タエコンウエコン

タエコンウエコンです。よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公認会計士の資格を得ていると

2016-11-05 18:47:57 | 日記
転職の際、一般的には、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士があげられます。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認めさせることができます。法律のエキスパートである行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。長時間労働が原因で辞めた時は「より効率の良いしごとの仕方を重視したい」、しごとにやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」といいかえれば受ける感じは悪くはないでしょう。転職理由が否定的なものも表現によっては、プラスになることもあるのです。履歴書を書くときに注意しなければならないのは、150文字から200文字で書くのが理想です。転職理由は書類選考や面接の中でとても大事です。相手に理解して貰う理由でないと評価されません。でも、転職したい理由を質問されても理解して貰う答え方がわからない人も多いと思います。たくさんの人が履歴書を書く時、面接を行う時に、悩まされるのが、この転職理由になります。面接する際の身だしなみには返す返すも注意しましょう。清潔感のある着こなしで面接に挑向ことが重要な点です。ドキドキするだろうと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、面接の準備をしておきましょう。面接の時に問われることはほとんど決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大事です。転職しようとする場合に有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまで築いてきた経験を使った転職をしようと思っている方にもおすすめできる資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関連のしごとを得やすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務や経理関係のしごとを得られやすくなります。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万が一のことも予測しておく | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。