ORGANIC STONE

私達は地球を構成する生命を持った石に過ぎないのですから。

MATRIX+華氏451:リベリオン(2002)

2006-09-20 13:28:18 | 映画:ショーン・ビーン
Equilibrium(2002)

 「マトリックス」の次はこれだ!なんて感じのコピーついているDVD。監督カート・ウイマーですか?この監督の映画なぜか一つも見たことがありませんでした。しかし!MATRIX大好き野郎のわたくしとしましては、このコピーを見て期待度100%。主役クリスチャン・ベイルはおいといて脇役に豆ことショーン・ビーン+くせもの女優エミリー・ワトソンですからね。衣装やアクションなどMATRIXに似た部分は大いにあり。まあMATRIXのコピーなどとは思いませんが、MATRIXが横綱とすれば、こちらは関脇位でしょうか。しいて言うならMATRIXと華氏451(1966/英)にささげるオマージュ?ただのまねではなく、いい按配に消化しつつ問題提起しているともいえましょう。 

←真中に主役のクリスチャン・ベイル(この人ムンクの「叫び」顔)、背後に背後霊じゃない、パートリッジ役ショーン・ビーン。
←噂のシーン(笑)、豆+イエーツ詩集。もっと読んでくれい。

 感情をコントロールされた、世界大戦後の近未来。生き残った人々は「危険な」感情を押さえるために、イクイリブリアム(映画原題。Equilibrium「調和」という意味。オーラソーマ知っている人なら聞いたことのある言葉ですね。)で管理された薬をもらい、毎日決まった時間に打たなくてはいけないのです。(つっこみ:もっとほかに方法あるだろぉが!空気に流す、体に埋め込む、個別端末で毎朝管理するとかぁ!)「負の感情」とともに「愛情」や「感動」といった豊かな感情までも制限される社会。しかしひそかに失われた感情を取り戻すために体制と戦うレジスタンスの人々が存在した・・・主人公のジョン・プレストン(クリスチャン・ベイル)は反体制を取り締まる捜査官。かつて奥さんが反体制で焼却処分になってまった過去があります。(注:「なってまった」とはなごや弁、「なってしまった」)その相棒が豆。クリスチャン・ベイル並にワイヤーアクション見せてくれるのか?と期待したのも事実ですが、残念ながら見られず。豆のワイヤーアクション・・・見たいよぉ。「アイランド」で見たね、そういえば。(あれは・・・違いますって!)残念ながら豆様、映画始まって結構すぐ消えます・・・でも!この豆は出番が少ないのですが、おいしいとこ取りです。無口で物静かで少々謎めいたエロール・パートリッジ。教会の片隅で禁じられた書物「イェーツ詩集」を朗読する豆、ここだけで見る価値あり。 後で豆は再び○○となって登場いたしますが、○○でもいいからもっと映してくれ~と思ってしまったのは私だけですか?写真でも登場しますが、あの登山用みたいなシャツはいただけません。

←クリスチャン・ベイルVSエミリー・ワトソン。エミリーの鼻が大好きです。
←おまけ。クリスチャン・ベイル筋肉写真。腹筋割れてます。

 さて豆の詩集朗読会の一件後、プレストンは変化していきます。感情を取り戻していくのです。薬も打つのを止めちゃいます。押さえた演技の、シリアス顔ベール氏はなかなかいいです。苦悩する顔の似合う役者といいますか。そこに昇進命の後任ブラント(タイ・ディグス)が現れ、その上プレストンは豆のお友達だった反体制のメリー(エミリー・ワトソン)に惚れてしまい・・・結局プレストンは反体制グループに加わり、体制を倒すため「父」と呼ばれる大統領を暗殺すべく大統領面会に望むのであった・・・
アクション映画としてはなかなか見ごたえがあります。CGではなく生身の人間のアクションは、見ていてすっきり。この映画で使われるのは「ガンカタ」、と呼ばれる架空のマーシャルアート。剣道と居合と合気道足してMATRIXで割ったみたいな・・・「GUN型」なんですかね?まあかっこいいんですけどね。なんで日本刀なんですかね。あとラストでスッパリ○斬ってますが、斬られたある物が床に張り付いているのがご愛嬌ってことで。

