健功自然整体院の一期一会

いろいろな出会い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

顎の痛は取れたけど動かす度に音がする・・・

2017年03月10日 15時51分12秒 | 整体
来院された時は何もしてなくても顎が痛かった方ですが、
2回施術した段階で、何もしてないのに痛いというのはなくなりました。
食事も普通に食べれるようになりました。
ただ、あくびをすると痛いという状態。
あと、左の首筋が突っ張って痛い・・
以前に比べたら痛みも和らぎ、あと少しというところまできました。

さあ、動かした時の左顎の音の原因と左首筋の原因は・・・
両方とも左側なので、原因は同じかもですが、音はかれこれ25年前からあるらしく
音までなくせるか・・微妙でした。、
首の痛みの場合、痛みが左側なので原因が左側とは限ら無い。
むしろ、首の痛みの8割は右腕に原因があることが多いのです。
私の経験値からですがね。

今現在この方は一日中パソコンに向き合っておられ、マウスとキーボードは半々との事。
試しに右手の甲の筋肉の張りをとり、指の骨のねじれを修正し、手首や前腕の筋肉の張りをとり、
よく緩めた後で、手の平側と甲側の横ずれを修正しました。
その状態を1分以上保持してから左の首筋や顎の状態を確認していただきました。

『あれ・・痛くない・・音もしない』と驚かれてました。

お子さん抱いたり、一日中パソコン仕事で手が休む暇がないですが生きてくうえで仕方の無い事。
なるべくお風呂で手をマッサージするよう勧めましたが、
小さいお子さんと一緒だとゆっくりできないですもんね~

今のところ3週間ごとにメンテナンスをさせていただいてます。
仕事しながら子育て奮闘中の方、若いからといって無理しては体がもちませんよ。
体にも癒しを・・・
心にも癒しを・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過活動膀胱…チョビもれ

2016年12月05日 16時38分21秒 | 整体
テレビのCMで若い女の人が尿もれを気にしているというのがあります……
結構いるらしいとは聞いてますが、当院に定期的に来院されてる方達にはその症状を訴える方はみえません。

やはり定期的に身体の軸を整え、足の付け根のリンパの詰まりをとり、股関節の筋肉を緩め、バランスを修正して腹部をほぐしていると良いのではないか…
と考えるのであります。

70代の方もみえますが大丈夫ですよ。
もし悩んでいる方がいるのなら、膀胱やその周辺の内臓やリンパを解す事を考えてみてはいかがでしょう。
70代の方が大丈夫なのに、それより若い人がダメだなんておかしいです。

諦めないで薬とは違う方法を考えて頂きたい…
と願うのであります。(*´꒳`*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗な夕日ですが…気になる雲の形

2016年11月02日 16時50分30秒 | Weblog
夕方明るくなったので、外を見たら綺麗な夕焼けでした。見た瞬間ドキっとしました。

この写真を見て嫌な予感がしたんです。
半月ほど前、動画で地震の前に見られる雲というのがあり見ていたところだったんです。
そしたら同じタイプの雲が今目の前にでてるのです。
その動画によると
一面青空のなかにロープのようなスジ雲が1本だけ…とか
青空と一面雲の境界線がハッキリ分かれている…
こういう雲が出る時は磁場の関係で出る…と説明してました。
最近毎日雲が多くて気になり毎日空を見てたので、今日の雲はまさしく動画で説明していたタイプなんです。
何も無いといいですが……


今日は月に2回の研修の日でした。
名古屋の先生のところで、体のメンテナンスしていただきました。
まあ〜出るわ出るわ…
吸取紙の様に良からぬ物を溜め込んでいたようで、咳が出る出る。
早く出すために自分で手でかき出す様にしながら施術を受けてました。
おかげで胸が凄くらくになりました。
最近寝つき悪いし、寝ても直ぐ目が覚めちゃうし、確かにおかしかったんです。

やはり毎日エネルギーの浄化もしないと駄目ですね。
エネルギーの補充は毎日欠かさずやってるのですけどね。
自分の身を守る為にも、施術の技術を磨きながらスビリチュアルな面も磨いていかないとです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの朝日

2016年10月29日 10時17分44秒 | Weblog

久しぶりに朝日が出ておりました。
やはり朝日を浴びると気持ちいいですよね〜

昨日無事に息子がハワイに旅立ちました。
昼過ぎにセントレア出発し、成田経由で夜9時過ぎに出発し、丁度今頃にハワイに着いてるかな。

いいな〜私は今だに海外旅行の経験無し。
息子が先に行きよりましたわ。
心配していた虫垂炎の再燃は起きず、なんとかプレー出来そうでしたが、
本人曰く、右鼠径部になにやらあるのは感じる。
うん⁇……おや⁇……と感じるのはしばしば。との事

私としては現地で無事に過ごす事を願うしかないですね。
体もですが、物を無くすんじゃ無いだろか…とか
財布スリにあうんじゃ無いだろか…とか
こっちの心配の方が先にたってますわ(苦笑)
だいたい合宿とか遠征に行くと必ず、物を忘れてきますから…
今度は何を忘れてくるやら…(^_^;) ははは〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲郡の竹島に行ってきました。

