私は詩を書く人

昨日を書き、今日を書く。明日も書くことだろう。

鎮魂の木

2016-10-15 06:12:01 | 

鎮魂の木

      

 

朝になると

太陽を背負った時間は金色に光り輝くから

私は鎮魂の木と呼んでいる

 

津波被害を受けたこの地区は

戻らない人がいるので

その木はまだ姿を隠したままだ

 

海から見て その線上の先にある定位置

目を閉じると

ボコボコと津波の走る音が聞こえてくる

 

山にぶつかる音がして

名前を呼ぶ声が波に跳ね返され

舟がゆらりと浮いた

 

夕暮れを見送ると 

夜が来て朝が来る

長い夜には考えることがいっぱいあって

朝まで残ったりしている

 

水平線から昇り始めた太陽が

丸みを帯びた背中からゆっくりと入ってくると

私の中に鎮魂の木は出来上がるのだ

 

私は 一人静かに

そこに向かって手を合わせる

そこにはたくさんの願い事や考え事が

ぶら下がっている

 

風が吹くと擦れ合う音がする

この音が切ないのだ

木からも涙が零れ落ちてくるから

周りはいつも水浸しになっている

 

このようにして時間が過ぎてきた

手を合わせるとき 今も心の中に名前を置く

 

太陽を背負った木は育っている

いつまでも枯れることなく朝になると光り輝く

この木の本当の姿は誰も知らない

(詩集 桜蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電話 | トップ | 不安の壺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。