最中のブンダン記念日


とりあえずやってみる

悩み中

2017-06-10 15:52:29 | 日記
 うん、ぜんぜん読めない!w無事生きておりますがね、どうもね生きる気力が全然なくて、引きこもっております。wてか、やっぱりきっと、欝気味なんだろうね。なにせバカなもんで、生きてて何が楽しみ?ってね。仕事しかないんすよ。そらね、昇○さんも歌○さんも大好きですけど、お金払ってチケット買って、やっとこさ笑かせてもらえると言うとってもとっても遠い存在なのでね、それを「趣味があって良いじゃん!」なんて言われてもね、それだけのために必死に生きてたら、怖いでしょうに?w

 仕事を楽しんでちゃいけないって言われるとさ、どんな顔して、どんなこと考えて仕事しなきゃならないんだろ?ってね。介護の仕事も楽しかったよ。嘘つきじゃなく、本当に体がどうしようも出来ない人たちばかりの特養はね。すごい言われたもの。「本当に楽しそうに仕事してるんだね。」って。だって本当に楽しかったもの。喋ることを諦めた人達が、目も開けなくなった人達が、喋り出すんだもの。笑うんだもの。100歳超えたおばあちゃんが、昔の恋話を照れくさそうに話すんだもの。めちゃくちゃかわいいし面白いじゃんねぇ?wだけどさ、意地悪の人の言い分と来たら、「こんな仕事の何が楽しいの?あんたバカじゃないの!」ってね。うちにとってはその方がよっぽど不思議だよ。わざわざ福祉の大学まで行って、介護の仕事について、そういう気持ちで大学行ったんでしょ?就きたい仕事に就けて、なぜ面白くないのか、その方が分からない。だけどね、その人だけじゃないのさ。他にもいっぱい。なぜ仕事を楽しんではいけないんだろか?とね。

 みっちょんには何度も説明してもらった。ほとんどの人は仕事なんかしたくなくて、いかに楽して稼げるかだけなんだって。売り上げを伸ばそうなんて、考えもしないんだって。その方が面白いのに?って聞いたけど、その発想もないのが当たり前なんだよって。そんなことを考えるのは2割くらいなもんだよって。ふーんて思うけど納得できるようで、納得できない。だってさ、うちの友達、仕事を楽しんでいない人って、全然居ないんだもの。みんなそれなりに苦労はしてるけど、みんな楽しんでるし、だから会える時間も全然合わせられない。だけどそれも仕方がない事。連絡がないのはちょっと寂しいけど、彼女らがそれで幸せなのなら、それで良い。きっと連絡が来たときは、危ない時だと思うから。

 次の職場は飲食店のキッチンです。うちの子供の頃の野望はね、w早いとこ漫画家になって売れてお金を稼いで、とっととそっちの仕事を少なくして、小さな喫茶店をやること。wはっきり言って長年うちがやってきたCADの仕事は、全くもって自分とは別物。粘土細工しているみたいで楽しかったけどね。wそう言っても通じる人は全く居なかった。いつも世間体ばかり言う家族で暮らしてきたので、体力仕事なんてもっての他だったの。両親ともずっと体力仕事をしてきたのにね。変なの。

 面接の時、キッチンも見せてもらって、働いている方たちの顔もざっと見たのだが、男ばっかり。すごく嬉しそうなうちを不思議そうな顔をして見てた。そんなにキッチンで働く女が珍しいのだろか?一瞬キッチンで働いた店以外、そう言えば女の人の働くのを見たのは1件だけ。それも皿洗いを1週間も持たずに辞めていたっけ。そこの料理長達は、すごく優しかったのにねぇ?

 考えると不安になるから、考えない。仕事をしていないと、出歩くのがどうも不安になるのでね。なんか変な目で見られている気になるので、どうもね。夜も変質者に狙われてからどうも怖くなっちまってね。だから旅行に行った方が良い気がするのだがね。そんな訳で悩み中。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~♪ | トップ | 予定 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。