2016年10月16日 23時29分07秒 | Weblog
久々の晴天でしたので娘と蒲郡の竹島に出かけました。
かれこれ35年ぶりですわ〜年月を感じますね〜


竹島の対岸に遥拝所もあり丁度山車が出て祭礼で賑わっておりました。


竹島に到着する少し手前に鳥居があります。


先に進むと


階段があり木漏れ日のなかを登って行きました。

登り切るとまず、宇賀神社があります。

お参りしている人は私ではありません。
後ろ姿なので許して下さいませ〜。

竹島八百富神社の前で法被を着た地元の子供達や大人達が踊っておりました。
弁天の舞とか七福神踊りらしいです。
見てたらシャンシャン音が出る物を持って、パーフェクトヒューマンを踊ってました。ビックリでした。
子供達の人気の曲をチョイスしたのでしょうね。

八大龍神社も参拝して横の道を海に向かって下って行くと竜神の松が有りました。

更に下って行くと

海が見えてきました。
海岸まで降りてきて竜神岬を眺めながら…竜神様いないのかしら…と見上げて見ました…

この竜神岬から海に向かって立つと沖の島がみえます。

何でしょう…風も強いし…海からのパワーをダイレクトに身体に感じました。

やまを登ってご神気をいただくのも良いですが、海からのパワーもなかなかいいですね。
息子の病院通いで疲れ果てていたので、なにか取ってもらえたのか、帰ってきてから凄く元気になってました。

片道1時間程なのでまた行きたいです。
今度は平日に行きたいですね(*^_^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫垂炎の治療終了〜

2016年10月15日 17時18分52秒 | Weblog
10月14日の血液検査の結果、炎症反応の数値CRPが1になったので、治療はこれで終わりにします。
再燃するかどうかは運次第だね。と言われました。
連日の通院で疲れ果ててましたので、これで一段落なのは嬉しいけど…
ハワイに出発前に再燃しなければいいけど…いちまつの不安がよぎりました。神の味噌汁ですな(^_^;)

10時前には会計も終え薬も受け取り時間かあったので、帰り道のとちゅうにある喫茶店にモーニングに立ち寄りました。
A市K病院近くのモアイ像がデ〜ンと立ってるところよ。店の名前は…ドルフィンでしたかね。


車も直ぐ停めれたし、中も騒がしく無くて良かったです。

息子とモーニングするのも次回はいつのことやら…
ひょっとして……いかんいかん。
余計な事は思わない事にしときましょう。

今回の通院騒ぎで思ったのは、23号線の登り口周辺の道路の混み具合がハンパ無い。
世のお父様お母様方、毎朝大渋滞の中のご出勤ご苦労様です。
毎日毎日…大変ですね〜ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子の虫垂炎のその後

2016年10月11日 13時23分31秒 | Weblog
虫垂炎と診断され毎日抗生剤の点滴をし始めてから6日目、この3連休の間も毎日病院に行き点滴を受けてました。
体温を測ると37.5度だったのが37度まで下がり、当初車椅子で移動してたのが北京原人風歩行になり、今は人間らしくなんとか歩ける様になりました。
ただ、熱が下がりきってないので安心はできません。
炎症反応を示すCRP(正常値0.00〜0.29)が7から5に下がり、まだまだ高いですが下がり傾向が現れてきました。
白血球(正常値4.5〜9.0 ×10^3/μ)が14.0から7.4と正常値の範囲内に入ってきました。
後は再燃せず終息して行くことを願うばかりです。

いろんな人がブログで宇宙人は手をかざして治すんだと書いてます。そんな事が出来たら素晴らしいですよね〜
こんな時は藁をもすがる思いで何でもやってみたくなりますよね。
普段からエネルギー治療は試みてるので、物は試しで虫垂炎の膿を取る様にやってみたのです。
やるだけやって本人には何も言わなかったのです。
そしたら翌朝起き上がる時に、『お〜楽だわ〜、全然違うわ〜』と呟いておりました。
私は心の中で…ほほ〜それなりに効いたかな…とにんまり(*^^*)
まあ自己満足ですが、なんでも効けばいいのよ、この際ね。
この日を境に便も形のある物が出る様になり、食欲も肉を食べたいと言う様になりました。

11日の病院の後、どうしても大学に行かねばならず悩んでおりました。
やっとこ歩けるようになったばかりの子を電車で行けとも言えず、結局大学まで送る事にしました。
途中昼でも食べるか…と話しながら。
そしたら肉が食いて〜食いて〜と言い出したと思いきや、牛タン定食の看板に敏感に反応して、其処に入れ入れと指指し命令ですよ。
最近まともに食べてないからまあいいか…と入りました。
きゃつは牛タンモリモリ定食を、私はビビンバのハーフを頼み周りをキョロキョロ見てたら見つけちゃったんです。
皆さん知ってますか?『クレミア』というソフトクリームを?
すんごくおいすい〜〜のですよ。
私は乳製品は駄目ですが、これはいいのですよ。腰も痛くならないし、下痢もしないの。
私にとっては貴重なアイスなんです。
お値段は少々お高めで¥500ですがとにかく美味しいから注文しようとしたら…
きゃつが…俺も…と
ムムム…お前もか…まあ〜病みあがりならぬ病み途中だが、エネルギー補充にいいかと2人して食べました。


