
緑青を検索して最初にヒットするのは大仏です。なぜ大仏かというと、緑青とは、銅が酸化することで生成される青緑色の錆である。銅青(どうせい)や銅銹(どうしゅう)ともいう。銅合金の着色に使用されたり、銅板の表面に皮膜を作り内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力がある。(wikiより)とあります。
そして瑠璃は宝石でいうとラピスラズリ。私の年代だと松田聖子さんの瑠璃色の地球~♪を口ずさんでしまいます。美しい地球ですよね。
あと、きれいな海の中も緑青と瑠璃のような気がします。

こんなに美しい世界に住んでいながら私たちはこれ以上に何を求めているのだろう。
今回色々な石を調べていて、関連する仏教やキリスト教の文献に目を通しながらなんとも切ない哀しい気持ちになりました。

賢治さんってすごい。失くしてははいけないものを教えてくれる。
宗教的と言われるかもしれない、説教くさいと言われるかもしれない。だけど私は気づかせてもらってよかったと思う。

ものがたりに戻ります。
この時、二人はあきれてぼんやりと光の雨に打たれて立っています。
りんどうの花はお父さんの所の一等のコップよりも美しいと言い、トパァスがいっぱいに盛ってあると言う。
そして、このトパァスをはんけちへいっぱい持ってこうか。けれど、トパァスよりはダイアモンドの方がいいかなあと言う。

十力の金剛石はまだ来ないのです。

ザッザザ、ザザァザ、ザザァザザザァ、
やまばやめやめ、ひでりあめ
そらは みがいた 土耳古玉。



出典 宝石百科事典


宮沢賢治は晴れ上がった明るい青空の比喩に使うことが多く「土耳古玉」「Turquois」「トウクォイス」「トークォイス」「トルコ玉」「トコイス」「トウコイス」等様々な表現をしています。



現実の世界の戻った時、蒼鷹のように若い二人は、つつましく草の上にひざまずき指を膝に組んでいたのです。


みなさん、十力の金剛石はみつかりましたか?
それは日々変化するものなのかもしれない。
今の十力の金剛石と5年後の十力の金剛石は違うかもしれない。

先日、キャスト全員に「十力の金剛石はみつかりましたか」「あたなの十力の金剛石は何ですか?」ときいてみました。
それをまとめたブログが近々UPされますので、お楽しみに!

長々とお付き合いありがとうございました。
彩木香里でした。

7月23日(日)
ポラン寄席 10:30開演
宮沢賢治イーハトーブ館ホール
入場料:500円
お出入り自由


ポランの会 Twitter
@polan_ginga
HPはこちらから!






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十力の金剛石に出てくる石た... | トップ | はじめての試み スライド »
最近の画像もっと見る

公演」カテゴリの最新記事