100
日常から感じたことを綴ります。
Bikeを始め趣味の話題が盛りだくさん♪
 バイク好きってダレなのさ?



自身が使用しているアイテムの紹介。



安藤製靴が手がけるバイク用の靴。『Z』

1959年に安藤俊雄氏が設立し、登山靴とスキー靴の専門メーカーとして、

以後、紳士靴やワークブーツなども手がけるシューズメーカー。



雑誌の紹介記事で見かけ、一目惚れして、問い合わせたのち即購入。



事前に現物を確認できなかった不安は、あったのだが…



電話対応、注文後のフォローなどに感じた印象のよさにひかれ、

ネットにて注文しました。




当時は、雑誌に紹介されていたこともあり、

生産が間に合わず、東京錦糸町にある直営ショップにも、

商品がないという状況から、

納品は、1ヵ月以上はかかると、言われたのだが、

気長に待てばいいことだし、注文することにした。




価格33,390円(送料・代引き手数料別)



高いとみるか、安いとみるか、注文1ヵ月後に届いた、

実物を前にし、初めて足をいれ履いたときの、

絶妙なフィット感と、きちんと仕事がされた作りを強く感じたのが、

印象的でした。まるで、オーダーメイドで作ったような感覚。




そしてツーリングで利用するのに、ちょうどいいデザインが気に入っています。





バイク用品メーカーで、販売している商品の中には、

デザインがいまいち洗練されていなくて、機能一辺倒なものが多く、

バイクを降りてしまうと、すごく浮いてしまうんだよね。




でも、安全性は犠牲にしたくないし。機能もデザインも、

両立したものが、欲しい!



私も、それまでは、アウトドアブーツを愛用している。

完全防水のマウンテンブーツ。



これも、バイク用としてはけっこう使えますが、

その点、この安藤製靴のブーツは通常の編みあげブーツに、

左足側にチェンジパッドをつけた、左右非対象デザイン。



ギヤシフトをするときに、負担がかかる甲の部分に、

パッドがついており、ブーツの傷みを、抑えられると共に、

チェンジパッドおよびソールは、交換修理可能なので、永く愛用できる。





くるぶし部分にクッションが入っているので、

もしもの時の安全性にも、目立たずして貢献。



また、チェンジパッドは、うまくデザインのアクセントになっており、

タウンユースにも履くことができます。



ツーリングのみならず、普段から愛用しているほどの、気に入りようですし、

当初より靴が馴染んで、履きやすくなってきました。




届いた商品には、靴の手入れ方法まで、同封されていて、

私は、今まで履き捨ての意識を持っていた靴との、

付き合い方の認識をも変えさせる、

素敵なアイテムを手に入れたと思いました。



愛用していくうちに、感じることがあれば、また記事にしたいと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 気温20℃ もっと身近に… »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。