きゃつも…『これは美味い』と…これはお勧めですよ〜

朝の7時から病院に行き大学をまわり、結局16時に帰宅。この1週間の疲れが出てダウンして寝ました。

まだ完治した訳ではないので病院通いは続きます。

最後に言いたいのは…
エネルギー治療はそれなりに効果は出る‼︎

今、緑内障の方にも試みてるのですが、夜の運転が怖かったそうですが、今はハッキリ、クッキリ見える様になったそうです。
点眼薬で進行を遅くするしか手立てが無いそうなので、これで進行が止まったら凄い事だと…
上手くいくといいですね〜(*^^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子が虫垂炎に…

2016年10月07日 14時41分56秒 | Weblog
息子は大学でラクロスをやっておりまして、バイトもせんと部活ばっかやって〜、コンニャロ〜‼︎
とは思ってますが、それなりに頑張っているので応援してます。
東海ユース選抜チームになんとか残り、10月末にはハワイ遠征で海外のチームと対戦したり合同練習が出来ると楽しみにしておりました。
まあ対戦だけではないとは思いますがね。

その息子が体調が怪しくなったのは約2週間程前からで、練習で身体をねじってショットを打った時、
右腹部がビリッっと裂けたような激しい痛みがでてからなんです。
最初は鼠径ヘルニアかな…と思い腹部を圧迫して様子みてました。部活を休み運動しなければ痛みも無く、
そろそろいいかなと少し練習し出したら、また激しい痛みに襲われました。それが最初の痛みの1週間後。
その時は腹部全体が痛くて前かがみになり歩くのもやっと。
これはもう駄目だ…病院に行かないと…
この時私は、もう筋肉の問題ではなく内臓の問題だと思い胃腸科専門病院を目指そうと調べたら午後休診。
仕方なく近くの外科を受診しました。
診断は筋挫傷だとロキソニンの塗り薬………え〜本当かなぁ????とは思いましたが、本人も楽になって来たと申すので、とりあえず様子見る事に。

その4日後、再度腹部に痛みを訴えるため、別の病院に行き受付の所で状況を説明し、何科を受診するのか聞いたのです。
聞いた私が間違いだったのかもしれないですが、整形外科を受診するよう言われました。
診断結果は前回と同じ筋挫傷。
またか〜なんでCTとか検査してくれないんやろ〜と思いつつも、本人がまた少し楽になったと申すので、またまた様子見る事に。

そして3日後、息子からむっちゃんこ腹が痛い。歩けんから駅に迎えに来てくれとラインが来ました。
あ〜これはもうあかん。
そうそうに仕事を切り上げ、頭の中では何処の病院に行こうかな…と
最初から行こうとしていた胃腸科専門病院を検索したらまたも午後休診……まいりました。またか〜

地元の総合病院に電話したら研修医が応急処置は致しますとの事。昔研修医で散々な目にあってるので悩み悩んで、地元の総合病院はやめました。
いちがばちかで2度目にいった病院の胃腸科を目指しました。
どうか熟練のお医者さんに当たりますように…と神頼みしながら向かいました。
今度は良かった。
問診の看護師さんから違った。丁寧に話を聞いてくれて直ぐに血液検査と腹部CTを実施。

なんでもっと早く病院に来なかったんだとお叱りをうけましたが、私も放置していたわけではないので、いやいや今日で3度目です。此方の整形外科にも3日前に受診してます。状態も詳しく説明してます。と反論しちゃいました。
心の中では、素人の私が内臓系だと気づくのに、ボンクラ医師のせいでこうなったんだ〜と叫んでおりましたが、流石に口には出せないですよね〜(~_~;)

胃腸科の医師から、何やらモヤモヤとあるので、造影剤を投与してのCTをした方がいいからと、この辺りでは一番良いとされてる総合病院に紹介状を頂き向かいました。
この時既に夜の7時。
車の中で、きっと手術だよ、切腹じゃ〜と話してたら、本人はすぐさまネット検索。
記事を読みながら、
え〜毛を剃るの〜!(◎_◎;)
え〜カテーテル入れるの!(◎_◎;)
え〜浣腸するの〜!(◎_◎;)
絶対にやだ〜〜〜と意気消沈…

40分ほどで到着し、医師から直接電話をして頂いていたので直ぐに診ていただきました。
すぐさま採血。造影剤の点滴しCT。レントゲン。心電図。まるで手術準備のような検査が続きました。
いよいよ切腹だねと点滴受けながらまってましたら、外科の医師からの説明があり、結果は虫垂炎です。即入院し明日切りましょう。との事でした。