←クリスチャン・ベイルVSタイ・ディグス。

 豆の詩朗読以外にも印象に残ったシーンがあります。主人公のプレストンが、薬を止めて感情を取り戻した時に見た窓の風景。暗かった景色に色がつき、美しい物を美しいと感じることの喜びが表現されます。薬によって抑制されていた感情は、人間本来がもつ自然な感情でした。薬で人間の感情を抑制するということ、現在うつ病治療薬として海外で多く使用されているSSRIの使用者体験談を思いだしました。憂鬱や不安という感情を押さえる目的のこの薬(簡単に言えば不安を感じない様、脳内物質セロトニンを脳内に多く留める役目をします)、同時に感動という感情をも押さえてしまうらしいのです。誤解を恐れずに言えば、不必要な不安や極端な憂鬱は改善するべきでしょうけど、必要以上に不安を感じず、感動もしないなんて、それは人間らしく生きる上で辛いこと。(もっといい薬が出来るといいですね。)この映画を見た後、そんなことを考えました。

写真の内、横長の物2枚はsean.mythicdesigns.net様からお借りしました。

追伸:「ザ・ダーク」、ショーンお写真追加しましたよん!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムスタング・サリー!:ザ・... | トップ | 等身大の007。:ボーン・... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kei☆)
2006-09-22 20:47:57
トラバ、ありがとうございます。



> 「アイランド」で見たね、そういえば。



え、どのシーン?と思ったら…。

ツボにはまりました~。

確かにやってましたね!(笑)



イエーツ詩集も、感情を取り戻す大事なシーンも

実はうろ覚えなのが残念です。

この作品、もう一度観ようと思っています。いつか。

比較対象ではないような・・・ (哀生龍)
2006-09-22 21:15:46
TB&コメントを頂き、ありがとうございます。

>MATRIXが横綱とすれば、こちらは関脇位でしょうか

世界観等は全く別物なので、比べちゃうと可哀想ですよ(笑)

衣装は「聖職者」らしさを現しているので、どちらも神父服が根底にあるような気がします。



>もっとほかに方法あるだろぉが!

いや、管理する側とされる側を、それと気付かせずにその意識を刷り込ませるのには、“管理する側から定期的に規定量を支給する”方法はなかなか良い手ではないかと・・・



それにしても、pointdpoさんの細部にわたるチェックには感心させられました。

確かに感情を取り戻した後の映像には、変化が見られましたね!
はじめまして (dim)
2006-09-23 01:27:24
コメント&TB、ありがとうございました。



私は細かい理屈ぬきで、とにかく「ベイルがかっこいいから」この映画が好きです(笑)。



でも根底には「人間は自然にいきるべき」という単純明快ともいえるメッセエージが含まれている、素晴らしい映画だと私は思うのですが…。まあつっこみどころは満載ですが(爆)。



こちらからもTBさせていただきますね。
コメントありがとうございます! (pointdpo)
2006-09-23 12:56:25
※kei☆様



TB&コメントありがとうございます!



>え、どのシーン?と思ったら…。

>ツボにはまりました~。

正に命を賭けたワイヤーアクション。ワイヤー見えてますよ博士っ!



>この作品、もう一度観ようと思っています。いつか。

私もそう思っていて、最近DVDを買ってしまいました。おまけに「ガンカタ」っていう特典が付いていまして、アクション物好きにはたまりません。



※哀生龍様TB&コメントありがとうございます!



>世界観等は全く別物なので、比べちゃうと可哀想ですよ

そうですねぇ!基本は違いますね。特にMATRIXは私の中でカルトになっちゃってますから、余計いけません。でもMATRIX好きにはこの映画もお勧めしちゃいます。かっこいいですもん。



プロジウムの配給については、わざとめんどくさくしているのですね~~!管理されているんだぞ、お前達は、よーく覚えておけってことですか。会社の上司が自分で調べりゃいいのに、あれ出せこれ書けってめんどくさいこと言ってくるのとおなじ理屈ですね。(違うか)



※dim様TB&コメントありがとうございます!



すみませんベールじゃなくてベイルですか・・・(汗)

直しておきます!

べイル、アクション素敵です。写真見ると日夜ガンガン鍛えてそうなお体です。次期をになう、ドラマ&アクション俳優のひとりでしょうか。



でもつっこみどころない映画なんて面白く無いですよね!



