ぽんぽこタヌキの独り言 Solilokui dari Rakun Pompoko

日本を見て、アジアを見て、世界を見て、徒然なるままに書き記す、取るに足らない心の呟き

「ライオン」の話

2017年04月19日 00時07分09秒 | Weblog
以前「2つのライオンの島」という記事を書いたと思うが、これは、アジアにある2つの島国、「セイロン」と「シンガポール」のことであった。 同じ視点でエリアを広げ、「アフリカ大陸」に目を転じてみると、「西アフリカ」に、元イギリス領の「シエラレオーネ」='Sierra Leone' という国家がある。この国名の語源は「ポルトガル語」らしいけれど、その意味は「ライオンの山」らしい。 「ライオン」は、英語 . . . 本文を読む
コメント

「ビフテキ」の話

2017年03月04日 18時58分02秒 | Weblog
「ビフテキ」とは、英語の「ビーフステーキ」='Beef Steak' のことであり、元来、肉食の習慣がなかった日本社会に「牛肉を鉄板で焼いたもの」が紹介され、明治、大正から昭和の初期にかけて、庶民にはなかなか手の届かない「高級食材」=「ビフテキ」として紹介され、ある羨望の意味を含みながら、広まっていって一般化していった言葉である。豚の「ポークステーキ」や鶏の「チキンステーキ」には、このような変化は . . . 本文を読む
コメント

「クビ」のはなし(Part 2)- 「手首」「足首」「乳」「乳首」

2016年12月08日 17時31分30秒 | Weblog
今回の「クビ」のはなしは、「人間の頭と胴体を繋ぐ部分」を示す「首」について記載したい。 今年も12月となり、年も押し詰まってくると、朝晩、底冷えがして辛いものであるが、そういう時は、何とかして身体を暖めたい欲求に駆られるものだが、そんなときに効果的なのが、運動をすることと、人間が持っている「3つの首」の部分を暖めることだといわれている。 「3つの首」とは、冒頭に述べた「人間の頭と胴体を繋ぐ部分 . . . 本文を読む
コメント

「クビ」のはなし (Part 1)- 「馘」

2016年12月05日 06時53分34秒 | Weblog
日本語で「クビ」と言えば、身体の一部で、頭と胴体を繋ぐ部分を指す場合と、「労使関係を切断する」ことを意味する場合がある。すなわち、「首」と「馘」である。 今回は、「クビにする」=「労使関係を切断する」という表現、すなわち、「馘」について、少し記述してみたい。 まず、「労使関係を切断する」という表現について、日本語では、雇用者側から言えば「クビにする」/「クビを切る」ということであり、労働者/従 . . . 本文を読む
コメント

「日本橋」のはなし

2016年11月10日 15時58分26秒 | Weblog
 今回は、「日本橋」の話をしたい。「日本」が「にほん」なのか「にっぽん」なのか、そして、それがどの様な経緯で「ジャパン」='Japan'になったのか、という話は、また別の機会に譲るとして、今回は、「日本」および「東南アジア諸国」に散見される「日本橋」について、記してみたいと思う。 私の知る限り、日本国内には、2つの「日本橋」が存在する。1つ目は東京。江戸時代から脈々と歌い継がれてきてい . . . 本文を読む
コメント

「マタハリ」=’Matahari'(太陽)のはなし

2016年11月01日 10時19分01秒 | Weblog
「元始、女性は実に太陽であった」これは婦人活動家「平塚らいてう」が、青鞜に掲載した記事の冒頭の句である。この句とは、恐らく関係ないとは思うけれど、実は「東洋のマタハリ」と呼ばれた「女性スパイ」が存在していたことはご存知だろうか。インドネシア語で「マタハリ」というのは「太陽」という意味であり、この’Matahari' という単語を、インドネシア語的に分解してみると、'Mata'=「マタ」 . . . 本文を読む
コメント

言語比較 : 「いくらですか?」

2016年10月13日 07時39分56秒 | Weblog
海外旅行の楽しみの1つに、お食事や買い物がある。そして、その時に必ず必要になってくる言葉が「いくらですか?」という言葉である。これを「英語」でいう場合は、「ハウマッチ ?」='How much ?' である。 外国人が日本のお寿司屋さんに行った時の面白エピソードに、お寿司を食べ終えたその外国人が、お勘定をしようとして、「ハウマッチ?」と尋ねたつもりだったのに、「はまち」の握りが出てきた。そこで、 . . . 本文を読む
コメント

「商品の販売」-グッズについてー

2016年10月11日 14時33分11秒 | Weblog
「売りたいもの」と「買いたいもの」が一致して「商売」が成立する。飲食店では、「美味しいもの」を品ぞろえし、それに「食べたいもの」が一致した場合に「食べ物」を口に運び、「商売」が成立する。 もうずいぶん昔になるけれど、「旨い、速い、安い」をキャッチフレーズに全国展開した関西系の企業が「餃子の王将」である。また、競合先が多くて、若干苦労しているけれど、やはり、同じように「旨い、速い、安い」でサラリー . . . 本文を読む
コメント

言語比較 : 「お元気ですか?」

2016年08月13日 03時15分14秒 | Weblog
本ブログの中で、何回かに分けて、昨年末のベトナム旅行について記載したと思うが、実は、そのベトナム旅行に先駆けて、いつものことで、幾つかのベトナム語の会話表現を仕込んでから出発した。ベトナムは、元フランス統治領ということで、その痕跡として、「美味しいフランスパン」と「美味しいフレンチレストラン」には定評があり、それ以外に、もしかしたら、言語的な「痕跡」もあるかもしれない、と思って、実は、フランス語の . . . 本文を読む
コメント

「マレーの虎」 について Part 2

2016年08月03日 07時15分37秒 | Weblog
「マレー社会」の言語、即ち「インドネシア語」や「マレーシア語」で「虎」というと、前稿で述べたように「ハリマウ」='Harimau' と「マチャン」='Macan' だということになっている。しかしながら、この2種類の獣と「ライオン」='Singa' を比較した文書に基づけば、いずれも「猫科」の「肉食動物」で、「猫科」最大の動物が「ハリマウ」=' . . . 本文を読む
コメント