やはりか…私は切った方が安心なので受け入れてたのですが、息子は唇震わせて狼狽えてたので、最後の悪あがきで3週間後のラクロスのハワイ遠征の話をしてみました。

流石に医師も困惑してましたが、一旦抗生剤の点滴をしてどの程度炎症反応が変化するか見てから決める事で本人の納得いくように計らってくれました。
この時既に10時半過ぎ、結局帰宅したのは日をまたいで夜中の1時半過ぎでした。

同日、朝8時に再度採血した結果、炎症反応は横ばいか、微かに下がっていたので、毎日抗生剤の点滴をしていく方針に決まりました。
この結果が良いか悪いかは後になってみないとわからないですが、3週間後に照準を合わせるとこれが最良なのでしょう。

ここの病院に来るまで3度病院に行き合計1万円を超す治療費を払った事を考えると、紹介状にこだわらず最初から此方の病院に5400円払ってもいいから早く来た方が良かったじゃん…と思いました。
今回はいい勉強いたしました。

今日も点滴ににいってきましたが、病院によってこんなにもレベルが違うのか…
最初の2人の医師にはガッカリも甚だしく只々呆れるばかりです。
やはり慣れで向き合ってはいけないのですよね。
私にも言える事ですがね。
私は常に『心の目でみよ』と言ったアメリカ人医師フルフォード博士の言葉を胸に取り組んでるつもりです。

さあ〜いつまで点滴に通うのか………
果たして3週間後はどうなってるのか……

息子のアッシーはまたまだつづく………


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風の雲間から太陽が〜

2016年10月05日 17時23分15秒 | Weblog
本日はおやすみなので、買い物したりと家でのんびり過ごしておりました。
夕方5時くらいに急に明るくなり夕焼け空になりました。

久しぶりの太陽ですので、暫く眺めておりました。
太陽の向こうには青空も見えて、一瞬台風はもう過ぎ去ったっけ?と思うほど。
この1ケ月近くまともに太陽がでた事が何回ありましたっけね。
やはり、太陽ってありがたいですね(*^_^*)

でも、20分もしないうちに太陽は雲にかき消されでしまいました。


30分後には風も徐々に強くなり始め一気に暗くなりました。



前回の台風といい今回といい、この地域は何事もなく過ごせております。ありがたいことです。

まだまだ警戒が必要の様です。どの地域も無事で難を逃れてられますようにお祈りしております。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞍馬山登山から貴船奥宮。秀吉さんの豊国廟スピ旅〜②

2016年09月25日 14時25分10秒 | スピリチュアル
貴船に下山してみてビックリ‼︎ 沢山の観光客が訪れてました。
今まで2度ほど雨模様で鞍馬山登山し今回で3回目です。
2度とも貴船はガラガラでゆったりと参拝出来エネルギーを感じる事が出来たのでが、今回は人が多すぎて……

これは前回の貴船奥宮の写真です。
皆さん奥にある本殿に並んで参拝してますが、本殿前の神楽殿の下から冷気が流れてきて、手がビリビリと凄いパワーを感じますよ。

本殿の下に龍穴があるというのをネットで読んだ事があるのですが、
ひょっとして神楽殿の下に龍穴があるのでは…と感じました。
神楽殿の前に立ってたら、手がビリビリしながら身体がふわ〜っと後ろに倒れていくのです。
神楽殿の下からご神風が吹いているのではないかしら。

この時はあまりにも人が多いので写真とる気が起こらず、周りの杉の木や山を見ていたのですが、龍神様を感じる事は出来ませんでした。
私が未熟者だからです。はあ〜まだまだですね。

奥宮を後にして貴船駅まで貴船川の横を歩きました。
雨の中ゾロゾロ…30分から40分位はかかりますね。
バスもあるのですが、ぜひ貴船川の横を歩いていただきたいですね。
歩くだけで凄く浄化されます。バスで通り過ぎたら勿体無いですよ。

次に向かうのが秀吉さんの豊国廟です。
1年前に初めて豊国廟に登拝したのですが、そのきっかけは、『ひっそりとスピリチュアルしています』で有名なブロガーの桜井識子さんの『運玉』の本です。
これもお客さんに『面白いから読んでみて』と渡されたのがご縁でした。
ブログは知っていたのですが、あまり購読はしてませんでした。え〜これ読むの〜と頭の中ではアタフタ…

運玉の本でも秀吉さんのところだけは、引き込まれるように読みました。
秀吉さんが上の世界に上がれないという旨の内容で、それを読んで、いてもたってもいられず行く決心をしたのでした。
どういう行き違いなのか呪詛なのか私にはわからないですが、上の世界に上がれない事は無いでしょうとの思いでした。
初めて行った時の感想は阿弥陀ヶ峰の山頂に隔離されてるみたいに感じました。
こんな山を登ってお参りにきてくれる人少ないだろうな…、
なんでこんな山の頂上にお墓を作るのかしら…
秀吉さんへの嫌がらせかな…
とも思える立地環境でした。

昔の人はとても信心深く武将達も吉田神道を崇拝し、それにそうように神社を建てたりお寺を建てたりして、結界を張っていたようです。
秀吉さんも生前から準備していろいろ神社を建てていたようです。
その結界をきるように徳川家康が神社や寺を建てていったようです。
こんな事が効果があるのかどうか…でもそのせいで秀吉さんが上がれなかったとしたら怖いことですね。