私、dim様の所に残したコメント、「ションーン」になってますね、ああ恥ずかしい。



これからもよろしくお願い致します。

ブログにコメント&TBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-23 18:08:22
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにコメント&TBありがとうございました。

こちらからgooへはTBが通らないので、コメントだけのお礼です。

また、お越しください。
そうでしたか。 (pointdpo)
2006-09-24 02:50:22
jamsession123go様こんばんは!



>gooへはTBが通らないので、

そうなんですね。了解致しました!

興味深い記事が沢山のヒューマン=ブラック・ボックス様ブログ、またお邪魔していろいろ拝見させていただきたいと思っております。

ちなみに私はヒューマン=ブラック・ホールです。(意味不明。)



これからも宜しくお願いいたします!



TBありがとうございます (soine)
2006-09-25 12:43:49
豆(=ショーン・ビーン)にちょっとクスクスしました。

生身のアクションがやっぱり、カッコイイです。



こちらもTBさせていただきました。
こんばんは! (pointdpo)
2006-09-25 23:32:31
soine様RTB&コメントありがとうございます!



鍛えたアクションて、かっこいいですね!私はこの映画、ベイルが子犬ちゃんを守るために、仲間を皆殺しにするところのアクションがお気に入りです。しかし状況的にはかなり恐ろしいことしてますね・・・・まあ条件反射だったってことにしておこう(涙)。



またまたおこしください!
きましたか(笑) (豆酢)
2006-09-26 14:15:33
pointdpoさんがいつこの作品をレビューするのか、ずっと待ってたんですよ!

ううむ、B級映画とはいえ、なかなかにコアなファンを持つ作品らしく、お好きな方たくさんいらっしゃるんですねえ。ミクシィの方にもすっごい大きいコミュニティがあるんですよ。



以前拙宅でもやりました、例の「レンタル屋さん開店」バトン。「り」のところでこの「リベリオン」を出そうかどうしようか随分悩んだんです(笑)。ホラー、SF系限定でやった場合には、必ず入れるでしょうね。



内容的には、申し訳ないけど、今まであったSFの名作の焼き直しの部分があまりに多すぎます。もう少しきちんと作ればそれなりの作品になったとは思いますが。でもね、それでも不思議と惹かれるんですよ。どうしてでしょう。役者さんがいいというのもあるだろうし(タイ・ディグスは「レント」がかっこよかったですよ!)、テーマに一捻りある(感情抑制をただ取り締まるのではなく、薬でもって民衆を支配しているという点とか)せいでもあるでしょう。いずれにしても、愛すべきB級映画となってまった(笑)のです~。
きました(爆)。 (pointdpo)
2006-09-26 22:01:49
豆酢様こんばんは~!



満を期してリベリオン(笑)。

ショーン+SFというともうこれしか残っていませんからねぇ。作品としてはアイランドより好きです。DVD買も買いました。アクションがかっこいいですし、豆の朗読もいいですし、子犬ちゃん&ベイルもいいですね~雰囲気がMATRIXに似ているところもお気に入り。



>ミクシィの方にもすっごい大きいコミュニティがあるんですよ。

らしいですね!ネットで大ブレイク!なんて書いてあるサイトもありました。やっぱりガンカタでしょうか、ポイントは。余談ですが、ミクシィされているのですか?私はブログで手一杯なので、ミクシィまでやり始めたらどうなることやら・・・



>愛すべきB級映画となってまった(笑)のです~。

ほーかね、そりゃえーがね、B級、大好きだがね~。愛すべきB級大好きですよ!ダメな映画程可愛いんだな、これが・・・



それでは、豆酢さんの「チャタレイ夫人」レビュー、待ってますよ!

