ぽんぽこ日記

京都めいんの食べ歩き日記と日常のことなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都新阪急ホテル「白楽天」さんでのディナー

2010-08-09 14:48:09 | グルメ

月日がたつのは早く、かなりいつの昔の話?ですが・・・途中まで下書きしていたので

いつもお世話になっているぽんちゃんのご両親を誘って、京都新阪急ホテル「白楽天」さんに食事に行ってきました。
今回は、スタシアポイントが貯まっていたのを、ディナー券に交換してのご招待。
ネットには「シェフ特選ディナーコース」ペアで12000円相当と
京都新阪急ホテルでのお食事は初めてのぽこ。リニューアルされたそうで、店内はきれいです。でも、なんだか狭い感じ。


まず、三種冷菜盛り合わせ。
内容について、まったく説明がない。聞いたら説明はしてくれましたが・・・。胡瓜の甘酢、カニとゴボウのサラダ、貝柱。

鯛のお刺身。普通に美味しいです。

ふかひれの姿煮込み。ふかひれ、小さいです。このお値段だとこんなものでしょうか・・・

海老の紅白盛り。
エビチリとエビマヨ。この写真は、4人前。1人1個づつです。

和牛の黒胡椒炒め。フライしたポテトの籠にはいってます。
お肉は美味しいですが、ポテトと一緒に食べると、少し油っぽい。

汁そば。あっさりしてます。

水餃子。この写真も4人前。1人1個づつ。1個づつは少し寂しいかも

ここで、ハプニング!デザートの前に、お皿等をさげてくれるのはいいのですが、ウェイトレスのお姉さんが、ぽんちゃん母のMy箸を箸置きからおろし、テーブルに直に置いたのには、びっくりぽんちゃん母も唖然でした。
そんなに急いで片付けなくても

デザートは桃饅頭と杏仁豆腐。

全体的に香菜が気になったので、ぼこにとってはイマイチ・・・

帰りに気づいたのですが、お店の前にでてたメニューと一緒ではありませんか
通常6000円→フェア特別価格4980円ですと・・・
ええっーって感じ なんか損した気分・・・通常6000円かもしれないけど、実際4980円。少しでも内容が違うメニューならよかったのに・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都・美山~福井・敦賀にて

2010-06-03 18:13:54 | 旅行

2月のお休みに、美味しいお蕎麦が食べたい!と、急に出かけることに。
かなり昔の話ですが、かなり書いていたので・・・すみません。

はじめは、出石に・・・と、考えたけれど、相変わらず出発が遅いので、時間がかかりすぎる。となり、少し近場の南丹市美山町へ。
前に、美味しいお蕎麦屋さんがあると、話に聞いたことがあったので・・・。
山道、田舎道をドライブしながら市内から1時間半ぐらい。美山町のかやぶきの里に到着。

目的のお店「お食事処きたむら」。こちらのお店は、美山産のお蕎麦と水を使用した手打ち蕎麦を食べさせてくれます。

目の前には蕎麦畑があり、まわりには、お土産物屋さんや休憩所、無料の広い駐車場もあります。

地鶏せいろ950円にミニ玉子丼300円をつけたセット。右は、ぽんちゃんの、そば三昧1200円にミニかきあげ丼400円をつけたセット。
地鶏せいろの、つゆは温かく、地鶏がこりこり、しっかりしたお肉で美味しい。
そば三昧の中身はとろろ、大根おろし、梅しその三種類。2人ともお腹が空いていたので、あっという間に食べちゃいました
メニューは他に丼物や、ソーセージなどのおつまみ系もあります。この日、お蕎麦はありましたが、観光シーズンになると、美山産のお蕎麦は売り切れるそうなので要注意。

食後、まわりにある茅葺の建物を散策。

のどかな田舎の風景です。思っていたより、バスで大勢の観光客がきてましたけど・・・。


行く途中にある「美山おもしろ農民倶楽部」。手造りハム・ソーセージのお店。
少々、値ははりますが、こだわりの無添加ハム、ソーセージ、美山産の地鶏のお肉等を販売しています。
鹿ソーセージや鹿ハム、京野菜の入ったソーセージ等、変り種もあり、おもしろいです。ぽこ達も、鹿ソーセージ160g入630円と焼豚100g当り588円を買いました