1年前に行った時は最初の階段を登る前から暗くて沈んでいました。
ゼイゼイいいながら500段弱の階段を上って思った事は、秀吉さんは隔離されてる…封印されてる…でした。

今ある階段や五輪塔は明治の頃地元の有志の方達で整備して、今のように一直線に伸びる階段になったようです。

私なりに秀吉さんとお話しし、必ず天界に上がれるから上がれないと思い込まないようにと説得いたしました。
そして秀吉さんに宇宙の光のエネルギーを下ろし、さらに五輪塔にも、周辺の土地にもエネルギーを下ろしました。
その瞬間、場がバッと明るくなり、それまで無風だったのにささ〜っと突風が吹いてきました。20秒程吹いていたでしょうかね。
1年前に行った時は暑い日で汗だくで登ったので突風がとても心地よくて、不思議な感じがしました。
なんか返事をいただいた気がしたんです。

最後に五輪塔の周りをぐるっと一周歩こうとしたら一緒に秀吉さんが歩いてきてるではないですか…
あらま〜ビックリ…腰を少し曲げ後ろに手を組んで少々ガニ股で、あたりを案内してくれてる様でした。
確かにサル顔ですね。(*^^*)
秀吉さん曰く、背が低くてサル顔は凄くコンプレックスで人に言われる事が嫌だった。と

あ〜場の雰囲気が変わった。これで少しは良くなるかな…きっと良くなる…と思って帰ってきました。
ても、その後どうなったのかずっと気がかりでした。
本当に良くなったのかな…私の妄想じゃないよね…と心配してました。

それが今年の6月識子さんのブログで『秀吉さんのその後』という記事があり今の豊国廟の状態が書かれてました。
雰囲気が凄く良くなってるとの事で詳しく書かれてました。
きっと、私みたいなお節介焼きが何人も訪れ皆さんの思いで秀吉さんの為に心を向けた事が報われたのでしょうね。
良かった〜
嬉しかった〜
と思ったらまた逢いたくなって今回貴船の後で豊国廟に寄ることになったのです。

貴船から40分程かかりようやく到着した時には3時45分を過ぎてました。
雨降りで夕方間近の豊国廟を登拝いたしました。
下から秀吉さ〜ん来ましたよ〜と心で話しながら、鞍馬山登山でガタガタの脚を踏ん張って一歩一歩上がって行きました。
上がり始めて直ぐ、前と違う、雨降りでも場の雰囲気が明るいと感じました。
中門から頂上を写してみました。

頂上の辺りが光ってます。この日は夕方で雨降りです。
緑がかったものが右斜め下に伸びてます。
何となく龍の頭のような……

中門を超えてから再度頂上を撮りました。
やはり頂上が光ってます。
横に白い筋が伸びて右がわの木に何やら巻きついているのが写ってます。
拡大して見れば見る程、龍の尻尾に見えてしまうのは私だけでしょうか……
雨降りの夕方で傘さしながらの登拝でしたので、あの頂上の光源は何?左の隅の光は何?
とても不思議な写真が撮れました。
〈この写真で何か分かる方いましたらコメント下さいませんか。よろしくお願いします。〉m(_ _)m

頂上に登ったら秀吉さんがよく来たな〜と来てくれ、手を握ってきました。えっ…とわたしの方がビックリ。
私の右手がもわもわ〜としたので、あ〜握ってくれたのね…と感じました。とても嬉しかったです。
識子さんのブログで良くなってると書かれてたので安心してましたが、実際自分で来てみてさらに安心する事が出来ました。

ただ秀吉さんが去年より少し老けたような…
去年は俗人ぽい雰囲気でしたので、やはり上がってない状態だったのでしょう。
今年は老けたといったら怒られちゃうかな、仙人とは言わないまでも、穏やかで少し品のあるご老人とでもいいましょうか紳士になられたようでした。
魂磨きでかなり上がられたのでしょうね。^_^

ついでと言ってはなんですが、私の商売の事を聞いてみたんです。
『時期があるからな〜あと少し辛抱せいよ。』でした。
やはりそうですか…わかりました。と返事をして帰る事に。
また長い長い階段を降りなければ…
えっさほいさ……少し降りたら右膝が痛くなってきたのです。
貴船を歩いている時から痛かったので、あ〜まただぁ〜
参ったな…と思いつつ、
頭の中で『秀吉さ〜ん、膝が痛いんですよ〜』と語りかけながら降りてたら
不意に私の直ぐ後の階段に『バン!』と飛び降りてきたような音が聞こえ、私もビックリして『わぁっ!』と大声を出してしまいました。
私がぼやいていたから足の運び方を注意してくれたようでした。
その後は膝を変な角度にならないよう注意しながら降りましたので痛みは酷くならずに済みました。