ありがとうございます! (マメマメコ)
2006-09-27 14:14:50
pointdpoさん、はじめまして。先日はTB&コメントありがとうございました!どういうわけか、TBもコメントも何度送信しても反映されず、パソコンを変えての再チャレンジです。

「アイランド」で見た…というのに大爆笑してしまいました。確かに見事な吊られっぷりで、豆氏の死に様歴史に輝かしい一ページを付け加えたかと(笑)

そして私も、プレストンが感情を取り戻してふさがれた窓の外を見るシーンがとても好きです。

これからもレビュー楽しみにしています!(今度こそうまく送信できますように(祈))
こんにちは! (pointdpo)
2006-09-27 18:54:00
マメマメコ様コメントありがとうございます。



何度も挑戦して頂いて恐縮です・・・

一部、GOOは受け付けないアドレスがあるようですね。

TB&コメントURL出来ないようでしたら、コメント文章中にURL入れてしまう、と言うのもありかも知れません。コメント中のURLまではチェックされないと思います。



>確かに見事な吊られっぷりで、

>豆氏の死に様歴史に輝かしい一ページを付け加えたかと(笑)

登場映画中の死亡率高そうな豆様。あんな死に方こんな死に方していますが、たしかに「アイランド」ではボロミアに匹敵する印象深い死に様でしたねぇ!喉痛そう!リベリオンでは誠に優雅にお亡くなりになりました。



それでは、マメマメコさんのブログにも遊びにいきますので、これからもよろしくお願いいたします!

TBありがとうございました (chibisaru)
2006-09-28 19:03:43
ショーン・ビーン=豆には爆笑させていただきました(^^ゞ

少ない出番ながらもキラっと光る豆でしたね。

ついついガン=カタの動きに目を奪われてしまいがちな本作品ですが、豆もいい味でていたと思います。

ガン=カタ初めてみたときには思わず「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまいましたヨ←年がばれる(笑)



こちらからもTB返させていただきます
気品豆もいいですね。 (pointdpo)
2006-09-29 09:45:31
chibisaru様コメント&TBありがとうございます。



ガンカタだけではただのアクションSF映画、豆の存在でそこに上品な味付けされたって感じでしょうか。

気品や品格も出せる豆に拍手!さすが舞台俳優。



>「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまいました

ジーパン刑事ですね(笑)知ってる私もchibisaru様と世代が近いのかも!



今度ゆっくりと遊びに行きますので、どうぞよろしく!
人物にワイヤーは使ってないんですけどね(^^; (alex)
2006-10-03 11:06:47
こんにちは!

リベリオンと見たら思わず立ち止まってしまう大ファンの私です。

自サイトを立ち上げたのも、実はこの作品がきっかけでした。

現在新サイトに引越し中ですが、初期の脚本etcなど扱っています(http://homepage3.nifty.com/fgtmenot/eq/eq_mainFrame.html)

初期の脚本を読むと、実はもっといろんなエピソードがあって伏線もたくさんあるんですよ。



そうそう、ワイヤーアクションですが、人物には使ってないそうです。小物には(拳銃とか)ばっちり使われていますが(笑)



プレストンが感情に目覚めた後、画面に色彩が増えますよね。窓のフィルムを剥がすあのシーンは大のお気に入りです。豆氏のイェーツも深くて。

突っ込みどころ満載なところがまた議論を呼んで、US発のファンサイトはすごいですよ~。ある意味私の人生を変えてくれた作品でした(^^;



これからもレビュー楽しみにしています!
いらっしゃいませ。 (pointdpo)
2006-10-03 12:58:04
alexさまいらっしゃいませ!



上記リベリオンサイトにお邪魔致しましたよ!はまってしまった訳ですね~はまるのって楽しいですね!

ミクシィでもコミュニティがあるとのこと。奥が深いです。

alex様のサイト、いろいろ情報満載で、またゆっくりとお邪魔したいと思います。

原題のイクイリブリアム、私こちらの方が好きです!



お名前になにやら見覚えが・・・と思ったら、Cinema,British Actorsの方ですね!お豆めぐりでお邪魔したことがございました。

右バナーのベオウルフになぜか目がくぎ付けでございます。(中世髭好きの血が騒ぐ・・・)