そこから、小浜方面へ車を走らせる途中、休憩がてら名田庄の道の駅へ。
道の駅の奥のほうにある「暦会館」。土御門(安部)家と暦の資料展示をしている建物。
ぽんちゃんは以前、入館したことがあったそうだけど、再度入ってみることに。1人200円。ほとんど来る人がいないせいか?受付には誰もなく、私達に気づくと、あわててスクリーンの用意をしたり、暖房をいれてくれました。

内容は・・・う~ん・・・

さらに、車を走らせ三方五湖へ。
道沿いに、変わった建物があったので、気になり車を降りてみることに。
「若狭三方縄文博物館」時間が遅かったので、入館はせず、まわりを散策。
帰ってから調べると、福井県若狭町の鳥浜貝塚で発見された土器などの展示をしているそう。

まわりには、バードウオッチングできる建物や、竪穴式住居を再現した建物のある公園等ありました。

最終目的地、「敦賀ヨーロッパ軒」
ソースカツ丼で有名なお店です。下調べせずに行ったので、少し迷いましたが、到着。建物がビルで、はじめここでいいのか疑いました

2階に上がると食堂みたいな感じ。適当に空いている席に座ると、お茶を持ってきてくれます。店員さんは、お世辞にも愛想はよくないです

いくつかメニューがありますが、2人ともカツ丼セット1050円を注文。セットはサラダとお味噌汁がつきます。

すごいボリュームです。カツは独特で衣がかなり薄く、サックリ
美味しいです。ソースは濃い目ですが、カツの下のごはんの量が半端じゃあないので、ごはんを食べきるために、これくらいの味付けなのかな?
女性だと、食べきれないかもしれません。ぽこも食べきれず、ぽんちゃんに手伝ってもらいました。

今度は福井ヨーロッパ軒総本店に行ってみたいですね

「お食事処きたむら」
京都府南丹市美山町知井北村
午前10時から午後5時まで
(季節により変更あり)
毎週水曜日定休
(11月中は無休)
電話 0771-77-0146

「敦賀ヨーロッパ軒」
福井県敦賀市相生町2-7 駐車場あり
11:00~20:00
定休日:月曜、第2・3火曜(祝日の場合は営業)
電話 0770-22-1468

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

懸賞生活?②

2010-06-02 18:53:13 | うちごはん
最近、わりに当たっているので、びっくり
今回は、カゴメ「たいせつな人へ野菜の元気を!“健康思いやり便”」キャーンペーン。
カゴメとフレスコ(スーパー)の協賛のキャンペーンで、フレスコでカゴメの野菜生活を含む、たぶん500円以上のレシートを添付して郵送する。という感じのキャンペーンだったと思います

賞品はというと
      ・・・たいせつな人宛てに→カゴメの野菜ジュースのギフトセット3000円相当
        応募者に→グルメギフト2000円相当

たいせつな人には、ぽこの実家を指定。甥っ子、姪っ子が帰省したら飲むかな・・・?と、あまり何も考えなく。

グルメギフトの内容は21種類の商品から選ぶタイプ。2000円相当なので、お菓子やら麺類が中心。
しかし、本当に当たってほしい!って思うものより、適当に?出したものの方が当たってるなぁ・・・

選んだ商品は、「尾張カレーうどんと味噌煮込みうどん」
写真はありませんが、カレーうどんが3個と味噌煮込みうどんが2個のセット。
それなりに美味しかったですが、値段を考えると・・・
でも、頂いた物なので、贅沢はいいません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャロットジャム

2010-05-11 17:54:00 | うちごはん

気が付けば、1ヶ月以上も更新できてない・・・
下書きはいくつかしているものの、なかなか書き終わらず
とりあえず、ちょっとでも書けたものを紹介します。
ぽんちゃん母に、前にもらってたジャム。ネットで調べたら・・・
鹿児島加治木町の特産品のジャム。
175g瓶入り410円(税込)
鹿児島県霧島市加治木町でとれた良質の人参を原料にした、カロテンをたっぷり含んだジャムとの事。
キャロットジャムは、初めて食べたのですが、美味しいです
単純に、にんじん+砂糖って感じではないです。材料のにんじんが良いからかなぁ?
ネットでも購入できます。ちなみに、量はかなり少ないです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行④ 徳島~香川