秀吉さんとのご縁をありがとうございました。
そして、本を貸して頂いたご縁にも感謝です。
今度はいつこれるかしら…と想いつつ豊国廟をあとにしました。


今回のスピ旅は以上です。
本当にいいものを見せていただけた旅でした。
ありがとうございました(*^_^*)

追伸……
帰宅したら家族に『右脇が血だらけだぞ、何やってきたんだ⁇』と聞かれ
服を脱いでみたら脇に直径10センチ程の血のにじんだ跡があり、袖側にも同じ様に血の跡がありました。
やだ〜白シャツなのに〜なんで〜⁇
息子の前でしたがシャツを脱ぎ脇を見たら、2箇所ほど何やら痕跡があるのです。
1ケ所は直径3ミリ程度赤くなってるだけ、6センチ程の斜め上方に直径2ミリ程の穴があり、そこから出血してました。
拭いても拭いても血がとまらず、でも痛くも痒くもなくて……早速ネットで調べました。
どうも山ヒルに血を吸われたようでした。
そういえば…途中右脇が痒くてシャツで擦って掻いた事を思い出しましたわ。

ただね……ヒルに吸われたお陰か、いつも施術すると右手が痺れるのですが、あれ以来痺れないのです。
山ヒルさんに悪い血を吸い出して頂いたお陰のようです。

またまた良い事がありましたわ(*^^*)
ありがたや〜🙏

さあ、次に向かう所は……頭の中に頂きました〜。
それは……琵琶湖の竹生島神社です。
ここも日本屈指の龍脈があるとか…
今度は天気の良い日に行きたいな〜 … おわり…





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞍馬山登山から貴船奥宮。秀吉さんの豊国廟スピ旅〜①

2016年09月24日 17時32分05秒 | スピリチュアル
最近は台風やら秋雨前線やら悪天候続きですが、9月21日に京都の鞍馬・貴船・豊国廟スピ旅に行ってきました。それに至るまでのお話をさせていただきますね。

まず、古くからのリピーターさんから本を紹介されました。
タイトルは確か…『成功した人は神社に行っている』だったと思います。著者はリュウ博士。
神様と繋がる参拝の仕方とか…
神様から頂いたエネルギーをどう自分のチャクラに通すとか…
なかなか面白い内容でしたので、あっという間に読み終え最後までいった時、目にしたのが同じ出版社から出ている本の紹介ページ。
これをみたのです。

これを見た時目が釘付けになり即買いしました。

単純に龍使いになりたいとかではなく、私と龍の関係を知りたくて飛びつきました。
それはさかのぼること45年前、私が小学生の高学年だった時の事です。
私の家は仏教徒で朝は必ず日相願(太陽を拝む)をしておりました。太陽を拝むという行為はエジプトの時代から行われていて仏教に限った事ではありませんが、
雨だろうが関係なくやりなさいと親から躾けられてました。
ある曇りの日窓を開け空を見ていたら、目に糸くずが入ったみたいに視界の片隅に糸ミミズみたいな存在があるのです。
やだ目にゴミが…と目を擦ったら、糸くずらしき物が段々大きくなってきてる。
何度擦っても大きくなってくるので、あれ〜と凝視したら遥か上空を飛んでいる龍だと認識しました。
そのまま動けなくなり見続けてると徐々に降りてくるのです。
小学生の私の目の高さまで龍は降りてきて、距離は2メートル程だったと思います。
目と目がバチバチ〜と会い釘付け状態で我が家の庭で旋回して、目がバチバチ〜と再度会い、
首をぐっと回してギリギリまで、私と目を合わせ続け最後は前方を向いて、また上空に消えて行きました。
雲が龍の形をしていたとか、そんな映像が脳裏に浮かんだていうものでは無く、本当に映像として龍をみたのです。
色は半透明の磨りガラスにかすかに緑掛かった色でした。絵で見る様に髭が長くて鱗の様なのも見えましたし、空想の動物と言われながら、絵で見るあのままのお姿でした。暫く放心状態だった事を覚えます。

1ケ月後にも遥か上空を飛んでる龍を見て、それからは現在に至るまで再会出来ておりません。
何故あの時私の前に現れたのか…理由を知りたい。
45年ずっと思い続けてる事なんです。

それでこの本をあっという間に読み終えたとき、普段いってるお気に入りの神社は龍と繋がる神社だった事がわかりました。その中に貴船の奥宮があり、日本を代表する龍脈があるそうなんです。
奈良の大神神社や三重の椿大神社も…
とにかく行く度に風を感じる神社なんです。

今回は龍神様とお会いしたいと切に願って雨模様でも向かいました。

大杉権現です。今回は写真撮ってないので、これは前回登山した時の写真です。

鞍馬寺の本殿までは雨でも参拝される方はみえますが、大杉権現や魔王殿を越えて貴船に向かう人はぐっと減ります。
それでもただの観光で無く何か思いがあっての登山なのでしょうね、若い女性お一人の方もいらっしゃいました。

これは魔王殿です。これも前回の写真です。

大杉権現、魔王殿で瞑想してエネルギーを充電させていただきました。
その魔王殿横に、牛若丸が剣術の練習でついた傷が岩に残っている旨の看板をみて魔王殿横を入って行った時、ずっと雨だったのが、雨が止み薄日が差してきました。
上を見上げ木漏れ日が綺麗だったので写真撮ってみました。
そして映ったのがこの写真です。

