愛犬ハルと家族のほのぼの日記(夕焼けこみち)

いつも優しい空気の中にいれたらいいな。

黒タン入院 1120

2016-12-10 02:48:06 | 黒タン
日曜日の病院は午前中のみ。
時計を見たら12時半を過ぎていましたが、
かかりつけのとことこ病院へ、
どうか先生がまだいますようにとすぐに電話をかけました。
看護師さんが電話に出てくれて、事情を話すと先生に変わり
診て下さるとの事。
よかった~、先生、看護師さんありがとうございます。

大きな体の黒タン、キャリーを縦にして入れました。
大きな声で鳴いて抵抗した後、中に収まってくれた黒タンでしたが、
車に乗せて声をかけても、目を開けたまま空を見あげ反応がない。
息をしていませんでした。

やだ、死なないで、死んじゃダメ。
黒タンと何度も呼びかけながら、
心臓付近を何度も押してマッサージしました。
早く病院へ着いて。
公園から病院までは車で5分くらい。

死なないで、必死に心臓を押し続けていたら、
途中でハァハァと呼吸をし始めました。
よかった。
でも呼吸が早く苦しそうでした。
病院へ着くと、すぐに先生が診て下さいました。

キャリーから出そうとしたら暴れて
洗濯ネットに入れながら診察台へ。

エコーで心臓の様子を確認したところ異常は見られず
血液検査は貧血はあるものの、それほど悪くない。
右方向へずっと回っていた動きから、脳に問題があるだろうとの診断でした。
でも病院にはMRIの機械がないので、脳の中を確認する事ができず
原因を見つける事ができませんでした。

呼吸が止まってしまったのは、脳圧があがって呼吸困難になったそう。
とにかく安静にして、まずは脳圧をさげる事が大事との事で
バタバタ暴れていたので、眠らせる薬を入れながら
脳圧をさげる薬を点滴する事になりました。

この日は入院となり、先生にお任せして家に帰りました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒タンが・・・ 1120 | トップ | 黒タン亡くなりました 1121 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。