詩の自画像

昨日を書き、今日を書く。明日も書くことだろう。

公園

2016-11-26 06:19:32 | 

 

公園の中にある錆びついた遊具を

風が削り取っていく

 

しばらくは放射能の心配があって

公園は暇だった

 

子供の声が賑やかに走りまわれば

その場所は公園になる

 

考えに考えて

優先順位を何度も入れ替えた

 

子供の運動機能も落ちてきている

 

公園にある木は全部切り倒した

大地の土も削って全部入れ替えた

 

遊具と遊具の錆だけが残ったのだ

新遊具に交換するか錆を削り取るのか

 

錆の削りは

風だけに任せて置くことは出来ない

 

モニタリングポストの放射能の値は

落ち着き始めた頃だから

早く子供たちの公園にしたい

 

全ての遊具を入れ替えることにした

行政との調整は時間が必要だが

 

公園の新しい遊具が入れ代わっても

しばらくは放射能が心配だった

 

一人二人と子供の声がして そこに

母親の声が聴こえてくるようになった

 

公園の一周は小さな一周でも

子供にとっては大きな一周だ

走りながら成長していく姿が見える

 

公園が生まれ変わった

誰の拍手もいらない

子供たちの笑い声があれば

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 紅葉 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。