こういう写真はよく映るらしいですが、自分の写真では初ですので、おお〜〜と少し嬉しかったですね。

とにかく今回出発まえから、『今回はいいものをみせてやるから楽しみにしておれ……』というメッセージを頂いてたので、現実化して感激しました。
魔王殿を超えると貴船まで下りです。あと少し…
と下山していくと…
おお〜〜神の使いといわれる鹿が…

凄い凄いと携帯のカメラを向けると段々登ってきて私の眼の前に来てくれました。距離は2メートル程まで来てくれました。
以前お客さんが家族で登山された時に鹿を見たと言っておられたので、
今回は私も鹿がみたいな〜と登山前に頭の中で念じておりましたので、またまた現実化して感激しました。

②に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体の裏話! ぶっちゃけちゃいます②

2016年06月24日 18時03分23秒 | スピリチュアル
前回に続きまして第2話〜!

少し前のこと…1ケ月ぶりに来院された方の話です。
『最近身体が怠くて怠くて…体重も減っちゃいました。』と話されました。
この時既に私の体になんとも言えない吐き気を感じ始めてましたので、いや〜な予感。
お客さんを見てみると、どよ〜んと重い空気を頭からすっぽりかぶってるんです。
あ〜連れてきてるな〜と思いました。

通常、何も無ければ身体に合わない食生活が原因か、疲労か…とおもうのですがね。

こういう時は、強い光をイメージして施術するのです。
私の場合は太陽光をイメージします。
息子の部活のおかげで4時半起きですから、天気さえ良ければ5時だと裸眼で太陽を拝めるので、5分から10分くらい深呼吸しながら拝みます。
それをしっかり記憶しておくのです。

この時も、太陽光をイメージしながら施術を始め、ベッドで仰向けになった時、もう一つの目で見るのです。

この時はね〜男の子がついていたのです。
膝丈くらいの着物きてる子。爪の周り泥なのか真っ黒に汚れてました。

どうも山の方に行楽に行かれたようで、その時ついてきちゃったようでした。

田舎の貧しい家の子、食いぶちべらしに山に置き去りにされたみたい。
う〜ん…まずいな〜
子供はなかなか帰らないのよね…無邪気ですから。
私なんか、この子にとっては自分の事わかってくれるおばちゃんですもんね。
これが大人だと、説明して帰り方を教えて自分から帰る事を選択させるのですが、
子供は多分理解出来ないのです。

施術直後から私の身体がど〜んと重い。元々お肉もありますが、それ以外で重いのよ。
やはり来てしまいました〜。

その日のうちに塩酒風呂に入れば良かったのですが、身体が怠いから忘れてしまいました。
朝起きたら超〜怠い。起きてられないくらい怠いのです。
椅子に座りながらコックリ居眠りしながらも、出掛ける支度をして先生の処に研修に向かいました。

も〜いきなり、ついてるね〜といいながら咳き込む先生。
先生が見えたのも私が見たのと同じ姿の男の子でした。
最終的には取れましたが、ちゃんと帰ったのかしら…。
一応どなたか、連れに来て下さいとお願いしたら、誰か来てくれた気がしたのですがね。

まあ〜こんな事はよくある事です。
こういう事も対処しながら施術をしてるのです。

身体を触るお仕事の人は多かれ少なかれ似た事が日々おきてます。
自分のエネルギーを高めて、浄化する方法を知ってないと駄目なんですよね。

当院のホームページはこちらです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体の裏話! ぶっちゃけちゃいます。①

2016年06月23日 17時39分30秒 | スピリチュアル
皆さん薄々感じている事でしょうが整体やってると、目に見えない世界の影響で体調崩してる人が来院されるのであります。

これはつきものですね、あって当たり前。
そんな中で成果を出さないといけないので、技術面だけでなく、スピリチュアル的な面も磨かないと対応仕切れないのです。
自分を守るためにも必要不可欠な事なのです。

ここ2年くらいやってる事なのですが、施術の後に必ず手を洗います。
それもただの水では無く、神棚のおさがりのお神酒と塩を入れた水をです。
以前は何もしてなかったのですが、3年位前から手が痺れるようになり、それも正座した後みたいに痛みを伴う痺れです。

身体の悪い所を触るとビリビリ〜とくるのです。少々の痺れは平気なのですが、
どうにもたまらなくなると、手を振り下ろしたりしながらやってました。

あれこれ施術してもやはり痺れはあり、困り果てていたところ、頭の中に『やけど‼︎』と浮かんできたのです。
えっ火傷してないし…⁇!?(・_・;? 困惑しました。
何度もやけど‼︎とくるので、瞑想しながら考えました。
そこで『あ〜!霊体やけか〜!』と気がついたのです。
それからお神酒と塩を入れた水での手洗いが始まりました。