ブログもまたお邪魔させて頂きますのでよろしくお願いいたします。



>そうそう、ワイヤーアクションですが、人物には使ってないそうです。

そうですか、知りませんでした!私の勘違いですね・・・



それでは、またまた!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リベリオン (I am invincible !)
21世紀初頭、第三次世界大戦後。生き残った人類達は、組織的に人間の暴力的な部分を抑制する事にした。 残虐性を根絶するために、プロジウムという薬を定期的に注射して感情を抑制すると共に、感情の発露を促す芸術の抹消を行う。 違反者を取り締まるのは“クラ ...
■リベリオン 反逆者 (kei☆の独り言;Blog)
原題「EQUILIBRIUM/LIBRIUM」 2002年 公式サイト 第3次世界大戦後の世界は、徹底した管理国家になっていた。戦争が起こる原因は“人間の感情”だとして、精神に作用しあらゆる感情を抑える薬“プロジウム”を毎日投薬することを義務づけていた。 この薬を投薬せ ...
リベリオン -反逆者- (BLACK&WHITE)
【LIBRIUM】2002年/アメリカ 監督:カート・ウィマー  出演:クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン、テイ・ディッグス、アンガス・マクファーデン 圧倒されました。予想以上によかったです。銃撃シーンに熱
リベリオン 反逆者 (Equilibrium) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 カート・ウィマー 主演 クリスチャン・ベイル 2002年 アメリカ映画 106分 アクション 採点★★★★ 『ブレイド3』でも書いたのだが、映画を観る目的は様々だ。愛と感動の物語を観たければ、この映画はお勧めできない。複雑に展開するストーリーや衝撃の結末 ...
EQUILIBRIUM (引き出しの中身)
リベリオン 反逆者 監督:カート・ウィマー 出演:クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン、テイ・ディッグス、アンガス・マクファーソン、ショーン・ビーン 2002年 アメリカ 第三次世界大戦後の世界、新統治機構は感情が諸悪の根源であると見なした。 ...
「リベリオン」 (オバサンは熱しやすく涙もろい)
昨日はショーン・ビーンファンの友人から借りた「リベリオン」を見ました。 この映画でショーンが詩を読むシーンがあるんだけど、友人は「詩集を持つショーンの指がキレイ{/heart_pink/}」だとか「詩を読むショーンの声が素敵{/heart_pink/}」とか言っていましたが ...
リベリオン (Not Diary But Blog !!)
現在上映されている映画「ウルトラヴァイオレット」と同じ監督作品。 ちょうどテレビで放映していたので見てみた。 ストーリーは、第三次世界大戦後、生き残った人間たちは人類の滅亡を防ぐために、感情を徹底的に抑制した世界を構築する。 そして感情を ...
「リベリオン」 (NUMB)
 リベリオン -反逆者- 「リベリオン」 ★★★☆ EQUILIBRIUM (2002年アメリカ) 監督:カート・ウィマー 脚本:カート・ウィマー キャスト:クリスチャン・ベイル、エミリー・ワトソン、テイ・ディグス、アン
「リベリオン -反逆者-」DVDにて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
さてDVDで『リベリオン -反逆者-』を観ました。
リベリオン (気分次第の私的映画評価)
【DATA】 製作年度 2002年 製作国・地域 アメリカ 時間 106分 監督・脚本 カート・ウィマー 製作総指揮 アンドリュー・ローナ、ボブ・ワインスタイン、         ハーヴェイ・ワインスタイン 音楽 クラウス・バデルト 出演者 クリスチャ ...
『リベリオン』 (愛すべき映画たち)
Equilibrium(2002/アメリカ) 【監督】カート・ウィマー 【出演】クリスチャン・ベイル/エミリー・ワトソン/テイ・ディグス 今回は、『ウルトラヴァイオレット』公開記念ということで、“男ならこれを観ろ!”カテゴ
#085 リベリオン 反逆者 (風に吹かれて-Blowin' in the Wind-)
製作(プロデューサー):ヤン・デ・ボン 監督:カート・ウィマー 出演者:クリスチャン・ベール 、テイ・ディッグス 、エミリー・ワトソン、アンガス・マクファーデン、ショーン・パートウィー、マシュー・ハーバー、ショーン・ビーン、ウィリアム・フィッチナー ...
リベリオン -反逆者- (1-kakaku.com)
第三次世界大戦後、生き残った人間たちは人類の滅亡を防ぐために、感情を徹底的に抑制した世界を構築。本や美術品、音楽など感情を揺さぶる物は一切禁止、さらに感情を抑える薬の使用を義務づける。それでも出てくる反乱者は、“ガン=カタ”と呼ばれる戦闘術を ...