詩の自画像

昨日を書き、今日を書く。明日も書くことだろう。

種を蒔いてはならない

2017-08-05 16:37:25 | 

種を撒いてはならない

          

撒いてはならない種がある

原発の種だ

この種は枯れたと思っても

すぐに再生する

 

畑や田んぼに撒いても

不安ばかりで農作業の邪魔になる

 

海に撒いたら魚の内臓に

じっと隠れて悪戯するから

漁業関係者は

大漁旗を掲げることができない

 

山に撒いてもいけない

山菜の時期になっても山に入れない

そして雨が降ると

山から駈け降りてくる

 

今 その種が

日本国中に次々と撒かれ始めている

 

その種を開花させてはならない

手作業でもいいから

芽が出れば芽を摘んで

花が咲けば花を摘む

 

綺麗な花など咲かない種だ

どうして咲かせようとするのか

多くの反対を押し切って

 

これは国の威信の為なのか

それとも大企業の執念なのか

 

撒いてはならない種だと知っていても

その種が成長した後に

そこに生活を委ねる人々もいる

だから撒いて欲しいと言う

 

それは分かるが

まだ終息していない福島の

原発事故の後始末が残っているのだ

 

世界一 安全性が高い

と 政府は宣伝している

だからといって

福島は福島と切り離すことができるのか

 

撒いてはならない種を急いで準備し

反対の声を無視して撒く

 

まわりがみんな苛立っている

原発の被災者に寄り添う姿勢を見せ

その隠した手で

他の原発の稼働スィッチと握手している

 

いまだに福島県の近海魚は

すぐに夜の食卓には載らない

放射線量のチェックは行っているのだが

 

心のどこかに

放射線量に対する不安がまだあるのだ

 

福島原発一Fのメルトダウン

近海漁は試験操業中のままだ

沿岸部の幾つもの市町村は壊れたままで

まだ修復もできないでいる

 

良心を捨てて原発を動かし始めた政府

撒いてはならない種を

撒き始めている

 

そんな原発の種を撒いてはいけない

田畑や山林や

長閑な海に

 

 

 

*一Fとは東京電力福島第一原子力発電所

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古井戸 | トップ | ミサイルが »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。