おかげで今は痺れはありません。人数が多かった日の翌日に多少痺れる事はありますが、ほぼありません。

私よりお若いお客さんから、永く仕事を続けて欲しいと良くいわれます。
80歳位までやれと…いやいや勘弁してや〜と笑ってますが、いくつまで出来るかは神の味噌汁…です。
その為にいろいろやってるのですから。
頑張りま〜す。

健功自然整体院のホームページはこちらです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顎の痛みの原因は顎にはないですよ〜

2016年06月22日 16時49分49秒 | 整体
最近顎関節の痛みで来院される方が増えてきました。
確かに当院でも女性が多いですね。
先日テレビで20代から30代の女性が多いと言ってました。

私は顎関節の傷みの原因は顎にはないと考えます。
顎は痛みを表現しているところ…

じゃ原因はどこよ…ですよね〜

まず…

⑴踵骨のバランス
⑵踵骨と距骨のバランス
⑶足首の歪みからくる骨盤のバランス
⑷背骨の軸のぶれ
⑸胸椎及び肋骨の歪み
⑹腋下(脇の下)の張りやリンパの停滞
⑺ 1〜6までの要因による頚椎の筋肉の張り

これみて解るように、下から上に歪みがあがっていき最終的に顎関節の歪みに到達するか、
偏頭痛に到達するか……という事なんです。

だから女性が多いのも納得ですね。
男性より足首の負担が多そうですもんね。
私は顎関節症の方と偏頭痛の方の原因は似てると考えてます。

あと例外的にくるのが、自分の身体に合わない食生活の為に肝臓に負担がかかり、
肝臓まわりのリンパの流れが停滞して腋下(脇の下)が張る…というもの。

歯科での治療に行き詰まりを感じる方は整体の門をたたいていただきたいですね。
きりこむ角度を変えるというのも一つの方法かと思います。

当院のホームページはこちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の奈良です。

2016年06月16日 15時10分24秒 | スピリチュアル
3年ぶりに奈良の大神神社に行ってきました。
天気さえ良ければ御神体である三輪山に登りたかったのですが、夜中から明け方に雨が降っていたようなので断念しました。
今はスマホのアプリで雨雲の位置とかわかりますからね〜こんな小さなスマホで…

三輪山登山が無理ならと、最初に橿原神宮にお参りする事にしたのです。
5月の連休前の神武天皇祭に天皇陛下が参拝されていたとニュースでみましたのでね。
天皇陛下が参拝されたという事は…見えない世界のお偉い方々も動かれていると…勝手に思ってますのでね。

明治天皇の時に創建なので新しい神社だとおっしゃる方もいますが、神武天皇が即位の礼を行った場所で、
建物は京都御所の賢所を移築してますので、他の神社にはない荘厳な雰囲気を醸し出している神社で私の中では心に残る神社です。
そこで、ご祈祷を受けて参りました。
ご祈祷を受けている最中に涙が出そうになり、不思議な感覚を覚えたのを思い出しました。
なんだったのかしらね〜

橿原神宮を後にして大神神社に向かいました。
こちらも、3年ぶりかな…


鳥居の前に立つと身体がふわ〜と後ろに倒れていくのですよ。風が吹いてるわけでもないのに。
これがご神風なのでしょうか…
とても気持ちよく身体が軽くなりふわ〜と…
御神体の三輪山から何かが降りてきてるような…
体を浄化して頂けたのでしょうか…とても幸福な時間でした。
鳥居をくぐり拝殿ま出来ました。


そして鳥居をくぐって右方向の巳の杉に向かいました。



ここは私にとって不思議体験の宝庫でありまして、1回目は手を合わせお参りしようとしたら、頭の中で『久しぶり〜』と言っていた。 (・・?)
2回目は他の参拝者が居なくなった〜と思ったら、風も無いのに5分間位、ギギ〜と音が…(o_o) なな…なんや…
それからの3年ぶりの参拝です。
ぱっと見るなり、『やっと来た…待っていた』という熱いものを感じました。
どうしてか…まだわからぬあんぽんたんな私ですが。
この時はご神樹がありましたので千両を頂いて参りました。


店の前の鉢で守っていただいてます。

そして一週間後に再度訪れ…今度は近鉄電車を乗り継いで念願の三輪山登山を果たしたのです。
1人での登山でしたので登りながら祝詞を頭の中で読みながら行きました。
そしたら山の中腹を超えて景色が開けた所で、無風だったのに、突風がささ〜っと吹いてきて…余りの気持ちよさに、辺りに人がいない事を確認し、両手を広げ丁度万歳したみたいにして風を感じました。
あ〜気持ちいい〜魂が浄化された気分でした。
そしたら…ウグイスが鳴いてるんですよ。何度も。
またまた感激して幸せなひと時を過ごしてました。

行く度に不思議体験をありがとうございます。

帰ってきてから思い出しながら前世を感じながら、自分の魂と奈良の地との繋がりを感じているところです…

三輪山は写真撮影禁止の山ですので写真は無いです。
最後に一言…
なかなか険しい山で、下山の終盤は膝が痛かったですよ。万全を期して行くべし‼︎







コメント
この記事をはてなブックマークに追加