2010-03-24 17:54:36 | 旅行

最終日3日目。

朝からお風呂へ。今日は8階にある展望風呂。
窓の外には海が広がっていて、いいお天気だと見晴らしがとても良いです。
時間によるのか?入ったときは、ほとんど人がなく貸切状態
気持ち程度ですが、お風呂の中に徳島らしく?かぼすが浮かんでました。

朝食は、和洋バイキングか、スープ・サラダ・サンドウィッチのブッフェが選べます。
いろいろ食べたいので、和洋バイキングをチョイス。

ここにも、讃岐うどんが・・・。
かぼすジュースや、金時いも入りおかゆなど、こちらもわりと地元っぽいものがいろいろあり、内容も充実

和食系が多いですが、若干、パンもあり、コーヒーや、ヨーグルトもありました。

お部屋のベランダから。いい景色です


ホテルの外観。けっこう大きなホテルで、部屋数も多いです。
目の前は海夏はプールやアクティビティも充実してるみたいなので、子連れできても充分楽しめそう。

この日の1ヶ所目は札所1番の霊山寺。

バスとかで、お遍路さんがいっぱい来てました。八十八箇所巡りには興味がありつつも、作法とかわからないので、とりあえずお参りのみ。

今日の1番のメイン。阿波の土柱(あわのどちゅう)へ。

勝手に山奥を想像していたのが、あまりにも街中にあり、えっ?って感じ。
行く途中に、さびれたお土産物屋さんや、昭和にタイムスリップしたような食堂、宿が・・・なんか温泉もあるみたいですが、まったく人気はなく・・・昔は賑わっていたのかな?

アメリカのロッキー山脈とイタリアのチロルの土柱と阿波市にしかない貴重な地形で、「世界三大土柱」のうちの一つ、国の天然記念物に指定されてます。
写真でアップにしてみるとかなりの迫力?なんかもっと壮大なのを想像していたのですが・・・
徳島自動車道の阿波パーキングエリアからも徒歩約7分で行けますし、かなり珍しい地形なのは確かなので、一度くらい行くのはいいかも。

土柱から少し車を走らせ、美馬市脇町へ。
道の駅「藍ランドうだつ」に駐車して、うだつの町並みへは徒歩ですぐ。

「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のこと。これを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができなかったそう。
ことわざの「うだつが上がらぬ」の語源になったのではないかと思われてます。

ここはわりと観光客がいます。お店もぱらぱらあったり、お家を開放していて、中に入ることができる建物もあります。

またまた、香川県に戻り、遅い昼食タイム。
道路沿いの製麺所の文字にひかれ「こがね製麺所 空港通り店」へ。
お店の前まできて、チェーン店だということがわかりました
しかし、もうお腹ペコペコだったので、妥協して店内へ。


セルフのお店ですが、一般的なセルフのどこにでもありそうなおうどん屋さん。

ぽこは、釜玉(小)290円。右は、ぽんちゃんの、おろしぶっかけ(中)360円に天ぷら90円がのったもの。あと、おでん90円×2個です。
ふつうに美味しいおうどんでした。ぽんちゃんが食べた冷たいおうどんの方は、かなりコシがあって、今回食べた麺では1番美味しかったそうです。

夕方、閉園1時間少し前に、最終目的地の「栗林公園」へ到着。
国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さをもつ公園。
年中無休ですが、月によって、開園時間が違うので注意です。
だいたい7時~17時ですが、季節によってはライトアップもしています。
入園は1人400円。東門と北門の2箇所、駐車場がありますが100円/25分毎。



ゆっくり歩いて見ていたら、いくらでも時間がかかりそうなくらいの広さ
時間のこともあるので、早足で見てなんとか1時間で回りました。
季節的に何も花は咲いてなく、残念でしたが、なかなか見ごたえのある立派な庭園でした

ぽんちゃんとの初めての長距離ドライブ旅行。かなり行き当たりばったりだったけど、それもそれでなかなか楽しかった

次、四国に行くなら、愛媛、高知になる予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加