詩の自画像

昨日を書き、今日を書く。明日も書くことだろう。

鉛筆

2017-03-30 10:54:58 | 

鉛筆

 

 

鉛筆は詩を書きたがっている

ときどき力を入れるので芯が折れるが

数本の鉛筆を準備して置けば

短い詩を一つは書けるだろう

詩の長短は

鉛筆の長さに似ている

ときどき悲鳴をあげるのは

言葉が芯の出口で詰まっているときだ

書き慣れたものでも

見る角度を変えてみると

鉛筆一本でも

詩のすそ野が広がることがある

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔話 | トップ | 古里は遠くなった »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。